2015年10月15日

FOOD:「コナヤ (konaya)」♪。

平成27年10月15日(木)

行ってきましたコナヤ(konaya)さん。

朝9:00到着。

海の家のような可愛らしい内装に、ほっこり。
カウンター席に座らせていただきました。
おしぼりと一緒にだしてもらった麦茶に、ほっと一息。
ランチョンマットもにゃんこと女の子のプリントしてあるお洒落なもの。

ぶどうのパフェをお願いしました。

作っている様子が見えます。

ガラスの器に、まずはブドウゼリー。
続いて、生クリーム、ブドウ(2種類)、バニラアイス、シフォンケーキ。
シフォンケーキの周りをブドウ(2種類)で囲み、葡萄アイスを3つ。
かなりの高さになってます。
生クリームと刻みナッツで仕上げて…。

じゃーーーん!。
DSC_0089~2.jpg

高さ20センチくらいあります。

そ〜〜っと、まず、生クリームとナッツを。
あっさりした優しい甘さ、生クリーム苦手な私も大丈夫な味。
次に、ブドウアイスクリーム3個はお皿の上におろしてきました。

お店の方、「正解です:笑」と。

アイスクリームも手作りなのでしょうか。ブドウ!!なお味。
シフォンケーキはふわっふわっかつあっさり。
バニラアイスもブドウゼリーも美味しくて…。

秋を満喫いたしました

また、行こうっと。

コナヤ (konaya)
TEL・予約090-6887-8549
住所:香川県高松市太田上町558-2
営業時間:
8:00〜18:00(モーニング 8:00〜11:00)
定休日:月曜、第2・第4日曜

posted by みぃみ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画:「キングスマン」♪。

平成27年10月15日(木)

監  督:マシュー・ボーン
脚  本:マシュー・ボーン、ジェーン・ゴールドマン
原  作:マーク・ミラー
音  楽:ヘンリー・ジャックマン 、 マシュー・マージソン
キャスト:
ハリー・ハート:コリン・ファース
アーサー:マイケル・ケイン
ヴァレンタイン:サミュエル・L・ジャクソン
エグジー:タロン・エガートン
マーリン:マーク・ストロング
ガゼル:ソフィア・ブテラ
ロキシー:ソフィー・クックソン
ストーリー:
ロンドンのサヴィル・ロウにある高級スーツ店“キングスマン”の実体は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関。
“キングスマン”のエリートスパイ、ハリー(コリン・ファース)は、ブリティッシュ・スーツをスタイリッシュに着こなし、組織の指揮者アーサー(マイケル・ケイン)のもとで日々秘密裏の活動を行っている。
ある日、チームの一員が何者かに惨殺され、新人をスカウトすることになったハリーは、街のチンピラ、エグジー(タロン・エガートン)に可能性を見出し候補生として抜擢するが、エグジーの父親もまた機密活動中に命を落とした“キングスマン”のスパイであった。
そんな中、巷では科学者の失踪事件が頻発。その首謀者ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)は、前代未聞の人類抹殺計画を進めていた。

k.jpg

観るのを、楽しみにしていた作品。

上映開始直後…。
爆破された建物の飛び散る壁が、オープニングロールの文字になっていくリズミカルな動き。
最初から愉しませてくれる演出に、期待値上昇。

キングスマンのアジトは、ロンドンの高級テーラー。
調度品や衣装のゴージャスさに、うっとり。。。

・ハリーが、釈放されたエグジーと一緒にパブで飲んでいるのは、
イギリスのビール「ギネス・スタウト」。

・殉職者への献杯に使っているのは、
ブランデー「ナポレオン 1815年」。
(真っ二つさん、縫い合わされて写真撮影とか、こわ…)

・スッパリ半分こになってしまったキングスマンが飲もうとしていたのは、
超超高級なスコッチ・ウィスキー「ダルモア62」。

・ハリーとヴァレンタイン二人きりの晩餐、
ビッグマック&ポテトと共に飲んでいたのは、
ボルドーワインの最高級ブランド「シャトー・ラフィット・ロートシルト 1945年」。
正直、晩餐に、マクドナルド商品一式の登場には、びっくり。
ヴァレンタインの持ってる雰囲気がアメリカっぽいからかな?。
ハリーの去り際の台詞の「Thank you for なんちゃら Happy meal.」←ここだけ聞き取れた:爆。
マックのハッピー・セットと掛けてるんだろうなぁ…と、くすっ

七三分けに黒縁メガネ、仕立ての良いスーツ、ピカピカの靴、キラキラのライター、傘、指輪、ペン。
紳士っぷりを彩る小物達全てが武器なのも楽しい。
スーツは防弾、靴には毒塗りのナイフ(「007 ロシアより愛をこめて」でローザが使ってた)、手榴弾ライター、防弾傘、感電リングに、毒薬発効ペン。
完全紳士=完全装備なハリー♪。
往年のスパイ映画っぽくて好き。
冒頭はディーンの子分をハリーが、終盤はディーンをエグジーが、
スパイの七つ道具?な傘で引っ掛けてグラスを額の真ん中へストライク!!な演出も好き。
(グラスを手で投げたり直接殴ったりじゃないところが、イイ!)。

誘拐された被害者さん達も、ヴァレンタインに賛同した人達も、右斜め45度上を向いてる(気取っている)。
ほぼ全体がイギリスっぽい中で、一人異質な雰囲気なのがヴァレンタイン。
ノリノリアメリカンな彼を、最後はイギリスな剣で串刺し…インパクトありました。

ガゼルが小学校の同級生に似ていて、学校帰り一緒にマックに寄り道して食べていたのを思い出し、懐かしかった…。

わんこは…、あのつぶらな瞳で見つめられたら…見つめられなくても、撃てませんです、はい。
昔、パグが大きくなったらブルドッグになると思ってましたよ…。

キングスマンの鬼教官かつ心強いサポートに大活躍のマーリン役、マーク・ストロング。
無表情な彼に、だんだん感情が表れて、エドガーと王女のちょめちょめに、見てられないとおでこをポンした彼、可愛かった〜。

エグジー役のタロン君、ファンタスティック・フォーのジェイミー・ベルに続いて、
とっても好みのタイプ(しかも脱いでもいい身体)
「生まれじゃない、行動が人を作る」

高級紳士服の仕立て屋ハリーは、
下層階級で燻っていたエグジーの事も
立派な紳士スパイに育て上げたんだよね☆。
エグジーのパパも天国で喜んでいるはず。

アクションも、車をバックで爆走に水浸し(お手洗いから酸素が手に入る←メモ)等、ドキドキもの。

凄惨な殺戮を彩る、音楽達

Bonkers
Dizzee Rascal & Armand Van Helden

エグジーとディーンの子分達とのわちゃわちゃ場面
下町出身のラッパーさんの曲。

Free Bird
Lynyrd Skynyrd

ハリーが千本斬り!を繰り広げる1対全部狂った人達。
キル・ビルの雪景色の大立ち回り的な血や肉が痛そうな場面。
たてノリよこノリ軽〜くヘドバンな音楽にきょと〜ん……。
普段なら目をつむってる場面も、ちゃんと見ることができました。

Pomp & Circumstance
Edward Elgar

ココ!。
前半で教授の脳がボーンが、うぇぇだったので、ひぇぇぇ…と覚悟していたら…。
ま、まさかの「威風堂々」…。
メロディーに合わせて、ボン、ボンッ、ボーーンっ!。
ポップな色合いで脳が飛ぶ、飛ぶ、吹っ飛ぶ。
うぁぁぁ…と、なりつつ、笑っちゃいました…。
(ラスト、確認したら、ちゃんと皆さん、首、無かったです)
英国の作曲家エルガーさん、何を思うでしょうね…爆。

Give It Up
KC & The Sunshine Band

ここは、アメリカのバンドさんの曲。
ヴァレンタインのマシン起動。世界中で殺し合いな場面。
開催中のパーティーと殺戮パーティ、両方を表すパーティーソング。
リズムにノって大殺戮を見るって、新鮮♪。

Slave To Love
Bryan Ferry

エグジーと王女のらぶらぶ場面。
苦労しながら成功を手にしたブライアン・フェリー自身の生い立ちとも掛けての選曲なのでしょうか(^^)。

凄惨な場面も、壮大だったりノリノリの音が耳から入ってくると大丈夫。
普段凝視できないような出来事を普通に見られます体験をした作品。
喜怒哀楽を感じる五感は、これまでの経験と繋がっているから、
楽しい場面に、恐怖を感じるパターンの感覚が入ってくると怖くなったり、
悲しい場面に、楽しさを感じるパターンの感覚が入ってくると明るい気持ちになったりするのかな?
多くの経験を積んでいる程、アハ体験率高いのかな?と思った。

全てが楽しめた作品
posted by みぃみ at 11:20| Comment(10) | TrackBack(23) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。