2016年01月27日

FOOD:「大阪食べ歩き」♪。

平成28年1月27日(水)

1泊2日、大阪への旅。
使える時間が多い今回、大阪ならでは!な食を満喫してみました。

@阪急阪神レストランさんのカルビーとのコラボレーション
「関西だししょうゆポテトチップスそば・うどん」(2016年1月10日より販売開始)。

関西地域限定のポテトチップスとおそば又はうどんがペアになっている商品。
「阪急そば若菜」十三店さんへ。
宝塚線のホームにあるお店、ホームにあるのに、とっても広〜〜い。
座って食べられるようになっているのも、助かります。

PhotoGrid_1453513782244.jpg

かやくご飯とのセットでお願いしました。
ポテチは別盛りになっていますので、まずは、お蕎麦を。
あっさりお醤油味のお腹に優しいお出汁と食感のあるしっかりしたお蕎麦。
そーっとちょっぴりポテチをお蕎麦に、投入。。。
お醤油味が濃くなって塩っ気も増えて、お出汁が濃厚に。
けっこう、合います。
ポテチの方は温かくなり、できたて(?)っぽい:笑。
お蕎麦が普通に美味しいので、まずはお蕎麦を完食。
その後、ポテチをそのまま食べたり、お出汁に浸けたり。
色々な食感を楽しみました

ARED MOUNTAIN
ローストビーフ丼と飲み物のセットが650円のポンパレさん企画。
旅のメイン会場と近い事もあり、クーポンを購入。
お店につくと、落ちつく場所に案内してくれました。
ライムサワーとローストビーフ丼をお願いしました。
IMG_20160124_222357.jpg
コンソメ味のスープは人参とタマネギたっぷり、パセリもちらしてあります。
ライムサワー、しっかり冷えてて、美味しい〜〜。
ローストビーフ、並サイズですよ、何枚も巻いてありますよ〜。
上にのっている卵黄がとってもしっかりしていたので、まずはパクリ。
元々かかっているソースは甘いので、添付してくれたわさびとお醤油で味付け。
美味しい〜〜。ご飯もたっぷり。
満腹になりました。

BBar ISTA
美味しいコーヒーが飲みたーーい。と、一番楽しみにしていたお店。
11番出口は地下&ビルであがったりおりたりしてもお外に出られなくて(涙)。
(たぶん私の選んだ11番出口がまちがってるんだと思うの)
とりあえず、お外に出て、周りを見渡すも交差点名が見つからない(涙涙)。
うろうろうろうろうろ…。
休憩中の配達員さんや通りがかりの女性に、ものっそ助けてもらうも、辿り着けなくて…。
1時間以上歩いてました。
お店に電話させていただくとGPSは?と案内いただき、スマホ起動。
すごーーい!。連れて行ってくれましたよ、スマホちゃん←初めてその機能使用。
お店に入ると、お仕事中電話を掛けて手を止めさせてしまった私なのに…。
「道わかりましたか?」と優しく声を掛けていただいて…(感謝)。
【ケーキセット】をお願いしました。
バナナのケーキとカフェラテ。
2016-01-25_23.02.00.jpg
2016-01-25_23.02.59.jpg
とっても可愛い盛りつけとアートに、にこっ。
甘くてあっさりなバナナケーキと生クリームに、
作っていただいている時に、とってもいい音と香りのしたカフェラテ、美味しい〜〜。
ふわっと柔らかな口当たりとしっかりしたお豆の味と香り。
ラテアートのみきるまで、健在でしたよ〜。
お会計の時も優しい言葉と笑顔で対応していただき、嬉しかったです

そして…。
天王寺イルミナージュへ。
【干支のお申さん&私の干支の寅さん】
DSC_0095.JPG

【真田家の船】
DSC_0185.JPG

とっても綺麗でした〜

2日目。
B本みやけ 阪急三番街店
午後3時頃到着。30分程並びました。
【ステーキ重】
_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1453616487924.jpg
サラダのドレッシングは2種類から選べます。
ご飯の量も調整してもらえます。
あっさりと食べやすいお味の丼でした。
お味噌汁、とっても美味しかった〜。

充実の2日間、でした〜
posted by みぃみ at 14:32| Comment(2) | TrackBack(0) | FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

映画:「白鯨との闘い」♪。

平成28年1月22日(金)

映画:「白鯨との闘い」。

監 督:ロン・ハワード
脚 本:チャールズ・リーヴィット
衣裳デザイン:ジュリアン・デイ
キャスト:
オーウェン・チェイス:クリス・ヘムズワース
ジョージ・ポラード:ベンジャミン・ウォーカー
マシュー・ジョイ:キリアン・マーフィー
ハーマン・メイヴィル:ベン・ウィショー
Old トム・ニカーソン:ブレンダン・グリーソン
Young トム・ニカーソン:トム・ホランド
ペギー: シャーロット・ライリー
ストーリー:
19世紀、クジラから取れる鯨油は生活になくてはならない油であり、捕鯨は一大産業であった。
1819年、捕鯨船エセックス号はアメリカのナンタケット港を出航し、太平洋を進んでいく。
しかし沖合4800kmの海域で誰も目にしたことがないほど巨大な白いマッコウクジラと遭遇。
一行は巨大クジラに立ち向かっていくものの、船を沈められてしまう。
わずかな食料と飲料水をかき集め3艘のボートに乗り込んだ船員たちは、どの辺りにいるのかもわからない太平洋上を、度々クジラに襲われながら漂流することになる。


イケメン祭り
トキメキつつ観ていました

一等航海士オーウェンを演じるクリヘム。
冒頭のセミヌード場面の胸板に、きゅん。
王族衣装に長ーいマント姿も、一般民衆服の開襟シャツにブーツ姿も、ス・テ・キ。
ハンマー投げても、モリを打ち込んでも、似合う〜〜。

そして、なにより…。
ふんわりくるくる7:3分けの髪形に、きゅん
こちらの髪形。。。
クリヘムはブロンド。
船長ジョージ役のベンジャミン・ウォーカーは、漆黒。
でもって、二等航海士マシュー役のキリアン・マーフィーは、茶系金髪根元ストレート毛先にカール。

クリヘム&ベンジャミン&キリアンの、三つ巴にて相談中な場面は、至福☆。

もちろん、Qちゃん小説も書くのね♪な、ハーマン・メイヴィル役ベン・ウィショー。
若かりしトム・ニカーソン役のトム・ホランド
年を重ねたトム・ニカーソン役のブレンダン・グリーソン も。
ジョージの従兄弟役フランク・ディレーンも。

そして、船内・船体・帆・海上の景色・波・空・嵐・等の映像も美しい。
鯨は、群れ・泳ぐ姿・潮吹く姿・苦しむ姿と血・大きな尾ビレ・怒れる姿、どれも壮大で崇高な雰囲気。

白鯨に攻撃されてるエセックス号や乗組員達を見ていると、「白鯨との闘い」というより、
「侵してはならない場所へふみこんだ者達への海からの制裁」のよう。

自然界を相手にするなら、畏怖と敬意が必要なのね☆。

極限状態になった人間の必要不可避な行動に、人間も動物なのね…と。

1956年製作の「白鯨」は、巨大な白鯨に足を食いちぎられたエイハブ船長が復讐実行しようとして起こる諸々を書いてある。
今回、休航先のエクアドルで、白鯨のいる鯨達の群れの存在を教えてくれたサンタマリア号の船員は、手を食いちぎられていたから、もし、続きがあるのなら、また、違った展開になるのかしら?。

ひとつ、わからないこと…。
途中、何かが頭にぶつかり大怪我をして、漂流中に立ち寄った島でどうにかなっちゃったのが、親友のマシューで合ってるのでしょうか?。
弱ってくると、背格好や髪色が似ていると、みんな同じに見えてきたんですもの…。

現場を知らない人間は、机上の空論をまことしやかに述べてごり押しするのは、
いつの世も同じなのね…。

極限状態なら、生き残った船員達の禁忌も当たり前の事と思うので、
ニカーソン氏の超絶な苦しみはわかるけれど、そんなに気にしなくてもいいと思う。

美男子や風景等美しい映像を愛で、綺麗なものには棘がある、と再認識した作品。
posted by みぃみ at 10:35| Comment(10) | TrackBack(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

映画:「ブリッジ・オブ・スパイ」♪。

平成28年1月21日(木)

映画:「ブリッジ・オブ・スパイ」。

監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
音楽 トーマス・ニューマン
ストーリー:
アメリカとソ連が一触即発の状態にあった冷戦下の1950〜60年代。
冷戦状態の中、アメリカ合衆国と旧ソビエト連邦は、互いの動向を探るため、各々相手国へスパイを送り込んでいた。
ブルックリンに住むルドルフ・アベル(マーク・ライランス)は、絵を描きながら、スパイ活動をしている旧ソビエト連邦のスパイだった。
ある日、アベルは、スパイの容疑で逮捕されてしまう。
ジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)は、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。彼は、所属事務所からアベルの弁護を依頼されるも、旧ソビエト連邦のスパイを弁護する事に心血を注ぐドノバンに米国内から批判の声が向けられドノバンの家族は危険にさらされる。
ドノバンの尽力により、死刑を免れたアベルは、収監されていた。
一方、米軍パイロットのゲイリー・パワーズ(オースティン・ストーウェル)ら数人は、旧ソビエト連邦の動きを探るため、CIAのスパイに米国から任命される。彼等に命ぜられた事。それは、スパイ活動が見つかった際は、証拠を隠滅し自らも自害する事…。
だが、パワーズは、スパイ活動に向かった矢先、旧ソビエト連邦領空で撃墜され、証拠隠滅もできないまま旧ソビエト連邦に拘束されてしまう。
ドノバンはCIAのスパイ、ホフマン(スコット・シェパード)から、アベルとパワーズの交換を民間人として行うよう指示される。
その頃、アメリカ人学生フェデリック・プライアー(ウィル・ロジャー)は、ベルリンの壁の辺りを、彼女のカーチェ(ナージャ・ボブィレヴァ)を西側へ連れ出す為に自転車で走っていた所を、シュダージ(東ドイツの国家保安省)に、スパイの容疑をかけられ捕まってしまう。
ドノバンは、パワーズとプライアー2人のアメリカ人と、旧ソビエト連邦のスパイのアベルを交換しようとし、東ドイツ人の弁護士のヴォルフガング・フォーゲル(セバスチャン・コッホ)と交渉…。
だが、東ドイツは、アメリカと東ドイツという国同士の取引にしない限り、プライアーは引き渡さないと主張。
果たして、米ソ両国のスパイ達とアメリカ人学生の運命は…。


2016年、映画始めに鑑賞。

「アベルの発する言葉達」が、とても印象的な作品。

旧ソビエト連邦のスパイのアベル。
アメリカで逮捕され、裁判にかけられる。
死刑が既定路線の審理中…。
弁護についたドノバンから「死刑になるかもしれないが、不安はあるか?」と問われた時…。
アベルは「不安は無い。あっても役に立たないものだから」と答える。
更に、ドノバンから「死ぬのは怖くないか?」と問われた時には、
「死ぬのは怖くない。だが、第一希望ではない」と答える。

そして、米ソが互いのスパイを交換する事となり、旧ソビエト連邦へ引き渡される時…。
「情報を漏らしたと疑われてひどいめに遭うのでは?」と問うたドノバンに、
アベルは、
「引き渡された時、彼等が抱擁して迎えてくれれば、信じてくれている。
車の後部座席に座らせるだけなら、疑われており尋問されるだろう。
人と人との間は、信頼関係がある事が原則であるが、時に人は間違いを犯す。
それはそれで仕方がない。」
と答える。

不安になって思い悩んでいたとしても、物事は実際に起こってみないとどうなるかわからない。
それなら、事が発生した時点で考えれば良いわけで、なるようになった時に考えるでいいのよね、と
気持ちが楽になった。
「死」に関しても、上と同じ。
そして、人は時に間違うものだと思えば、落ちついて対応できるし、
間違った認識で接してきた相手にも広い心で接することできるよね、と思った。
疑心暗鬼で相手を探るより、おおもとの「善なる関係」を信じてみる方が、気も楽だよね。

生きていくうえで、とても役に立つ考え方だと思った。

車の後部座席に座らされたアベルの事、とっても心配なるも、
最後の、アベルは家族のもとに戻った、という説明書きから、大丈夫だったと信じたい。

ベルリンの壁崩壊のニュース。
テレビで見て、良かった、良かった♪との〜んびり感じてたけれど…。
今作を観て、壁ができていく途中や、完成してからの恐ろしい悲劇にショックをうけた。
周りを歩いているだけで捕まって罰せられたり、壁を越えようとすると撃ち殺されるなんて…。

東ドイツでドノバン氏が男達にからまれてる所や検閲所等、やばやばな状況に、
字幕表示無く、きこえてくる東ドイツ語(?)に、緊張感倍増。

アメリカも…。
めっちゃ狡猾。
ドノバンにはボロアパート、自分はヒルトンに泊まってるとか、
軍人さん達を勝手に人選してスパイ業務をさせて、相手国に見つかったら自爆してね、とか。
仕事させときながら、バレたら、国は関係ないから的な考え方は、この時代の当たり前な国民の扱いだったのかな〜と。
一番は国、国のために働くのが国民。
こわっ…。

嘘臭いロシアの家族に(笑)。
アメリカのバスの中から見えた子供達が、フェンスを越えてる場面にビクッ(@_@)とした。
もちろんなにもおこらないんだけど…。
パイロットさんの事、面倒かけやがってな扱いは、わかるようなわからないような。
イレギュラーな時、動揺したり焦るのはきんもつなのね。
落ち着いて目的を果たすためにどっしりかまえてるのが一番。

寝室に入った途端ベッドにバッタリ爆睡してるドノバンさん、お疲れさま〜。
そして、ドノバンの奥さまの「お胸の形のよさと大きさ」に見とれてた(うらやましい…)。

ハンカチは持ち歩こうと思った。

新年最初の鑑賞に選んで良かったと思った作品
posted by みぃみ at 11:15| Comment(14) | TrackBack(27) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

御挨拶:「2016年」♪。

平成28年1月10日(日)

新年、明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願い申し上げます。

幸多い一年でありますように

2016.jpg
posted by みぃみ at 00:00| 御挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。