2009年02月15日

本:「ガリレオの苦悩」&「聖女の救済」♪。

平成21年2月15日(日)晴れ

お世話になってる方に「読みたい〜グッド(上向き矢印)。」と宣言してから日々は経ち…。

ついに2冊共読破〜手(チョキ)

本:「ガリレオの苦悩」&「聖女の救済」著者:東野圭吾氏

「ガリレオの苦悩」は短編集。

ドラマTV「ガリレオΦ」で三浦春馬君が演じてた話もあり〜ので素早く読めた。

ドラマや映画化した際、原作をアレンジしてある場所を、原作読んで気付くって行為も楽しいんだよねわーい(嬉しい顔)

↑コレ、最近知った本と映画を2倍楽しむ方法ひらめき
(能・視覚・聴覚・感覚がより多く機能するんだから、倍以上かもしれんね(^^))。

「聖女の救済」は長編。

草薙刑事が、北村さんとかぶって、やきもき(笑:これってヤキモチともいう?)しながら読んでた私。

って事は、綾音に感情移入はしてないって事(彼女の感覚は解んないや…。)?。

だって…、友人への罪悪感?感じながら、幸せ(に外からは見える?)を、友人の復讐と愛する人が自分に対して行った事への報いを受けさせるために、手に入れるなんて…、しかも期間限定だなんて。。。
愛情と憎悪が同時発生したら、こうなっちゃうのかな?。

もしかしたら、短い間だと分かっていても、心魅かれる人の側に居たい、自分だけの彼にしたいって思うのも、愛の一つの形なのかもしれない…。

人の心黒ハートって繊細で奥深いもんね。

そういう意味では、草薙刑事も、彼の生き様・信念と芽生えた愛情との狭間で、色んな心の動きがあったんだろうな。

社会生活を営む自分と心の中に存在する自分の両方を感じながら、仕事や生活をしていく人間の心理を奥深く描いた本本

面白かった〜るんるん

この事件発生からの綾音や薫刑事、湯川准教授目線のストーリーを読んでみたいと思ったぴかぴか(新しい)

東野さーん、リクエストしてもかまいませんか?。


posted by みぃみ at 10:00| Comment(3) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドラマ・映画・原作、どれも創り手によって、雰囲気変化するからね〜。
昔、「ヴェニスの商人」の憎まれ役、シャイロックを悲劇のヒーローにしちゃった演出が話題になってたじゃん?。
同じ話も自在に展開させる事が出来るんだよ。きっと。
Posted by 真尋 at 2009年02月15日 15:19
愛の形にも色々あるってことよ☆。

私は、事件発生〜解決まで全て、湯川教授目線のストーリーを読みたい。

理系の天才の頭の中を覗いてみたい〜!。
Posted by あずさ at 2009年02月16日 06:00
真尋さん>その話、聞いたことある。
「観衆からいかにして憎まれるように演じるか」を年頭に演じられていたシャイロックを、「観衆が悲哀さに涙して救いの手を差しのべたくなる男」に演じあげたんだよね。
見る方向によって色々な面が見えてくるって事の象徴的な出来事だよね。
自分で「何か」を創る事のできる人ってすごいな〜って思うし、その作品をできるだけ体感したいと思う今日この頃です。


あずささん>なのかもしれませんね〜。
この年齢になって、いくつもの愛が存在する事、なーんとなく分かる気がする。

私も理系の天才の頭の中、ぜひぜひ覗いてみたーい!!!。
Posted by みぃみ at 2009年02月16日 12:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。