2009年05月30日

「香川県民文化大学〜中島誠之助氏A〜」♪。

平成21年5月30日(土)晴れ

先日の、香川県民文化大学の中島誠之助氏講義レポの続き本

今、あなた方が住んでいる世界は、「生産のある世界」です。

・「生産」することで、みんなが喜んでくれて、自分も満たされる。

               ↓

・さらに良い物を提供するようになり、受け手と発し手、どちらの満足度も上がる右斜め上

              イコール

    「善人」(人を信用して良い)の社会に住んでいる。

この「善人の社会」で、嘘や悪行をはたらけば、制裁パンチがくだり、「悪いもの」は浄化されます。

社会には、この「浄化能力」が大切なのです。

あなたが、「生産のきかない社会」に住んでいるのなら、人が信用できず、疑う毎日で、人間が荒れてしまっているでしょう。

かくいう、私の「鑑定」という仕事も「生産のきかない社会」なのですが…。

そんな時には、「花鳥風月」に身を置いて、精神の安定を保つように心がけましょうわーい(嬉しい顔)

お茶やお花・俳句・美しい景色等です。

ちなみに、中島さんは、「本物かどうか」は、「すぐにわかるひらめき」そうで、虫メガネでジーッ目と見ている時は、キズの有無を確認しているんだそうですわーい(嬉しい顔)

そして、「生産」のある社会で、「受ける楽しみ」があるのは、提供してくれる人がいるからこそなんです。

「いい仕事」っていうのは。。。

 ・真似ができない。

 ・仕事が逃げていない。

 ・気合いが入っている。

のです。


こういう「いい仕事」は、お金を出しても買えません。

「いい仕事してますねかわいい。」って言われる仕事してみませんか?。

「いい仕事」ができるヒントは。。。

・古い伝統の中から新しいものをうみだす。

 EX.「座」の文化から「立」の文化へ。。。
 (美しく見える配置を座った時用から立った時用に変化させてみる。)

・モノの本質をつかむこと。

です。


「いい仕事」をして、より充実した人生にしましょうよ手(チョキ)


posted by みぃみ at 08:00| Comment(2) | 講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思わず、なんでも鑑定団、食い入るように見つめた私。

じーっと虫メガネでみてる時は、本物の確率高いのかな?。

レポありがとね♪。

色々と、勉強になります。
Posted by あずさ at 2009年06月01日 12:35
あずささん>母が鑑定団好きで、見てて、中島さんが来るってことで、ものすごーく楽しみにしてたの。
で、いざ話を聴いてみると面白かったので、あっという間に時間が経った。
そぉだね。じーっつって見てる時は、本物の確立高いのかもね☆。
Posted by みぃみ at 2009年06月02日 09:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。