2009年10月16日

映画:「カイジ」♪。

平成21年10月16日(金)晴れ

公開日の10月10日に観てきた映画映画

映画:「カイジ〜人生逆転ゲーム〜」

カイジカイジ2

藤原竜也君に香川照之さん、天海祐希さん…、さらに松山ケンイチ君と大好きな役者さん達勢揃いのこの映画exclamation

ずえったい観るexclamation&questionexclamationと、心に誓いポップコーン&ドリンクの付いたチケットを使って、公開日初日PM12:50〜鑑賞目

よーく座席も吟味したので、ゆったりじっくり映画の世界に浸ることができた手(チョキ)

映画で観るより、舞台で観た回数の方が多い竜也君。

「ヴェニスの商人」「かもめ」 「身毒丸」それから…黒ハート

映画は「デス・ノート」だけかもあせあせ(飛び散る汗)。ごめん。。。

でもって、「カイジ」では、「月:ライト」と「L」役の竜也君とケンイチ君が共演してるんだよね〜。

松山君は、友情出演って事だから、ちょびっと???とか思っていたら、ぎょえ〜どんっ(衝撃)、ものっそ重要な役で共演してた。

かつてのライバルが、好敵手を経て同士にっ!みたいな感じ。

松山ケンイチ君。。。こないだの「DMC」の根岸君とは、うって変わって…。んや。正確には、ほんの数十分間の展開で、なよなよりんから強い意志が生まれてくる様は、上手いなぁって思った。

「カイジ」のこの「鉄骨渡り」のシーン。

うっわぁたらーっ(汗)って、寒気と嫌悪感でいっぱいになった。
形は違えど、持つ者と持たざる者の間で、持つ者が持たざる者のあがく様を見て優越感を抱くっていう事って普通にあるんだろうなぁ。きっと。。。
いくら裕福でも、こういう人達にはなりたくないと思った。

ここのラスト。松山君、可哀相だったがく〜(落胆した顔)

舞い上がってはいけない。地に足を着けて事にあたらねばならない。

の教訓が胸に刻み込まれたわさっ。

早合点してパニックに陥る者、他人にすがろうとする者、他人を巻き添えにする者。。。色んな人達の姿があった。

一人物として描いてはあるけれど、こういう行動って人間誰しもが持ってる感情だよね。

それを理性や経験を駆使したりする事で、なんとか頑張ってみんなみんな生きてるんだよね。

結局は、自分の頑張り次第。

努力。努力。幸せな人生をおくるためには、たゆまない努力が必要。

せっかく授かった命をいかにして生かすか。

決めるのは、生きとし生ける者の定め。

そんな事を思ったわたくし。。。

「物語の中のゲーム展開のスリルを楽しむ」っていうふうに見えて、実は「どう生きるか」っていう壮大なテーマが描かれているんだと思った。

「登場人物各々の生き様」を「すんごい役者さん達が見事に演じる」事で、ものすんごいリアルかつ心にズーンと響く迫力の映画。

マジ、凄。。。

ふんわりハートたち(複数ハート)な優しさにホッとしつつ。

活力源になった手(チョキ)


posted by みぃみ at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正に、豪華な出演者による演技の饗宴だったね。
香川さん、ゆれる以来ファンになった私。
Posted by あずさ at 2009年10月16日 12:01
はぁとマークは、あれかな?。
徳川(^0^)!。
舞台絡みで、本読んだり、勉強し直したり。
脳が活性化する事しきりだ〜♪。
Posted by 舞 at 2009年10月16日 12:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。