2010年01月26日

歌舞伎:「壽初春大歌舞伎」♪。

平成22年1月26日(火)晴れ

大阪松竹座にて。

大阪松竹座

「壽初春大歌舞伎:通し狂言 仮名手本忠臣蔵」を鑑賞。

仮名手本忠臣蔵.jpg

「ストーリー」は、こちら(オフィシャルHP)

「忠臣蔵」な感じのストーリー本


鑑賞目は夜の部。

七段目の由良之介が祇園で遊興三昧のフリをしている場面から。


ストーリーは把握していったものの、続き物を途中から見て大丈夫なのかたらーっ(汗)?っていう不安を抱えつつ着席。

前から2列目。しかも花道すぐ横。素晴らしい場所だぁ〜グッド(上向き矢印)と開演待ち。

拍子木が鳴って開幕。人力で開けてる。

チラッと幕袖の黒子さんの姿が見える。これも前列ならでは手(チョキ)

なにゆえ一人で2列目独占わーい(嬉しい顔)なのかの理由も判明。

私のいる場所が、

演者さん達が、花道上でポーズを決める(見得)場所

なのよっひらめき

「決めっ!」の時は、反対側向いちゃう(^^;)し、ライトも眩しいあせあせ(飛び散る汗)んだけどぉぉぉ。。。

「決めっ!」の時の後ろ姿を、間近で拝見できる事なんて貴重だし、花道上で繰り広げられる様々な事は、すぐ目の前。演者さん達の表情や所作が、至近距離で堪能できるぴかぴか(新しい)

もしかして、見得の場所確認の為の目印の為に空けてるのかな???なぁんて思いつつ、ゆったりじっくり鑑賞できる座席に大満足わーい(嬉しい顔)

もちろん舞台上での演技も表情も指先の動きまで、よく見える目

衣装の美しさに見とれたり、演技に合わせて着物の着方を変化させてる時の帯の結び方や衣装の状態も、はっきり見える。

八段目の小波さん演じる扇雀さん、綺麗です。

そこはかとなくでありながらも匂い立つような色香揺れるハートっていうんでしょうか。。。乙女の美とは、かくいうものなんだと思いました。

女の私ですが完敗いたしました(焦)。

戸無瀬を演じる藤十郎さん。

酔っぱけ由良之介&切れ物由良之介とは、うってかわって母の愛溢れる踊り。

魅きつけられて、じーっつと見つめてたら何度も目が合っちゃった(ような気がする…)。

目がね、追っていくのよ、彼の舞を。。。素晴らしいんですもの。。。

奴可内の翫雀さんも大迫力。

女形・男役の舞を満喫ぴかぴか(新しい)。日本舞踊習おうかと思った私。

十段目で、商人:天川屋義平演じる我當さん。

妻のおその演じる吉弥さんとの切ない別れのシーンにもうやだ〜(悲しい顔)

役人達に「積み荷を開けろ。さもなくば子供の命は無いぞ。」と、脅される場面。

ドキドキな場面に、キッパリ「お客様と商人の信頼関係の為にも積み荷は、絶対に開けない!」と言い切るシーン。

「天川屋義平は男でござ〜る〜。」。

かっこよかった〜。男だねっexclamation×2

由良之介の粋な計らいに、またしても感涙。

そうだよ。やっぱり家族は一緒がいいよかわいい

「天」。

「川」。

の合い言葉、男冥利につきるよね手(チョキ)

いよいよファイナル、十一段目。

個人的に大好きな討ち入りのシーン。

屋敷の前に終結した一同のみなぎる決意。

舞う白雪。。。

その情景が、なんともいいのよ。

真っ直ぐな一念と熱い情念が、純白の景色の中で、願いを達成しようと燃える。

実際はモノトーンなんだけど、そこに情熱の赤が垣間見える。

心揺さぶられる場面。

万感の思いで、幕かわいい

幕間が30分とか20分とかあるのってどうして?っていう疑問も解決ひらめき

休憩時間中、黒子さんのような衣装を着た人が道具を持って花道を通っていて、「ドンッexclamation。」と足を踏みならしたら、舞台幕が持ち上がって、チラッと見えた光景。

30人以上のスタッフさん達が、舞台上で、セットの組み替えをしてた。

演者さん達も、役や設定に合わせて、着物やお化粧直しに、てんやわんやなんだろうなぁ。。。と気付く。

お客さん達が、お弁当食べたり、くつろいだりしてる間も、ずーっと舞台&舞台裏は働いてる事に感嘆。

午前11:00〜午後8:00までだよ。すごすぎる。。。

そういう一面を知る事が、できた事にも感謝ぴかぴか(新しい)

素晴らしい時間をすごせたことに感謝ぴかぴか(新しい)

ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)



posted by みぃみ at 11:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
年明け、寿な時間を楽しんだようで、よかったね(^0^)。

坂田藤十郎が女形とは、知らなかった。

文化勲章受賞するくらいだもん。男女両方できるのは、当たり前かな…。

そんなに、素晴らしいんなら、今度行ってみよう。
Posted by 真尋 at 2010年01月26日 15:12
お!、行ってきたんだ?。

通し狂言って事は、話し言葉も解りやすいんやろね。

歌舞伎鑑賞の醍醐味は、幕間のお弁当やお土産にもあるからね〜。後、時々飛び交う屋号聞くのも好き♪。

春の琴平も賑わうんやろね。
Posted by 舞 at 2010年01月27日 01:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。