2010年09月14日

美術館:「ゴッホ:天才の絵筆」♪。

平成22年9月14日(火)晴れ

サントリーミュージアムIMAXシアターにて、「ゴッホ:天才の絵筆」鑑賞。

IMAXシアター.jpg

【ストーリー】

フィンセント・ファン・ゴッホの没後120年記念の2D映画。
ゴッホが書いた900通以上もの手紙を元に、彼が人生をすごした土地を訪れながら、ゴッホの絵画の神髄に迫るストーリー。
耳を削ぎ落とし、37歳で自ら命を断ったゴッホの真の思いとは。。。
エレン・バクイス氏が、ファン・ゴッホ美術館で翻訳している900通余のゴッホの手紙(その多くは弟テオにあてて書かれたもの)を源に、900点以上もの作品をたった9年間で生み出したゴッホの人物像が読み解かれていく…。


37歳、オーヴェールの地にて。自らが好んで絵を描いていた場所で胸を撃って自殺したゴッホ。

オルセー美術館の20点の展示をはじめ、世界各地で展示のある彼の絵。

先般、125億円の値がついた彼の絵。

だが、彼が生きている時、売れた絵は、1枚だけ。

オランダで生まれた彼は、16歳で美術商になった後、父と同じ職業の牧師になる。

だが、情熱の高さゆえに人々に受け入れられなかった彼は、本来やりたかった画家の道を志す。

大好きなミレーの絵の模写から始め、次第に油絵を描き始める。

そんな彼の生活を支えてくれたのは、画商の弟テオ。

彼は、今書いている絵のスケッチと共にテオに手紙を書く。その数、約900通。

文面は、フランス語。文法もなにも滅茶苦茶だが、画家になった時、手紙はフランス語で書くと彼は決めたのだ。

当初は、暗い色調だった彼の絵。

1886年、テオとパリで同居していた32歳の時、彼は色を見つけた!。

「補色の定理の応用」を始めたのだ。

黄色青紫というふうに。。。

アルルでは、夜、黄色の絵を描いた。暗闇を背景に、黄、レモン色が輝く。

鮮やかに、永遠に鮮やかに…という想いから、黄色に魅了された彼。

絵の具は、タンギーじいさんから手に入れた。

日本の絵が好きだったゴッホは、お世話になっているタンギーじいさんを2度描いた。浮世絵を背景に…。

豊富な色使いとデッサン、今描いたばかりのような荒々しい描き方。

「これこそ、自分の描き方だ」と、ゴッホは喜び絵を描き続けるぴかぴか(新しい)

1888年、35歳で既に400点以上の絵を描いた。

その後、37歳までの2年間に、さらに400枚の絵を描く。

ロートレックやゴーギャンとも友人だった。

ゴッホは、ゴーギャンに自分が住むアルルに来て欲しかったので、家を借り、「一緒に住もう」と手紙を書いた。

しばらくして、アルルにゴーギャンが来て、二人は、一緒に並んで絵を描いた。

(舞台:コンフィダントと同じだぁるんるんと喜ぶ私。)

だが。。。タバコ・ワイン・コーヒーを飲み過ぎ、ストレスの溜まっていた彼。

ある日、ゴーギャンと議論を交わしている際。。。

彼は、自分の耳を切り落とし、ラシェルの所へ持って行く…。その時から「狂った赤毛」と呼ばれるようになる彼。

孤独と疲労で死に向かおうとする彼。

彼にとって、死は、「陽光に溢れ、全てが金色に染まる場所」だった。

彼は、療養所に入り、そこでも絵を描き続けた。

テオから良い医者がいるオーヴェールの地で住んではどうか?との提案があり、彼はオーヴェールに移り住む。

穏やかで、美しい街、オーヴェールを彼は気に入った。

なのに。。。彼は、大好きな場所で自らの命を断ってしまう爆弾

彼は、いつも独りだった。孤独だった。

美しい景色を見るのも、いい絵を描き上げた時も。常に一人ぼっち…。

彼にとって、絵は最も大切なものだった。そして、大好きな絵を描き続けた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こうして書いてみると、ゴッホは、決してひとりぼっちではないように見えるけれど。。。

彼自身は、寂しさを抱えながら生きていたのかもしれない。

大好きな絵は描いていられるけれど、孤独という大きな闇に震えていたのかもしれない。

そう。一人ぼっちはさみしいよね。

でも、生きてるって事は、どこかで誰かが支えてくれている。

誰かが支えてくれているから、生きていられるんだ。

そう、思ったら、光が見えてくるでしょ?。元気だして!!。笑顔になろうわーい(嬉しい顔)

ゴッホの絵の迫り来るような熱情は、孤独という絶望と愛する絵を描くという至福の共存ゆえなのかもしれない。。。

素晴らしい名作達を鑑賞しながら、そんなふうに思った。


【サントリーミュージアムにて上映中のゴッホ展解説映像】(撮影可)

posted by みぃみ at 10:34| Comment(2) | TrackBack(4) | 美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だよね。一人ぼっちじゃないよね。

ゴッホは絵を描きに行くとき、すごく大荷物で出発して、その日の感動をいっぱい手にして帰宅していたらしいよ。

その感動を覗いてみたい!って思う。

んっと、小林秀雄氏の「ゴッホの手紙」やカーク・ダグラス演じる「炎の人 ゴッホ」をみるのもお勧めだよ(^_^)v。
Posted by 舞 at 2010年09月15日 04:28
舞>だねぇ:笑。一人ぼっちじゃないよねぇ。
絵と同じくらい人間の事も好きなんだよ。ゴッホは。
でも上手に表現できなくて、なんだか寂しい気持ちになってしまってたのかなぁ?なぁんて思う。
感動をいっぱい持って帰って来る、ってなんだかステキだわ♪。
本と映画の紹介、ありがとう。読んでみるね☆。
Posted by みぃみ at 2010年09月16日 11:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ゴッホ!知ってますか?
Excerpt: ゴッホで検索してみました。ブログなんか結構あります。気になるものだけ記録しておきます。ゴッホを魅了したアルルの太陽 Van Gogh and the Sun of Southern ...30代前半..
Weblog: ゴッホ
Tracked: 2010-09-26 18:59

ゴッホ展/国立新美術館
Excerpt: ゴッホ展/国立新美術館 「こうして私はゴッホになった」    10月21日(木) のち 「ゴッホ展」 平日だから空いているかなあと思っていたが、意外に混んでいた..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2010-10-26 17:21

ゴッホについて若干のこと
Excerpt:  日本におけるゴッホの人気は昔から途轍もなく高いわけですが、1987年3月に安田火災海上が3992万1750ドル(当時のレートで約58億円)で『ひまわり』(上記の画像)を購入した頃が一つのピークだった..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2010-11-24 05:50

ルノワール〜伝統と革新を鑑賞して
Excerpt: ルノワール〜伝統と革新国立新美術館で「ルノワール〜伝統と革新」(Renoir:TraditionAndInnovation)を観にいってきました。ルノワールの展示会といえば、一昨年の5月にBunkam..
Weblog: KINTYRE’SDIARY
Tracked: 2010-11-28 17:25