2011年04月04日

映画:「漫才ギャング」♪。

平成23年4月4日(月)晴れ

映画:「漫才ギャング」

【監督・原作・脚本】品川ヒロシ

【 キャスト 】佐藤隆太・上地雄輔・石原さとみ・綾部祐二・成宮寛貴・金子ノブアキ
         大島美幸・大悟・西代洋 ・河本準一・亘健太郎・村上健志・秋山竜次
        長原成樹・新井浩文・笹野高史
【ストーリー】
黒沢飛夫(佐藤隆太)は、結成10年にして、一向に売れない漫才コンビ“ブラックストーン”のボケ&ネタ作りを担当。
ある日、相方の石井保(綾部祐二)から借金を理由に解散を告げられ、ヤケになった飛夫はトラブルに巻き込まれ、留置場に放りこまれてしまう。
一方、夢や目標もなく、日々ケンカに明け暮れる鬼塚龍平(上地雄輔)は、敵対するストリートギャング“スカルキッズ”との乱闘の末、飛夫と同じ留置場に入っていた。
ドレッドヘアーにタトゥーだらけの龍平にビビっていた飛夫だが、話をするうち、彼のツッコミの才能に気付き、龍平を誘って新たなコンビ“ドラゴンフライ”が誕生。
ネタの猛特訓を開始した二人は、漫才が客達に支持され、順調にメジャーへの道を駆け上がっていく。
だが、二人を快く思わないスカルキッズの城川(新井浩文)が飛夫を襲撃。
「もうケンカはしない」と誓った龍平だったが、飛夫の夢の為、決着を付けようと、城川達のもとへ走り出す。。。




佐藤隆太君も上地も正直、苦手な(あくまでも見た目)タイプの人達。
監督している品川は大っ嫌いパンチ
ついでに、最近テレビを賑わせているお笑い?に分類されているらしい大勢の人達にも興味無し。
人を馬鹿にしたり腐したり痛めつけて得る笑いなんか、ちっとも面白くない。
そういう笑いって、笑いながらも心がどっかでささくれ立って歪んでってるよ。

某方が、「笑えるかどうかはお客様の想像力次第です。面白くないのは僕のせいじゃない。お客様の想像力の無さです。」と、半分本気半分冗談で話していたけれど、想像力も一般常識も必要ない最近のくっだらない笑いなんて嫌いだーーっ!。

ちなみに「笑い」には5つの種類があるんだそう。

@しゃれ

Aナンセンス

Bジョーク

Cユーモア

Dウィット

最近の「笑い」は、Bのジョーク(誰かをおとしめたり、あげ足を取ったりする笑いは、不愉快になる人が発生する恐れがある)が、大部分に思える。。。

だから、全く見るつもりのなかった映画あせあせ(飛び散る汗)。ポスターが視界にすら入らないように避けていた。

それなのに、新聞の映画紹介で☆☆☆☆の高評価。笑いと情熱パワーを感じたとの評。

銀座のちいママさんのブログにも、普段素通りするタイプの映画なのに見てみたらすごく良かったの評。

「ドロップ」同様に成宮寛貴君出演してるし、失敗してもおめめの保養と思おうと軽い気持ちで鑑賞。

やっぱり品川は嫌いだっ!。

『品川を嫌いになった理由』
品川が庄司の家に勝手に侵入し、色々と部屋にイタズラする設定の某番組。
最初は「あらら大変だよ、あれ」って、笑えたんだけど…、次第にエスカレート。
庄司が大切にしている事を知っているソファーに液体のワックスを大量にかけて使い物にならなくし、「あ、拭かなきゃ」と、庄司の洋服やら布団等、家財道具を雑巾にしているのを見た瞬間、私は、ヤツを受け付けなくなった。


この不愉快な品川のやり方が、何度も登場するしつこく相手をいたぶりまくるケンカ?(ケンカというより低俗なイジメに見える)の場面に、見え隠れ…むかっ(怒り)。意味のあるケンカ(意味を持たせる為に必要なシーン)のつもりなんだろうけど、私の嫌いな、品川のねちっこい底意地の悪さがクローズアップされていって、段々妙な気分になっていった。

というか、あれだけしつこく殴ったり、刺すのなら、もっと相手にダメージ与えたり再起不能にする痛め付け方あるでしょうに。。。
伏せます→。「龍平の目が気に入らねぇ」って言ってたから、てっきりあの場面では、えぐり出すくらいするのかと…

あ、所詮、監督自身がちっちゃい器で根性無しだからあの程度かWWW…。

暴力シーン再三登場させなきゃ、笑いだけじゃ、映画の尺もストーリーも持たないもんね。

もうひとつ。

たかだか十年ちょいその世界にいたからプロだ??。何調子こいてんの?。
学ぶべき事は山ほどあるっしょ?。と、まだまだ現役世代、人生勉強中の働くお姉さんとしては感じたわけです。

と、散々否定したものの、次は持ち上げさせていただきます。

「否定的な事は先、肯定的な事で締め括る」。

それに、ここに書き記す事は、心に響いた事達だから…。

佐藤隆太君も上地君も、上手かったかわいい
癖の無い演技。役にぴったりはまってた。
佐藤君は間違いなく飛夫だったし、上地君も間違いなく龍平だった。
演じるのが仕事なのだから当たり前なんだけど、苦手な筈の二人がアップで映っても台詞喋っててもケンカしてても熱い言葉発してても、すんなり受け付けている自分がいた。
相手が自分に対して持っている本能的な苦手意識を払拭するって、凄い事だと思う。
きっちり別の人演じてる二人に拍手キスマーク

上手いな〜と思ったのは。。。

・当初の売れなくてイライラしてた時の、暗くて自虐的かつ攻撃的な笑い(イコール蔓延している今のお笑い。私の大嫌いな笑い。)から、飛夫自身が笑えるようになってきた時の、気持ち良く聞け後味の良い明るい笑い(こっちの笑いは、すごく好き)への変化。

・楽屋内での芸人同士の関係の変化(飛夫が変わる事で、何も変わっていない成宮君演じる芸人が持っていた、飛夫への嫌悪な気持ちが消えていった)。

・他人を許し受け入れる事、一人ぼっちじゃ何もできない事を知る心の成長。

「過去と他人は変わらない。でも、未来と自分自身は変える事ができる。」。この格言を、とてもわかりやすく説明してくれている所。

・オープニングの漫才トークと同時進行している龍平のケンカシーンのリンクの仕方。

・映画の中のキーワード「相方」、「紹介」、「元に戻せなくなる」を使って、状況によって様々な意味になる言葉の面白さを表現している所。
同音異義の妙は日本語ならでは、だよね。。
でもって、ただの同音異義にとどまらず、離れ業使って遊んでる所。

・単にう○こするだけなのにあんだけ色々考えて、「こう言ったらこう返す反応を」、と、タイミングにまで気を配って芸を披露しているという事を、映像として抜群に効果的に、しかも、笑わかせてくれながら伝えてくる所。(飛夫と龍平が留置所で出会ってコンビ組むまでの展開、めっちゃ面白かった。)。

な、箇所達。

出演している人達が上手いから、すっかり騙されちゃうけど、ストーリーとしてはお気楽。

結局皆いい人で皆上手くいく。
世の中そんなに甘くないし、自分自身が変わったからってとんとん拍子にいくわけないんだけど…、見ている人に高揚感を与えるのって、すごい才能だよ。

石原さとみちゃんや笹野さんの漫才場面、貴重なサービスショットに、明るくなるまで席に座っていたくなる。

鑑賞中、非常識だったカップルが、鑑賞前は繋いでいなかった手を、鑑賞後、しっかり繋いで劇場を出ていく姿があまりにもこの映画とぴったりで、笑っちゃったわーい(嬉しい顔)

脳に、「気持ち良いぞ!」と単純にインプットしてくれるこういうのもありだと思った。

品川、すごいっ!。嫌いだけど、そこのところの才能は認める。

品川もこれから変わっていくかもしれないし…、私自身もまだまだ未熟者。

この映画見て、上地に「君」をつけるようになったように、いつか品川に「さん」をつける日が来るのかもしれない…。

成宮君ってきのこ頭でもかっこよく決まるのね。さすが美男子さんキスマーク
石原さとみちゃんも、可愛かった。

おめめの保養もできたし、千円だったし、出演者さん達みんな上手だったし、車走らせて良かった〜。

んっと、、、念のため。。。

私、新宿:末廣亭大好きです。4時間ず〜っと笑っていられる人です。

「笑顔」は全てのパワーの源で、「笑い」は百薬の長・幸せの元ですものぴかぴか(新しい)


posted by みぃみ at 14:05| Comment(8) | TrackBack(17) | 映画・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
苦手な人達ばかりの
映画だったのに
よかったといて下さり
一安心(笑)

佐藤隆太君も上地君も
俳優としては結構好きなんですよ。
脇役の人達もそれぞれが
きっちり仕事をしているし
テンポもよくって
楽しめました!!
Posted by kazu at 2011年04月04日 19:37
先入観有りの鑑賞だと、なかなか難しいよね。
マイナスからスタートしたのに、プラスな感想って事は、実はかなり良かったんでない?。
確かに痛そうだったけど、絶妙のボケとツッコミ、あったかなストーリーだったと思うよ(^^)。
Posted by 真尋 at 2011年04月04日 19:49
kazuさん>こんにちは〜。
TB&コメント、ありがとうございます。
絶対無理だと思っていましたが、映画館から出る時は、行って良かった〜♪と思いました。
おもいっきり、監督の事貶してますけれど…。
なんていうか、しっかり実の入った果実って感じで、面白かったです。
もうちょっとだけ、ケンカの場面の粘っちさがなくなってくれればいいな☆と。
Posted by みぃみ at 2011年04月05日 10:16
真尋さん>当初はね、成宮君出てるけど…やめとこ、状態だったの。
でも、いつもいいもの紹介してくれる人達が絶賛していたから、行ってみた。
たぶんあの記憶が無かったら、文句なくお気に入りに入ってたと思う。
笑いのポイントも好きなタイプのが盛り沢山だったし。
いつか、素直に鑑賞できる日がくるといいな☆と思う。
Posted by みぃみ at 2011年04月05日 10:25
みぃみさん、こんばんは!

主役二人のコンビはいい感じではまっていましたよね。
会話のテンポもよくて、けっこう楽しめました。
このあたりのテンポの良さは監督の本職のおかげでしょうね。
笑いあり、ほろっとするところもありで、拾い物をした気分になれました。
Posted by はらやん at 2011年04月05日 22:41
はらやんさん>こんにちは〜。
コメント&TB、ありがとうございます。

佐藤君と上地君のコンビ、本当に上手で、もっと色々なネタを見たい〜と思いました。
あ・うんの呼吸っていうんでしょうか。。。
「みずほ銀行」の登場も(意図してなかったのでしょうが)、タイムリーでしたし:笑。

監督の事、。。。苦手ですが、いいものみせてくれた事には感謝☆です。
Posted by みぃみ at 2011年04月06日 11:54
みぃみさん、こんにちは^^
テーマとなる“漫才”。
主役の二人がしっかりと漫才コンビとしての息を合わせていたことで、
この映画の出来が良くなったように思います。
品川庄司の脚本・監督としての才能を見せ付けられたようでした。
前作の『ドロップ』も面白かったですからね^^
Posted by cyaz at 2011年04月13日 17:26
cyazさん>こんにちは。
TB&コメント、ありがとうございます。
「ドロップ」かなり激しかったけれど、面白かったですよね。
成宮君繋がりで「漫才ギャング」の鑑賞を決めたのですが、ほんとにみなさんお上手で。
もっと二人の漫才が見たい、もっと登場人物達の掛け合いや笑いが見たいっ!と思わせてくれる映画でした。
品川氏って凄いですね。ただ…、やっぱりヤ…:笑。
Posted by みぃみ at 2011年04月14日 14:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

漫才ギャング
Excerpt: 「漫才ギャング」監督品川ヒロシ原作品川ヒロシ出演*佐藤隆太(黒沢飛夫)*上地雄輔(鬼塚龍平)*石原さとみ(宮崎由美子)*綾部祐二(石井保)*秋山竜次(−)*新井浩文(城川)*宮...
Weblog: だめ男のだめ日記
Tracked: 2011-04-04 15:20

「漫才ギャング」感想
Excerpt:  「おしゃべりクソ野郎」ことお笑い芸人・品川ヒロシ原作の人気小説を、著者自ら監督・脚本で映画化。 奇妙な偶然から出会ってしまった、売れない漫才師と札付きの不良が、漫才コ...
Weblog: 狂人ブログ 〜旅立ち〜
Tracked: 2011-04-04 18:24

漫才ギャング
Excerpt: 監督、脚本はお笑いコンビ、 品川庄司の品川ヒロシ。 品川ヒロシ作の同名小説の映画化。 佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、綾部祐二、 秋山竜次、新井浩文、宮川大輔、笹野高史等が出演。 ボケ役の..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2011-04-04 19:11

漫才ギャング
Excerpt: 結成10年になる漫才コンビ“ブラックストーン”は一向に売れず、ボケ&ネタ作り担当の飛夫(とびお)は、相方の保から借金を理由に解散を告げられる。 ちょっとしたトラブルで留置場送りになった飛夫は、そこでド..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2011-04-04 22:29

【映画】漫才ギャング
Excerpt: <漫才ギャング を観て来ました> 製作:2011年日本 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 久しぶりの試写会です!これ、とっても観たかったんだよね〜〜〜!! 観たいと思ってる人も多いはず!..
Weblog: ★紅茶屋ロンド★
Tracked: 2011-04-04 23:07

漫才ギャング
Excerpt: 自身の自伝的小説を映画化した『ドロップ』で映画監督デビューを果たした お笑いコンビ品川庄司のおしゃべりクソ野郎こと品川ヒロシの監督第2作。 売れない漫才師がひょんなことから留置場で出会った不良と漫..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2011-04-05 02:12

「漫才ギャング」 緩急自在のテンポが心地よい
Excerpt: 品川ヒロシさん、「ドロップ」に続く監督第二作目になります。 実は「ドロップ」は未
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2011-04-05 21:59

「漫才ギャング」
Excerpt: 2011年・日本/配給:角川映画監督・原作・脚本:品川ヒロシ 初監督作品「ドロップ」で、興行面のみならず作品的にも大成功を収めたお笑い芸人の品川ヒロシが、再び自らの原作を脚色し、監督も務めた異色の青春..
Weblog: お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
Tracked: 2011-04-06 00:03

漫才ギャング
Excerpt: 試写会で見ました。相方にコンビ解消を告げられた佐藤隆太が留置所であった上地雄輔と
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2011-04-06 22:52

漫才ギャング
Excerpt: 漫才ギャング 結成10年目にして、一向に売れないお笑いコンビ“ブラックストーン”のボケ&ネタ作りを担当する飛夫。ついに相方から解散を告げられヤケになり、トラブルに巻き込まれて..
Weblog: シネマDVD・映画情報館
Tracked: 2011-04-07 21:58

漫才ギャング
Excerpt: 原作・監督・脚本を品川ヒロシさんが手がけたコミカルな青春映画です。 「ドロップ」は未見ですけど評判が高かったので、今作はどうだろうなあと気になっていました。 漫才&喧嘩がたっぷりの2時間でした(^^ゞ..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2011-04-09 21:45

漫才ギャング
Excerpt:  『漫才ギャング』を渋谷Humaxで見てきました。 (1)コメディアンの品川ヒロシによる前作『ドロップ』の出来栄えが大層素晴らしかったことから、佐藤健太とか上地雄輔は好みではなかったにもかかわらず、..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2011-04-10 22:18

[映画まとめて語り 『漫才ギャング』]
Excerpt: ☆最近、あの、ロシアの娘二人組のお騒がせグループ<タトゥー>が解散しましたよね。  まだ頑張っていたんだ、の思いはある^^;  それで思い出したんだけど、私が、今週末に封切りの『エンジェル・ウォー..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2011-04-11 22:51

『漫才ギャング』
Excerpt:     □作品オフィシャルサイト 「漫才ギャング」□監督・原作・脚本 品川ヒロシ□キャスト 佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、宮川大輔、綾部祐二、秋山竜次、新井浩..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2011-04-12 08:31

「漫才ギャング」
Excerpt: 〔2011年/日本〕 試写会で観た。 売れない漫才師、佐藤隆太は、 ある日突然、相方からコンビ解消を言い渡される。 それは寝耳に水の出来事で、 佐藤は抵抗するが、相方の決心は固い。 一方..
Weblog: のんびり。
Tracked: 2011-04-14 11:09

漫才ギャング
Excerpt: 映画「漫才ギャング」の監督は“ドロップ”に続き、品川ヒロシ。そして佐藤隆太と上地雄輔が「漫才ギャング」の異色のコンビを演じる。さらに飛夫の元彼女・由美子役を石原さとみが演じて「漫才ギャング」に清潔感を..
Weblog: やっぱり邦画好き…
Tracked: 2011-05-17 06:40

映画 漫才ギャング をみた
Excerpt: 漫才ギャング スタンダード・エディション [DVD]クリエーター情報なしよしもとアール・アンド・シー この映画はたしたお笑い芸人の品川ヒロシが自らの書き下ろした同名小説を映像化した作品である。 中身は..
Weblog: 僕のつぶやき。 ネットの窓から。
Tracked: 2012-06-28 22:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。