2011年07月02日

映画:「アンダルシア 女神の報復」♪。

平成23年7月1日(金)晴れ

映画:「アンダルシア 女神の報復」

アンダルシア.jpgアンダルシア2.jpg

【監  督】西谷弘
【原  作】真保裕一
【脚  本】池上純哉
【音  楽】菅野祐悟
【主 題 歌】イル・ディーヴォ
【キャスト】織田裕二 (黒田康作)・黒木メイサ (新藤結花)・伊藤英明 (神足誠)
      谷原章介 (川島直樹)・福山雅治(佐伯章悟)・夏八木勲(村上清十郎)
      戸田恵梨香・鹿賀丈史
【ストーリー】
パリの国際会議で、日本の財務大臣村上が、組織による銀行を通じたマネー・ロンダリングを防止する為の規制を提案している最中、スペイン北部に隣接する小国アンドラで、日本人投資家、川島(谷原章介)の遺体が発見され、パリにいた外交官、黒田康作(織田裕二)は、事態把握のために調査を命じられる。
遺体の第一発見者は、ビクトル銀行行員の新藤結花(黒木メイサ)。
事件を担当するインターポール捜査官は、神足誠(伊藤英明)。
結花の証言から、川島の死が行きずりの強盗殺人として処理されようとするが、黒田は川島の死に疑念を抱く。
川島の死が詳しく追求される事のないようにとの上からの指示に従い、深く捜査をしようとはしない神足に苛つく黒田。
そんな中、結花が何者かに襲撃され、彼女を守る為バルセロナに向かった黒田と神足も襲われる。
黒田は、馴染みのジャーナリスト佐伯(福山雅治)から得た情報から、国際テロ組織によるマネー・ロンダリング=資金洗浄と投資家川島の殺人に関連を感じ、調査を始める。
そんな中、ビクトル銀行のブローカーがアンダルシア地方で巨額の不正融資を行なっているとの情報が入り…。


アマルフィを観て、天海祐希さんをキラキラ輝かせたのは「薔薇とサムライ」だ!と思っている私は、とりあえず福山君を観に劇場へ。

感想は。。。

知識と知恵がある者は強し。動物も人間もできる者は生き残る事ができる。

偶然を装った必然は意中の人を手に入れる時に使う作戦だけど、恋愛だけじゃなく外交にも活用できるんだ〜!。
って、対人間なんだから、好きな相手が自分に運命感じちゃうように導いて夢中にさせちゃう作戦は有効なわけで。
いわゆる根回しってやつ?。
敵対しているように見せておいて実はガッチリスクラム組んでま〜す♪って事も、某場所では普通にありそう。

ちなみに、香川県民大学の講師として講演した鈴木宗男氏のお話。

・沖縄のアメリカ軍の基地問題。
国が良い値段でコンスタントにさとうきびを買う事を約して、元沖縄県知事は基地を受け入れて辞職したそうな。

・そして、北方領土問題。
エリツィン政権時代。
北方領土は四つのうち二つは返還の約束を取り付けていたらしい。
ちなみに、その礎を築いたのは鳩山由起夫氏のおじいちゃまの鳩山一郎氏。
まず国交を回復し、平和条約締結後にソ連が歯舞群島と色丹島を引き渡すという前提で、改めて平和条約の交渉を行うという合意がなされた日ソ共同宣言(1956年)。
モスクワにおいて鳩山首相とソ連のブルガーニン首相が共同宣言に署名。

一郎氏の勝ち得たきっかけを実現する為に自民党政権の中、動いた宗男氏。

橋本総理がエリツィン大統領に会う際の宗男氏による事前レクチャー。
氏曰く、〔私は、総理に、「サウナを出るときに、エリツィンは総理のアソコを握ってくるかもしれませんが、驚いたりしないで、笑って『気持いいなあ』とやり返してくださいね」と付け加えたのです。一見バカバカしいことのように思えるかもしれませんが、こうしたところが国家首脳間の信頼関係をつくる際のポイントなんですね。〕との事。

又、二島返還を実現する為に、宗男氏は、お土産も持って行きました。

何でしょう?。

答えはデジカメ。Made in japanの。

スイッチを入れるとうぃ〜んってレンズが出て来る技術、あれは日本が開発したオンリーワンの技ぴかぴか(新しい)
でもでも、あれって何かに似てませんか?。
思いっきり下ネタですが、そう。男の人の………。
どうやら、そういうエロスとジョークが大好きなエリツィンさん。
(お国的にもそういうの好きな傾向らしい。)。
ものすご〜くデジカメを気に入って起動しまくりながら、ごきげんにるんるん
会談は快調に進んだそうです。

でもでも、今では沖縄の基地問題、政府の意見は門前払い。
ロシアも北方領土に国の要人達が上陸し、自分達の領土だと主張したりしていて、全くの逆の状況あせあせ(飛び散る汗)

宗男氏からこの話を聞いていた私は、日本はこれまで、上手く根回しをして世渡りしていたのね、と。
今は上手く世渡りする術が機動してないのかな〜?なぁんて思ったりもしつつ。

以上の宗男氏の話は、あくまでも例であって、根回ししないのが悪いって言ってるわけではないし、根回ししたらいいのにと思ってもいません。それに、60年近く政権を担ってる間にやってきた事には、清濁あるんだろうな〜とも思っていたりもします。
(私、選挙権行使は皆勤賞なれど、特に支持政党は固定せずです。念のため。)

ただ、物事を円滑に進めたり互いに協力するには双方にメリットは必要なんだろうな〜、そのつり合いがベストポジションになった時に、がっちりと手が結ばれて協力関係が生まれるんだろうな、と。

で、上手く分銅を量りに乗せられるのがデキる人。

映画では黒田になるのかな?。
外務省に思いっきりはむかって、クビ懸けてるように見えるのに、しっかり村上大臣と繋がって大臣が世界の中で一目置かれるように上手く計画してある。
警視総監の名誉よりも一国の名誉や功績の方が重視されるのは当然のことですものひらめき

村上大臣に「頷いておけっ!」て合図している秘書さんも有能なんだろうな。

日本の政治、官僚政治から政治家の政治にって言ってるけれど、しょっちゅうトップが変わっても与党が変わっても、そんなに日々の生活が変わる事なく生活できるのは、表には出てこない国の運営に携わっている人達がしっかりしているからなんだろう。

クーデター起こって街が目茶苦茶になったり、こないだまでの富裕層が貧困層になったりしてる他国を見ているとつくづく日本ってすごい国だと思う。

ぼろっちい店に案内されてブーブー文句言って、嫌いな青魚料理に憤慨しきりだった村上大臣が、アメリカの要人の友人の店だと知って、さらにその店の一番のオススメがその青魚料理だと知って、思いっきりひきつりつつも笑顔でニコニコ応対しているのが、すご〜く面白かったわーい(嬉しい顔)

黒田や大臣の秘書さんも村上大臣の様子、面白かっただろうな〜。
ってか、してやったり!当然の事!?:笑。
もし、黒田に「あなたの計画ですね?。」と尋ねても「なんのことか、わたくしには、さっぱりわかりません。」と涼しい顔で答えるんだろうな。でもって、そういうところが彼の魅力なんだろうし。

伊藤君が「次の任地が楽しみです。」って話していたって事は、もしかして続きがあったりするのかな?。神足の息子さんも登場〜!の続編だと面白そうだな〜。

邦画なのに字幕が数多く登場して、喋っている言葉もスペイン語・フランス語、英語。
戸田恵梨香ちゃんが、今回はスペイン語で喋った台詞、採用してもらえてた〜♪と喜んでいたので、みなさん流暢に話すまでかなりの努力をなさったんだろうな☆と。
キャストの方々、外国語を違和感なく喋っていた事に、大拍手!!!。
伊藤君、スペイン語は向かなかったのかな?それともキャラクター設定?。
結花の聴取中、スペイン語を神足の為に日本語に訳すのではなく、英語に訳してるのも楽しかった。

ちょこっと、ショックだったのはキスシーンキスマーク
福山君とぶっちゅ〜に顔がひきつり、ベッドの中の灰色パンツ、私ならもっと可愛いのはくのにハートたち(複数ハート)なぁんて思った。
で、黒田。結花に迫られたら応じちゃったよ。。。あせあせ(飛び散る汗)
いい女には、黒田も心魅かれるのね。なぁんて…。そりゃそうだ。。。人間だもの。。。

インターポールって、銭形のとっつあんの所属だと思っていたら伊藤さん御自身も話してた。
実は、DEATH NOTEでキラ事件解決に取り組んだICPO(インターポール)の切り札が「L」ひらめきだったりもするんでやんす。

自分の苦境や落ち込みに、他人や家族を巻き込んじゃあいけない。
血の繋がりや深い関係があっても、それぞれに人生があって生きる道がある。

そんな事を、ひしひしと感じた映画。

〜余談〜

福山雅治氏のコンサート:徳島情報。

「 WE'RE BROS.TOUR 2011 THE LIVE BANG!!」

110625_161512_ed.jpg110625_163530_ed.jpg

徳島で福山君が訪れたのは、四国霊場八十八箇所の一番札所霊山寺。福山君のおみくじは「大吉」。
さらに、“さすればさするほど知恵がつく”と言われている徳島眉山天神社「知恵の牛」の御利益を得る為、牛さんに抱きついている福山君。こちらの恋みくじは「中吉」(焦りは禁物との神の声が:笑)。
牛さんにほぼ唇が触れる程、抱きついていたので、現地で牛さんに抱きついたら、福山君と「間接ハグ」ができるかも揺れるハート



posted by みぃみ at 19:23| Comment(11) | TrackBack(27) | 映画・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど〜・・・
根回しって重要ですね。。。
あっ、Twitterから来ました。マリーです。
こちらのコメント初めてでしたでしょうか?

最初の村上大臣のお店のシーン、黒田の手腕に繋がるって気づかなかった〜。今までのこと振り返ったら分かるはずなのに。。。
福山さんは、前回より明らかに出演時間長かった。
そのうえ、美味しい役どころ・・・(苦笑)まさかキスまでしちゃうとは〜。びっくりでしたね。

個人的には「アマルフィ・・」より面白かった。
早くレビュー、書かなくては〜。
Posted by マリー at 2011年07月01日 22:23
おひさ〜。
時間ができたから、映画行きたい〜モードなう:笑。
アンダルシア、いい男揃いで目の保養にもなりそうね。観てみようかな?。
真保さんの本のオススメは、「奪取」。
山本周五郎賞取ったので試しに読んだら、夢中になって速読!。
よかったら、読んでみてo(^^)o。
Posted by 真尋 at 2011年07月01日 23:14
こんにちはw
伊藤君の英語はたどたどしかったけれど、色々な言語が飛び交う中、皆さんしっかり溶け込んでましたね。
というか、英語以外では彼らの発音が正しいのかどうか分からないところがミソ?(笑)

回を重ねるごとにパワーアップしている感じで、今度はどちらへ?と次が楽しみになりますね。


Posted by たいむ at 2011年07月02日 00:52
こんにちは♪

素晴らしい風景、
言葉も色々、そんな雰囲気だけでも
ワクワクしました。
結花にふりまわされる黒田でしたね。
Posted by kazu at 2011年07月02日 14:04
マリーさん>こんにちは。コメント、ありがとうございます♪。

Twitter、お世話になっております。
こちらにも来ていただいて、嬉しいです(^^)。
ありがとうございますm(_ _)m。

村上大臣絡み、レストランに始まり、ラストの米の助け船を得ることができた時にもちらっと黒田の姿が映ったので、あ〜、なるほど〜とクビまぬがれの電話が黒田に入った時思いました。
で、黒田って本当はどこの所属なんだろう?との疑問も芽生えている今日この頃です。

私もアマルフィより、アンダルシア面白かったです。
女神シリーズ、今度は女神から何をプレゼントされるのでしょう?と次回作に期待もしつつ。。。
ちょびっと、福山君にちゅ〜した女の人に妬きながらも、次も福山君の出演を願い中☆なのであります。

Posted by みぃみ at 2011年07月03日 18:45
真尋さん>こんにちは♪。コメント、ありがとう。
メイサちゃんも美人だし、スラッと背が高くて顔も良い男性陣がスラスラ話す外国語も加わって、おめめとおみみを楽しませてくれると思うので、よかったらぜひに☆。
本、図書館にあったので、明後日借りに行く予定。
偽札つくりのすったもんだ?、面白そう!。
ありがとね(ちゅっ)。
と、山本有三ファンの私より、愛を込めて…。
Posted by みぃみ at 2011年07月03日 18:49
たいむさん>こんにちは。コメント、ありがとうございます♪。

>伊藤君の英語はたどたどしかったけれど、色々な言語が飛び交う中、皆さんしっかり溶け込んでましたね。
というか、英語以外では彼らの発音が正しいのかどうか分からないところがミソ?(笑)

あははっW。そうですね。英語以外は。。。
フランス語は、なんとかボーンとかなんとかタレブが綺麗だったらOK、スペイン語は、なんとかリータ、なんとかリーナの巻き舌具合がしっかりしてたらOK、になっちゃいます。
何よりいい男揃いだから、奇妙でも気にならない!!。
言うなれば、ぶーちゃんなら絶対許せないけれど、いい男が吐いた煙草の煙は臭くない!の定理です:爆。

黒田の次の任地も気になります。また、恋しちゃったりするんでしょうか〜☆。

Posted by みぃみ at 2011年07月03日 19:01
kazuさん>こんにちは。コメント、ありがとうございます♪。

>素晴らしい風景、
言葉も色々、そんな雰囲気だけでも

アマルフィも美しい景色満載でしたし、今回のアンダルシアは、フラメンコ、闘牛とスペインの文化も楽しめました。
あんなふうに練習するんだ、闘牛って。。。と、新しい発見もありましたし。

「いい女」には恋しちゃう黒田の人間らしさも見えた今回の映画、もっともっと黒田の事を知りた〜い!と思う今日この頃です(^^)。
スピンオフで黒田の生い立ち、やってくれないかな〜☆。
Posted by みぃみ at 2011年07月03日 19:08
こんばんはー^^

面白かったですねー^^
そうそう、村上大臣の面白かった^^
秘書が有能だと上も有能に見えるって感じかしら^^

黒田もかっこよかったけど・・・そうなのよ、迫られたら応じちゃうし^^;
福山さんはべたべたしてるし・・・
ま、目的があったみたいだから良しとしとこうと思ってます^^

次回作も作ってくれたらいいな♪
Posted by みすず at 2011年07月13日 23:20
すみません、2つも入ってしまいました><。
下のは削除してくださいm(_ _)m

お手数おかけして申し訳ありません!!
Posted by みすず at 2011年07月13日 23:24
みすずさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

ご依頼の件、了解です。
お気になさらないでくださいね〜(^^)。

でっかい車で道を塞ぐ事に始まって、びみょ〜に傍若無人なお偉いさん達…。
対談相手を前に、一転、しゅるしゅるしゅる〜と小さくなっていった様子にクスッ。
上手ですよね、夏八木さん。
ラスト、にっぱ〜っの満面の笑みも最高でした♪。

黒田、実はちょっぴり結花ちゃんの事「いいな☆」って思っていたんでしょうかね〜?。
そのへん、気になってましたが、やっぱり表情には表さず。
「本当のところ、どーなの?」。って聞いてみたい気もします。。。
福山君とのちゅー女性、とっても羨ましかったです。いいんです。私は、牛さんとハグしてきましたから:爆。

続編、私も観たいです。きっと作ってくれるはず☆。

Posted by みぃみ at 2011年07月14日 10:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[映画『アンダルシア 女神の報復』を観た(またも、超短信)]
Excerpt: ☆驚いた。  かなり面白かった。  何が魅力的なのか考えたら、この作品が「ハードボイルド」作品として成立している点に魅かれたようだ。  主人公の外交官・黒田(織田裕二)は、いつも「苦虫を噛み潰し..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2011-07-01 20:24

アンダルシア 女神の報復
Excerpt: アンダルシアの風景はちょっとだけ公式サイト http://www.andalucia-movie.jpスペイン北部に隣接する小国アンドラで、日本人が殺された。国際会議の準備でパリに来ていた外交官・黒田..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2011-07-01 20:27

映画『アンダルシア 女神の報復』
Excerpt:  映画『アマルフィ 女神の報酬』、そして連ドラ『外交官 黒田康作』の続編。スペイン・アンダルシア地方を舞台に、外交官・黒田康作とインターポール捜査官・神足誠が、警視庁の面子を揺るがす国際犯罪に挑む....
Weblog: 闘争と逃走の道程
Tracked: 2011-07-01 20:29

アンダルシア 女神の報復
Excerpt: 「アマルフィ 女神の報酬」、 TVドラマ「外交官・黒田康作」に続く、 外交官・黒田康作を織田裕二が演じる今回の映画は スペイン北部のアンドラ公国から、 バルセロナそしてタイトルのアンダルシアを 舞台..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2011-07-01 20:59

アンダルシア 女神の報復
Excerpt: 外交官の黒田が活躍するサスペンスシリーズ最新作です。 ドラマ『外交官・黒田康作』が面白かったので、今度の映画はどんな展開になっているのだろうかと とても楽しみにしていました。 前作の映画よりもキャラク..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2011-07-01 22:36

アンダルシア 女神の報復
Excerpt:  『アマルフィ 女神の報酬』、テレビドラマ「外交官・黒田康作」に続き、 真保裕一の小説を基にした織田裕二主演のシリーズ劇場版第2作目となる サスペンス大作。 海外で極秘任務を遂行する「邦人テロ対策..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2011-07-01 23:04

(映画)アンダルシア 女神の報酬
Excerpt: 冒頭スペインの風景とエンディングの音楽がとても印象に 残った「アンダルシア 女神の報酬」。足立香苗(役:戸田恵梨香)の出番は、ちょっとだけとは悲しいですね。
Weblog: ゼロから
Tracked: 2011-07-01 23:14

「アンダルシア 女神の報復」みた。
Excerpt: 映画「アマルフィ 女神の報酬」からTVシリーズ「外交官 黒田康作」と続き、再び映画になって戻ってきたのがこのシリーズ。「アマルフィ」の内容自体は賛否が割れる映画だったように思うが、型破りな外交官という..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2011-07-02 00:47

アンダルシア 女神の報復
Excerpt: 試写会で見ました。梅田芸術劇場、初めて行きましたが、めっちゃ広くてびっくりしまし
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2011-07-02 18:29

アンダルシア 女神の報復
Excerpt: アンダルシア 女神の報復 監督: 西谷弘 出演: 織田裕二/黒木メイサ/伊藤英明/戸田恵梨香/福山雅治/鹿賀丈史/谷原章介/夏八木勲 内容: スペイン北部に隣接する公国・アンドラで、日本人投資家..
Weblog: シネマDVD・映画情報館
Tracked: 2011-07-02 21:42

アンダルシア 女神の報復
Excerpt: 2011/06/25公開 日本 125分監督:西谷弘出演:織田裕二、黒木メイサ、戸田恵梨香、福山雅治、伊藤英明、鹿賀丈史、谷原章介、夏八木勲 守るべきものは、誇りか、愛か スペインとフランスに..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2011-07-03 00:02

アンダルシア 女神の報復
Excerpt: ・アンダルシア 女神の報復 (6月25日より上映 織田裕二・黒木メイサ・伊藤英明出演) 一昨年の「アマルフィ」・今年1月のテレビドラマ「外交官 黒田康作」に次ぐ、映画・TV含めると「外交官黒田シリーズ..
Weblog: 充実した毎日を送るための独り言
Tracked: 2011-07-03 02:50

アンダルシア 女神の報復
Excerpt: 2011年6月28日(火) 15:45〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 前作同様、冠の地域での時間は少ない。 『アンダルシア 女神の報復』公..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2011-07-03 03:19

アンダルシア 女神の報復
Excerpt: 映画『アマルフィ 女神の報酬』、TVドラマ『外交官 黒田康作』に続く、黒田康作シリーズ第三弾。今度は、パリ・アンドラ・バルセロナが舞台。 TVシリーズは観ていないので、TVシリーズから続くネタがある..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2011-07-04 08:14

アンダルシア〜女神の報復
Excerpt: 外交官・黒田康作シリーズ。試写会に行ってきました。前作の「アマルフィ〜女神の報酬」は意外と面白かったと書きました。そして、ドラマ「外交官・黒田康作」も見ていたんですが、あちらはドラマシリーズで物語を引..
Weblog: シネマ日記
Tracked: 2011-07-04 15:57

『アンダルシア 女神の報復』... ※ネタバレ少々
Excerpt: 2011年:日本映画、西谷弘監督、織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、谷原章介出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2011-07-05 01:40

映画「アンダルシア 女神の報復」感想
Excerpt: 映画「アンダルシア 女神の報復」観に行ってきました。真保裕一の小説を原作とする前作「アマルフィ 女神の報酬」、テレビドラマ「外交官・黒田康作」シリーズに続く、織田裕二主演...
Weblog: タナウツネット雑記ブログ
Tracked: 2011-07-05 18:37

アンダルシア 女神の報復
Excerpt: スペイン北部に隣接する公国アンドラで、日本人投資家が殺害された。 国際会議の準備でパリを訪れていた外交官・黒田康作は、事態を把握すべく調査を命じられる。 遺体の第一発見者でビクトル銀行行員の新藤結花は..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2011-07-06 04:17

2.アンダルシア 女神の報復
Excerpt: 上映スクリーン数: 371オープニング土日動員: 20万5758人オープニング土
Weblog: 映画コンサルタント日記
Tracked: 2011-07-07 22:17

アンダルシア
Excerpt:  『アンダルシア 女神の報復』をTOHOシネマズ六本木で見てきました。 (1)前回作品『アマルフィー』が、イタリアの景観を随分と綺麗に捉えており、今度もそんなものが見られるのかなと思い、なおかつ、か..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2011-07-10 07:08

アンダルシア 女神の報復(2011-043)
Excerpt: アンダルシア 女神の報復は、真保裕一の小説を原作とする前作「アマルフィ 女神の報酬」、 テレビドラマ「外交官・黒田康作」シリーズに続く、織田裕二主演のサスペンス作品。 スペイン、アンダルシア州ロン..
Weblog: 単館系
Tracked: 2011-07-12 21:52

アンダルシア〜女神の報復〜
Excerpt:  『アンダルシア〜女神の報復〜』を観た。  【ストーリー】  スペイン北部に隣接する小国・アンドラで、日本人投資家が殺害された。  国際会議の準備でパリを訪れていた外交官・黒田康作(織田裕二..
Weblog: みすずりんりん放送局
Tracked: 2011-07-13 23:25

アンダルシア 女神の報復 景色は愛でれた・・・?
Excerpt:  昨夜は毎夏恒例のチーム大栄の納涼飲み会、毎年ビアガーデンやけど今年はちょっとハイソにANAクラウンプラザホテル大阪のcafe in the park。 ビアガーデンでなくてよかったよ!台風なんてなん..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2011-07-20 09:25

『アンダルシア 女神の報復』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「アンダルシア 女神の報復」□監督 西谷弘 □脚本 池上純哉□原作 真保裕一 □キャスト 織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、福山雅治、伊藤英明、鹿賀丈史、谷..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2011-07-21 12:12

アンダルシア 女神の報復
Excerpt: アンダルシア 女神の報復'11:日本◆監督:西谷弘「アマルフィ 女神の報酬」「容疑者Xの献身」◆出演:織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、谷原章介◆STORY◆スペイン北部に位 ...
Weblog: C'est joli〜ここちいい毎日を〜
Tracked: 2011-08-02 15:04

「アンダルシア 女神の報復」3年連続で、織田裕二の夏が『キターッ!』
Excerpt: [アンダルシア女神の報復] ブログ村キーワード  外交官 黒田康作が活躍する、映画シリーズ第2弾。「アンダルシア 女神の報復」(東宝)。昨年の「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」に続いて織田裕二..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2011-09-26 20:08

『アンダルシア/女神の報復』(2011)
Excerpt: 織田裕二が裏の顔を持つ外交官・黒田康作を演じた『アマルフィ/女神の報酬』の続編。 今回は主にスペインが舞台だが、前作ほど観光映画化してはいない。黒田のキャラクターは相変わらず微妙・・・。 正直..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2012-01-13 21:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。