2012年02月27日

映画:「ペントハウス」♪。

平成24年2月27日(月)晴れ

映画:「ペントハウス」



監  督: ブレット・ラトナー

製  作: ブライアン・グレイザー/ エディ・マーフィ/ キム・ロス

キャスト:

ベン・スティラー (Josh Kovacs)
エディ・マーフィ (Slide)
ケイシー・アフレック (Charlie)
アラン・アルダ (Arthur Shaw)
マシュー・ブロデリック (Mr. Fitzhugh)
マイケル・ペーニャ (Enrique Dev’Reaux)
ティア・レオーニ (Special Agent Claire Denham)
ガボレイ・シディベ (Odessa)
ジャド・ハーシュ (Mr. Simon)
スティーヴン・ヘンダーソン (Lester)

ストーリー:

ニューヨーク・マンハッタンにそびえる65階建ての超高級マンション“ザ・タワー”で働く、
管理マネージャーのジョシュ・コヴァックス(ベン・スティラー)は、居住者の要望を満たす最上級のサービス提供のため、日々、尽力していた。
ある日ジョシュは、タワーの裏口から黒い車に乗せられ、さらわれそうになっているペントハウス在住の大富豪アーサー・ショウ(アラン・アルダ)を助けに向かう。
だが、実はショウは逃亡を計っており、その場で証券詐欺罪でFBIに逮捕される。
更に、ショウは、任されていたタワー従業員達の退職後の年金を私的に使っており、従業員達の年金は、スッカラカン。
年金だけでなく全財産をショウに預けていた老ドアマンのレスターは、ショックのあまり自殺を図り、病院へ担ぎ込まれる事態に…。
そんな中、ショウはペントハウスでの自宅監禁を条件に、1000万ドルで保釈。
ジョシュは、開き直るショウに怒りを爆発させ、ショウのフェラーリをゴルフクラブで叩き壊す。
総支配人からクビを言い渡されたジョシュだったが、FBI捜査官クレア(ティア・レオーニ)から、ショウが逃亡資金として用意していたはずの隠し金20億円が見つからないという情報を得る。
ペントハウスの壁に埋め込まれた金庫に金があると睨んだジョシュは、コンシェルジュのチャーリー(ケイシー・アフレック)、新米エレベーター・ボーイのエンリケ(マイケル・ペーニャ)、ザ・タワーを強制退去させられたウォール街の負け犬フィッツヒュー(マシュー・ブロデリック)、幼なじみの泥棒スライド(エディ・マーフィ)、錠前職人の父親を持つメイドのオデッサ(ガボレイ・シディべ)とともに、ショウの財産強奪を計画。感謝祭の日、ジョシュたちは、ペントハウスを目指し…。


予告によると、超高級マンションに住む大金持達と、そこで働く一般労働者達。
「持つ者と持たざる者。。。
ある日、持たざる者達の大切なお金が盗まれたあせあせ(飛び散る汗)。俺達の金を取り戻せexclamation」的なストーリー。

どんなお話になっているのか?と、劇場へ。

すると…、そこには、よくある話。
退職後の生活費に。と、毎月、雇い主に預けていたお金を雇い主が流用。残念ですが定年退職後の年金(貯蓄)は、ありませ〜ん。。。
毎月、お給料から天引きされるお金、ちゃんと雇い主さんが年金機構へ納付&運用してくれてると信じて働く労働者。
でもね、資金繰りが苦しくなって当面の足しに。。。って会社の運転資金に使われちゃう事、あるみたい。
その事が、社会問題になって、今は救済措置が整備され、一般ピープルへの社会保険事務所の情報開示も積極的に行われている。

日本の場合は、国の社会保障として年金を整備してくれているから、スッカラカンにはならないんだろう。
アメリカも年金制度はあるみたいだし…。

そして。。。

ものっそタイムリーな話の「AIJ投資顧問」。
「証券取引等監視委員会の検査で、AIJが企業から運用を任せられた約2100億円の年金資金について、その大半が消失していることが分かった件。AIJに資金の運用を委託していた会社の企業年金の行く末はどうなるんだろう…。
にしても、企業年金に対しても何からの保証はあるみたいだから、とりあえず大丈夫なのかな?。

映画の冒頭。。。

「確定拠出年金だ、日本版401Kの導入だ!」と話題になった2001年。
支給金額増が見込まれるかもしれないけれど、減っちゃうリスクも背負う事になるのよ〜ん爆弾という事を知り、確実に一定額はもらえる「確定給付年金」を選び、冒険するとしても「確定拠出年金」は3分の1まで。と当時考えた私は、年金額を増やすために従業員達の将来の年金となる資金の運用をジョシュがショウ任せていたとしたら、ショウに対してジョシュがキレるのはお角違いなんじゃないの〜?と思いつつ。。。

みんなのお金は返さないけれど、自分のためのお金はしっかり確保しているショウからお金を取り戻す!っていうのはアリだろう。と、楽しむ事に((o(^-^)o))。

一番のお気に入りは、新米エレベーター・ボーイのエンリケ。
打てば響く会話能力の高さと、工学部の基本:分解して溶接のきっちりマスター具合がGOOD。
「青は進めだよな。」にププッ ( ̄m ̄*)。
同じく私も、革手袋だけでロープで降りる「あの担当はゴメンだ。」(笑)。
彼の作るハンバーガー、小粋でちゃめっけたっぷりなんだろうな〜。
食べてみたい。。。

もう一人は、メイドのオデッサ。
めっちゃ肉食系な見た目と性格が、たまらなくセクスィ〜〜(笑)。
おっきな巨体と太い指で、華奢で繊細な錠前をサクッと開けちゃう姿、かっこいい〜。

怪しさ全開、捕まらないのが不思議な万引き実行と、お約束の置いてったお財布からの搾取。
車が高層ビルの壁を走っていても気にならないであろう感謝祭の日に、作戦決行。
ハイテク警備のビル侵入に対し、安全ピンでの解錠練習。等々。
ごくごく普通の人達が知恵を絞って一生懸命奮闘な様子が微笑ましくて、心が温まったいい気分(温泉)

エディ・マーフィが、普通のコソドロ役に徹してる所も(ちょこっとコメディ入ってた:笑)、
一見、おもちゃっぽい銃が本物で、撃っちゃ危ないだろ〜パンチで、まさかの発見目も。

ゴルフクラブでガッチャンゴッチン時は、もったいな〜い(;・∀・)と思ったアレ。
キラッと輝く光に、なんとしても手に入れたいっ!輝くあれの全貌が見たいっ!と、力が入った。
(見たかったな〜、きらきらぴかぴか(新しい)のあれの全体像)。
ってか、紐で吊られて車で空中走るの、楽しそう。
「てこの原理」を使ってぶ〜らぶらも、ドキドキした。
眼下が映った時は、スライド同様、ヤバかった━<(ll゚◇゚ll)>━(下に人いなかったのかな?:爆)。

冒頭の、超セレブぴかぴか(新しい)なあそこ。
あそこを起点に、広がるみんなの笑顔と温まった懐に、にっこり☆(-∀・)(・∀-)☆。

鑑賞後の感覚は…。気持ちE〜かわいい

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


posted by みぃみ at 18:07| Comment(21) | TrackBack(22) | 映画・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みぃみさん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
二人の異質のコメディアンがどんな風に融合するのか楽しみでした。
エディはさすがに経年変化で大人目でしたが、
それがかえってベンとの絡みでよかったのかもしれません。
送られたパーツを換金するのも大変だと思いますけどね(笑)?
ま、そこは映画ということで^^
Posted by cyaz at 2012年02月28日 08:45
cyazさん>おはようございます♪。コメント、ありがとうございます。

久々のエディ・マーフィ。最初気付かなくて、刑務所に保釈金払って迎えに行ったあたりで、あ!、彼だったんだ〜と(^^;)。
もうちょっと顔ちっちゃかったような記憶が…(汗)。
ジョシュとスライド。
そんなに親しくないけど、目的は同じ(お金)で、実は幼なじみな関係が、よく現されていたと思います。
会話のやりとりで笑わせてもらい、命懸けの場面でドキドキさせてくれながらも、要所要所でズシンと心が痛い現実社会の問題点。
しんみりしちゃうのかな?と心配しましたが、エンディングは、にっこりで、安心しました(^^)。

あのパーツ、どうやって換金するんでしょうね?。
私なら、、、とりあえず、溶かしてのべぼうに加工です(笑)。
Posted by みぃみ at 2012年02月28日 10:03
TBありがとうございました。
MI4のような、ハラハラドキドキのあんな高層アクションがあるとは思いませんでした。

キンピカの全体像、見たかったですね。^^
Posted by 風子 at 2012年02月28日 11:55
風子さん>こんにちは♪。
こちらこそ、トラックバックに加え、コメントありがとうございます。

>MI4のような、ハラハラドキドキのあんな高層アクションがあるとは思いませんでした。
清掃用のアレを使う所までは普通だったのに、そこからまさかの!でしたね。
フィッツヒューの「命懸け場面」では、手に汗かいちゃいました。キャッチしてもらえて、良かったです。

>キンピカの全体像、見たかったですね。^^
ジョシュがでてきたあかつきには、従業員全員で組み立てて全貌を見せてくれたらいいな〜☆と思います。
Posted by みぃみ at 2012年02月28日 14:09
みぃみさん、こんにちは♪
ベンとエディが出るから、ものすごいコメディかと
思ったら、意外とシリアス?って感じでしたよね。
私も、エンリケとオデッサ、ユニークで面白いと思いました。彼らがなんか言ったり、したりすると、にやっとしちゃいましたもん(笑)

持つ者と持たざる者のお話。持たざる者の私としては、ラストは気持ちよく、後味よく映画館を出ることができました^^

輝くアレの全貌、私も観たかった!(笑)

Posted by ひろちゃん at 2012年02月28日 14:52
こんにちは♪
かなり笑えると思って観たら意外にもクスクス笑いでした。
でもMI4ばりのハラハラ感はこちらのほうがありました。なんせ素人ですからね(笑)
Posted by yukarin at 2012年02月28日 15:44
ひろちゃんさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

しっぽりコメディでしたね。
大爆笑は無いものの、切羽詰まったドキドキと
微妙にかみ合わないジョシュとスライドの緩〜い結束関係、面白かったです。

ブルドーザーみたいなオデッサと小動物みたいなフィッツヒュー、世渡り上手なエンリケ…。
一応、チームとして成り立っているのを見て、やろうと思えばできるんだぁ…と(^^;)。

輝くアレを作った整備士さんも、すごいですよね!。
Posted by みぃみ at 2012年02月28日 17:14
こんにちは!
そうそう、このたびの「AIJ投資顧問」はこの映画を思い出しました(^^)
ここのところの円高や株価の下落の余波がいよいよここまで来たか〜って思いましたが、日本の問題の方が切実かもですよ。
保障とかいっても、結局は血税投与の支援ってことでしょ?もはや日本の破産は時間の問題って気がして怖いです。

少しばかり肩透かしだったけれど、してやってリは爽快。終わりよければ、ですねw

Posted by たいむ at 2012年02月28日 18:20
こんばんはー♪

面白かったですね!
もうちょっと最初から飛ばしてはちゃめちゃかと思ってたけど・・・

そうそう、「アレ」のシーンは笑えたねー^^
全体像、わたしも観たかった!!

え〜、みぃみさん、宙づりになりたいのー?(笑)
わたしはちょっと^^;

ラストも痛快だったし、良かったわ♪

あ、ブログ変えました^^;
これからも引き続きよろしくお願いしますね^^
Posted by みすず at 2012年02月28日 23:12
yukarinさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

私好みのおじいちゃん(アラン・アルダ氏)が出ているので、エディ・マーフィの爆走が心配でしたが、抑え気味だったので、実はホッとしました(^^)。

>MI4ばりのハラハラ感はこちらのほうがありました。なんせ素人ですからね。

プロなら絶対しないだろう!な事を普通にやって、ピンチに陥ってますもんね(^^;)。
綱つたってる時の黒い手袋にものすごく目がいきました。
なぜって…、MIでは、ひらひらしたんですもの〜。
Posted by みぃみ at 2012年02月29日 09:30
たいむさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

>ここのところの円高や株価の下落の余波がいよいよここまで来たか〜って思いましたが、日本の問題の方が切実かもですよ

AIJに投資を委託した会社(決めた人)は、真っ青:ジョシュ状態かもしれませんね。
ショウは自宅に戻ってきましたが、AIJの責任者さんは発覚前に引っ越しなさったようですし…。
日本国も、健康保険も年金もがっぽりあった筈が、蓋を開けてみれば、ですものね。
このままだと100年後には1億人いる現在の人口が、4600万人位になる日本人。
ならば、いっそ、破綻覚悟で大盤振る舞い希望☆なぁんて…。

こちらの映画のように、みんなのお金を使った悪者からはきっちり回収!、真面目に頑張ってる人が救われる社会になるといいですね(^^)。
Posted by みぃみ at 2012年02月29日 10:05
みすずさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

>面白かったですね!

はい♪。
この映画の前に気合い入れて観にいったDTでかび〜ん(泣)な事があって凹み、気持ちを凸るために鑑賞を決めたんです。
どよよ〜んな気持ちをしっかり、上げてくれました(^^)。

金色の全体像。。。
代わりに主演女優賞のメリル・ストリープさんが見せてくれました(笑)。
彼女の全部金!のドレス姿を横にしてちょっと拡大すると…(爆)。

宙吊り。
岡山の鷲羽山ハイランドに360度ぐるぐる回るアトラクションがあって、地面に向かう瞬間が快感なので
黄金の車に乗れた事と合わせて羨ましいな〜と思いました。
あ!、宙吊り体験は、しっかり固定してあって原則絶対安全が条件です!。

ブログ、お引っ越しなさったのですね。
了解です☆。
こちらこそ、よろしくお願いします♪。
Posted by みぃみ at 2012年02月29日 11:42
こんばんは〜〜♪
コメント遅れちゃった!ゴメンね〜〜〜。

面白かったね〜。後味すっきり系はいいよね。
でも〜確かにみんなのお金を勝手に運用資金に渡してたのはおかしいね。みんなが最初協力しないワケだ・・・
ドアマンの人が、コツコツ貯めたお金で老後に奥さんと旅〜って一般庶民がみんな思うことだよね(私も含めて)それが水の泡になってしまうって、どんなにツライだろ〜。そんなことがないようにしてほしい・・・この日本。

私も金ピカのあれ見たかった。
でも現物支給〜って差が出ないのかしら???
私はどこ貰おうかな〜〜〜。
Posted by マリー at 2012年02月29日 22:19
マリーさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。
あちらでもこちらでもThanksです(^^)。

>面白かったね〜。後味すっきり系はいいよね。
面白かったです〜♪。
あちらで噴出しちゃった「悲」を「楽」にしてもらいました。

>確かにみんなのお金を勝手に運用資金に渡してたのはおかしいね。
ジョシュの選択ミスで煽りを食っちゃったおじいちゃんが気の毒で可哀想で。
なのに、恨むでもなく協力してて、「てへっ((^┰^))ゞ」な笑顔に、じ〜ん…となりました。

>そんなことがないようにしてほしい・・・この日本。
頑張って働いてきて、やっと自分の為に時間が使えるようになった人達が、笑顔ですごせる日本であってほしいです☆。

>でも現物支給〜って差が出ないのかしら???
にゃはっ♪。私もそれ思いました。
勤続年数で大きさ変えているのでしょうか?。

>どこ貰おうかな〜〜〜。
どこにしましょうか〜。
んっとぉ、わたしは…、「ボンネットそのまま」が欲しいです(爆)。
Posted by みぃみ at 2012年03月01日 10:14
AIJのニュース、まさにタイムリーですね。
映画は面白おかしく描くシーンもありましたけど、
これ現実問題となったら当事者たちはたまりませんよね。

>ショウに対してジョシュがキレるのはお角違いなんじゃないの〜?

ここビミョーですよね。むしろ責任を迫られるのはジョシュなんじゃないかなとか。
まあ、「預けてたお金を勝手に使われちゃって返って来ないから取り返そうぜ」
っていう単純明快なストーリーを楽しめばいいんでしょうね。

一般庶民の私としては(笑)、気分爽快な作品でした。
Posted by SOAR at 2012年03月04日 20:20
SOARさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

AIJ、映画の話が現実にっ!と一報を聞いたとき驚きました。
本当に、現実問題となったらたまりません。
国の年金制度も、真面目に納めた分は、しっかり保証を切に願っています。

>むしろ責任を迫られるのはジョシュなんじゃないかなとか

ですよね!。ジョシュの失敗をリベンジする話しで、協力してくれる人達にジョシュは感謝すべきなのでしょうが、それを言ってはなりませんです、はい。
深く考えず、楽しむのが一番です。
面白かったですもん(^^)。

私も一般庶民なので、ラストはガッツポーズでした。
「金」って一立法メートル当たりの重量、かなりあるんですよ〜♪。
Posted by みぃみ at 2012年03月07日 16:40
ラストを気持ちよ〜く締めてくれた映画でしたね。
Posted by 光太 at 2012年03月28日 12:31
光太さん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

オープニングとラストのリンクにも、にっこり♪でした。
アレが浸かった状態のまま泳いでみるのも最高の贅沢かも☆ですね。
札束風呂ならぬ金塊風呂(^^)。
Posted by みぃみ at 2012年03月28日 15:09
庶民と金持ちという構図が実にわかりやすい。
ラストのみんなの笑顔とベンの表情が
晴れやかで、捕まっちゃったけれど
清々しい気持ちになれる作品でしたね!
Posted by maki at 2012年06月27日 09:52
こんばんは〜^^
コメント有難うございました。

色んなシーンでハラハラとさせられましたね〜。
自分高所恐怖症なんで、あの車が宙ぶらりんなシーンは心臓が痛かったです^^;
エディ久しぶりに観ましたが、歳取っても弾けっぷりは健在ですね。
最近めっきり大人しくなってしまったので、ヒット作『ビバリーヒルズコップ』の新作とか作ってまたおもいっきり暴れて欲しいものです。
Posted by ヒロ之 at 2012年06月28日 00:20
ヒロ之さん>こんにちは♪。
こちらこそ、コメント、ありがとうございます。

>自分高所恐怖症なんで、あの車が宙ぶらりんなシーンは心臓が痛かったです^^;

大丈夫でしたか?。
私は最近になって観覧車が無理になりました。
下が見えると緊張して固まっちゃうんです(^^;)。
映画。。。あぶないよ〜と思っていたらやっぱり!。
助かったのでホッとしました。
もうダメだ、の救出の瞬間上手いですよね〜(ドキドキでした)。

賑やかなエディの作品もまた製作されるといいですね☆。
Posted by みぃみ at 2012年06月29日 10:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[映画『ペントハウス』を観た(超短信)]
Excerpt: ☆これは、楽しい作品だった^^ 見る前に感じていたようなコメディ作品ではなく、わりと物語に感情移入してしまうような、味のある登場人物の織り成す軟質の娯楽復讐劇であった。 ・・・ニューヨークの超短信マン..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2012-02-27 20:55

ペントハウス / Tower Heist
Excerpt: 超高級マンション“THE TOWER”を舞台に、その“THE TOWER”のペントハウスに住む大金持ち?にお金を騙し取られた人々が、その騙し取られたお金を取り戻そうとする物語。ペントハウスに住むのが1..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2012-02-27 21:09

ペントハウス
Excerpt: ベン・スティラーが珍しく真面目な役を演じてるのと、エディー・マーフィーが久しぶりにチンピラ役なのとで気になってた『ペントハウス』を観てきました。 ★★ コメディーではないけれど、やっぱベン・スティラ..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2012-02-27 21:26

『ペントハウス』 「99%」の逆襲
Excerpt: Tower Heist(film review) 『ペントハウス』の原題はTow
Weblog: Days of Books, Films
Tracked: 2012-02-27 22:37

『ペントハウス』
Excerpt: (原題:Tower Heist) ----へぇ〜っ。 2012年の第一弾がこれ? ちょっと意外だニャあ。 「ん?そう見える? でも、この映画って、 一昔前なら、お正月にピッタリの作品。 とても..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2012-02-28 00:17

ペントハウス
Excerpt: 期待してた程じゃなかったけど、面白かった。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2012-02-28 00:19

ペントハウス
Excerpt: Data原題TOWER HEIST監督ブレット・ラトナー出演ベン・スティラー エディ・マーフィ ケイシー・アフレック アラン・アルダ マシュー・ブロデリック公開2012年 2月
Weblog: 映画 K'z films 2
Tracked: 2012-02-28 01:05

『ペントハウス』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ペントハウス」□監督 ブレット・ラトナー □脚本・原案 テッド・グリフィン □脚本 ジェフ・ナサンソン □原案 アダム・クーパー、ビル・コラージュ キャスト ベン・..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2012-02-28 08:27

ペントハウス ん?ハンドルだけで足りるん?
Excerpt: 【=8 -0-】 前売り券を買っていたくらい楽しみにしていたんだけど、よー考えたら俺、エディ・マーフィが苦手やねん。 映画が始まって少し経ってから、エディ・マーフィが出ていることに気付いた。  ニ..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2012-02-28 10:08

ペントハウス (試写会)
Excerpt: ベン・ステイラー版高層アクション [E:building][E:car] (*≧m≦*)公式サイト http://penthouse-movie.com2月3日公開監督: ブレッド・ラトナー  「ラッ..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2012-02-28 11:52

★ペントハウス(2011)★
Excerpt: TOWER HEIST 全財産は、最上階(ペントハウス)。 この世には タワーに棲める者と タワーに勤める者がいる。 上映時間 104分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東和) ..
Weblog: Cinema Collection 2
Tracked: 2012-02-28 14:53

ペントハウス
Excerpt: ベン・スティーラーとエディ・マーフィ共演で、大富豪に年金財産を騙し取られた使用人たちが逆襲する映画だ。アメリカの所得者を別けると、1%の金持ちと残りの庶民になると言われている。NYで差別解消のデモも起..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2012-02-28 15:18

ペントハウス
Excerpt: 【TOWER HEIST】2012/02/03公開 アメリカ 104分監督:ブレット・ラトナー出演:ベン・スティラー、エディ・マーフィ、ケイシー・アフレック、アラン・アルダ、マシュー・ブロデリック..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2012-02-28 15:41

「ペントハウス」みた。
Excerpt: この作品に過度の期待をしていたわけではないけれど、久々の劇場鑑賞だったことからもう一歩な感じには自分自身に苦笑い。素人が仕返し強盗(?)で悪者をぎゃふんと言わせる系で非常にオーソドックスなストーリー。..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2012-02-28 18:20

ペントハウス
Excerpt:
Weblog: みすずりんりん放送局
Tracked: 2012-02-28 23:13

ペントハウス
Excerpt: マンハッタンの一等地にそびえる65階建てのビル“ザ・タワー”は、一握りの成功者だけが住むことのできる超高級マンション。 ある日、最上階に暮らす大富豪ショウ(アラン・アルダ)が証券詐欺で逮捕され..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2012-02-29 02:19

『ペントハウス』
Excerpt:                                                この世には、「タワーに棲める者」と「タワーに勤める者」がいる。             大富豪 VS..
Weblog: pure breath★マリーの映画館
Tracked: 2012-02-29 22:23

ペントハウス
Excerpt: 48点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「ラッシュアワー」、「レッド・ドラゴン」のブレット・ラトナー、 主演は「メリーに首ったけ」、「ナイトミュージアム」のベン・スティラーです。 ..
Weblog: 我が頭に巣くう映画達
Tracked: 2012-03-27 22:12

ペントハウス
Excerpt: TOWER HEIST/11年/米/104分/犯罪アクション・コメディ/劇場公開(2012/02/03) −監督− ブレット・ラトナー 過去監督作:『ラッシュアワー3』 −製作− エディ・マーフィ ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2012-06-26 21:18

ペントハウス
Excerpt: 金持ちと庶民、この図式はわかりやすい。 金融詐欺事件で使用人たちの年金積立金さえも奪われていたことが発覚し、お金は戻ってきそうにないので厳重に警備されているペントハウスから隠し財産を強奪する..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2012-06-27 09:53

ペントハウス (Tower Heist)
Excerpt: 監督 ブレット・ラトナー 主演 ベン・スティラー 2011年 アメリカ映画 104分 コメディ 採点★★★ 絶対王政や封建制度下にあった中世を舞台にした映画とか観てると、「貴族さんに好き放題されて、..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2012-07-05 10:52

「ペントハウス」 
Excerpt: 新旧コメディキング夢の共演[E:happy01] ニューヨーク・マンハッタンの超
Weblog: ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て
Tracked: 2012-09-03 00:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。