2012年03月07日

映画:「ライアーゲーム -再生-」♪。

平成24年3月7日(水)晴れ

映画:「ライアーゲーム -再生-」



監督: 松山博昭
脚本: 岡田道尚/ 黒岩勉
原作: 甲斐谷忍
音楽: 中田ヤスタカ
製作: 亀山千広/ 鳥嶋和彦/ 市川南
キャスト:
松田翔太 (秋山深一)・多部未華子 (篠宮優)・芦田愛菜 (アリス)
高橋ジョージ (猿川ケンジ)・濱田マリ (坂巻マイ)・要潤 (赤城コウタ)
新井浩文 (桐生ノブテル)・小池栄子 (月乃エミ)・鈴木浩介 (福永ユウジ)
渡辺いっけい (谷村光男)・船越英一郎 (張本タカシ)
ストーリー:
秋山達が勝利して終焉を迎えたライアーゲーム・ファイナルステージ。
だが、大学を卒業したばかりの篠宮優(多部未華子)に、ファイアーゲーム事務局から招待状と現金1億円が届く。
招待状を開封してしまったため、ゲームに参加せざるをえなくなった彼女は、心理学の専門書の著者秋山深一(松田翔太)に助けを求める。
事務局が用意した今回のゲームは、「椅子取りゲーム」。
総額20億円を賭けて20名のプレイヤーが争うというもの。
主催者はΩ(=オメガ)(江角マキコ)。ゲームを仕切るのは、事務局員アリス(芦田愛菜)。
果たして、賞金の行方は…。


「アフロ田中」にも会いたいっ!と、公開を祈りながら、まずは翔太くぅぅんハートたち(複数ハート)(もとい秋山)に会いに劇場へ。

ただの自己中なのかいい人なのか、判別不能の福永の言うとおり、いい男っぷり上がってグッド(上向き矢印)いた、翔太君。
裾緩めカールなヘアスタイルも、ステキ☆。
我が地元うどん県の副知事:要潤氏もご出演。
うどん県.jpg
要君、あなたが一番美味しそう:笑)。
劇中、彼のパーンチパンチに噴いた。戦隊ヒーローまんまやん。
濱田マリさん演じる坂巻にお説教くらってる姿に(≧〜≦))ププッ。
要君、陽な役も、いいね☆。

感想は…。

まさに「極限状態における人間の心理調査」だった。
冷静に考えれば、1Periodで椅子一つ見つけるのみでOK。
全Period必須なら、椅子は二個あれば全員が自由の身。

「ならこんなゲーム最初からやるなよ。」な、桐生の言葉通りなるも、負けると1億円の借金を背負うというシビアな罰どんっ(衝撃)と、20億円を独占できるという甘い蜜プレゼントが、人間の欲望を刺激する。

恐怖と夢の狭間で狂った人心が、ゲームを二転三転、四転五転させる。

欲望の蔓延する中、見事な手腕の秋山。

思わず『「勝つ」って何だろう?』と考え直す、目から鱗な展開に、ほぉ〜と唸ったd(-_☆)。

【老子:倹武第三十】驕れる者は久しからず 。其の事好く還る。を実感。
蘇我氏→藤原氏→平氏→豊臣氏→徳川氏→。。。
遥か昔から繰り返す歴史。自己の利権のみに目が眩むと、必ず滅ぶ。
そして、サクッと秋山を裏切った篠宮も、信じた相手月乃エミ(小池栄子)に裏切られたように、
物事というものは必ずわが身に還ってくるものである。

小池栄子ちゃん、肝は彼女でしょ?の予想通り、エミにあっさり騙されて持論を宣う篠宮に、このあんぽんたんっ!と拳を握りつつ。。。
篠宮を裏切った罪悪感から、意外とあっさり改心するエミにちょこっと拍子抜け…。

迫り来る窮地を、その都度、機会に転換していく秋山に、かっこいい〜*:・( ̄∇ ̄人)。・:* と惚れ惚れ。

「ゲームは勝つだけが目的じゃない。どう終わらせたいかだろう?。」の秋山の言葉。

皆でハッピーを目指す篠宮案。欲で満タンの人心の掌握には、ちょこっと弱いふらふら

そこで登場、最後の砦

このゲーム。
「勝つ事は、最後まで椅子に座る事じゃあない。」

ルールのポイントは、メ・ダ・ル。全てはメダルの所持数次第。
最初に説明があったように、最後の椅子に座った人物のコインを持ってる人にお金が入る。
自分が数多く所持しているメダルの持ち主を、最後の椅子に座らせてお金を得る。
言わば、影の支配者。
最終的な目標が金銭獲得なら、これが1番合理的。

捨てメダルを本命に。負け組を勝ち組に。

静かに佇む姿さえ絵になる翔太君にうっとりしながら、
参加者達の心の変化で、ころころひっくり返るライアーゲームを満喫かわいい

大金と借金の間で人々が蠢く様子を、お金払って楽しむって…。
ある意味事務局側なのかしら〜(笑)。

〜サワコの朝での生物学者:福岡伸一さんのお話。〜

身体を構成する細胞達。
最初から決まった器官になるように生まれる訳ではなく、「君が脳になるなら、僕は肝臓になる。」と、
周りと共存しながら相互作用で成り立っていくらしい。
「僕はこれになるんだ!。」と自己主張する細胞。これこそが癌細胞になるらしい。

もう一つ。

せわしなく活動する働きアリ達。
実はその二割は忙しい振りをしてサボっているらしい。
そのサボっているアリを取り除き、八割にすると、その八割のうちの二割がまたサボり始めるらしい。
一生ぷらぷらしながら生涯を閉じるらしいが、一見何の役にも立たないその二割達は、有事の際の対応要員なんだそう。

・外部との関係性の中で自分の進むべき道を見つける事。
・一見不要なものこそが、実は強い力を持っている事がある。

映画と福岡さんのお話がリンクして、倍楽しめたかわいい

ちなみに、福岡さんお気に入りの曲は、「ALL THINGS  MUST PASS」(ジョージ・ハリソン)。
全ての物は、流れていく。良いことも、悪いことも。物ごとに捉われずにいきましょう(o^∇^o)。

最後に。。。

バーでカウンター三つの椅子が空いてたら、「真ん中を選び、椅子はピンク色。」と答えよう。
翔太君が、守ってくれるはず揺れるハート

次があるなら。。。福永もゲームに登場してくれるといいな☆。


posted by みぃみ at 15:00| Comment(10) | TrackBack(17) | 映画・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結局のところ、桐生のそのセリフがこのゲームを物語っていますよね。
最初からゲームをしなければ良い…。

それでも、騙し騙されの展開は最高に面白かったです。
人間って、醜い生き物なんだなぁ…と(苦笑)
助け合うことの大切さを学びました♪
Posted by BROOK at 2012年03月07日 16:34
こんにちは!
もういいよ、と思いつつもやっぱり見ると面白いんですよね、このシリーズは(^^)
ましてや最後は秋山勝利は分かっているんだけど、それを楽しみにしているわけでもあって、これからも出るたびに見ちゃいそ〜〜〜

バーの椅子の色が「ピンクですかー?」て思ったけれど、思わぬ回答に笑っちゃいました。
でもやっぱり何で椅子がピンク???(笑)
Posted by たいむ at 2012年03月07日 17:03
BROOKさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

費やした膨大な時間、絶望と希望という気分の上がり下がり。
全ては、人の「欲」ゆえ、ですものね。
あの場所にいたら、やっぱり椅子を求めて走り出してしまうであろう自分の煩悩をひしひし感じつつ…。

>それでも、騙し騙されの展開は最高に面白かったです。
おっしゃるように、騙し騙されの立場の逆転劇達、たっぷり楽しみました(^^)。
性善説で生きていかねば!ですよね☆。

Posted by みぃみ at 2012年03月08日 11:02
たいむさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

>バーの椅子の色が「ピンクですかー?」て思ったけれど、思わぬ回答に笑っちゃいました。
同じく!です。
真ん中は納得するも、バーの椅子がピンクはありえないでしょ〜、と。
(大学卒業したばかりのぴちぴちガールのイメージだから?と勝手に納得しましたが。:笑)
ちなみに、鑑賞中の私の答えは、左側で色は「赤」です。
たいむさんは、どうですか?。

>ましてや最後は秋山勝利は分かっているんだけど、それを楽しみにしているわけでもあって

そうなんですよね!。
秋山が勝つのはわかっているものの、そこまでの参加者達の紆余曲折する姿と、勝ち誇っては再び考えて又勝ち誇る秋山が可愛くってかっこよくって観ちゃいます。
たぶん続きがあれば、私も。。。☆。
Posted by みぃみ at 2012年03月08日 11:23
こんにちは♪
秋山が参加してる時点でラストはわかっちゃうんですがそこまでの過程が面白いんですよね。
今回は福永がゲームに参加してなかったのが残念でした。
Posted by yukarin at 2012年03月08日 12:57
yukarinさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

福永、冒頭に登場したので、今回も賑わせてくれるかな?と期待していたので、ずっと見てるだけだったのはちょっと拍子抜けでした。
どうして、金歯と一緒に居るのかも不思議で…。

>秋山が参加してる時点でラストはわかっちゃうんですがそこまでの過程が面白いんですよね。

そうですね!。
必ず秋山が勝って、参加者全員そこそこ万歳。のラストはわかっているものの、もしかして秋山負けちゃう?とハラハラするのが癖になるというか。。。
今回の秋山も、さすが♪でした。

Posted by みぃみ at 2012年03月08日 13:56
こんばんは♪
勝ち残ることが真の勝利じゃないって、深いですよね。
裏切り裏切られ、信頼関係も崩れて孤独になりかけて、そこからの切り替えしは絶妙でした。

キャラクターがありえないくらい濃いのもお約束ですが、気に入っています。
Posted by SUZU at 2012年03月09日 22:06
SUZUさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

>勝ち残ることが真の勝利じゃないって、深いですよね。
周りの事や後々の事も考えて動かないと、勝ったつもりが実は裸の王様。社会生活でも言えますよね。
秋山みたいに周りの事も考えていても、予想外の事が起こりますし…。
諦めず、しっかり起死回生する姿、本当にかっこよかったです。改心した篠宮も(^^)。

濃いキャラクター達も、いいですよね。
Posted by みぃみ at 2012年03月12日 09:44
どおもお!!
そうそう、ゲームなんか、はなっからしなきゃいいじゃん!なんですが、そうじゃなきゃ、映画はできませんもんね。
今の日本、世界に何が一番必要なのか!ということを、ストレートに伝えようとしてるなあと感じました。
Posted by sakurai at 2012年03月15日 20:45
sakuraiさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

>ゲームなんか、はなっからしなきゃいいじゃん!なんですが、そうじゃなきゃ、映画はできませんもんね。
ですよね。それを言ってはなりません。
トントンの平等が一番の解決策になったのは、桐生君、君にも責任があるのよ。
あなたが秋山よりもお利口さんなら、もしかしたら…なぁんて(^^)。

普通にお金の奪い合いと協力関係を楽しみながら、
現実社会の事も考えちゃいました。
エンタメとしてこの映画を観られるような世の中になってくれるといいな☆と思います。

Posted by みぃみ at 2012年03月16日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

劇場鑑賞「ライアーゲーム-再生-」
Excerpt: 「ライアーゲーム-再生-」を鑑賞してきました甲斐谷忍の人気コミックスを松田翔太主演で実写化した大ヒットTVドラマの劇場版第2弾。共演陣に新ヒロインの多部未華子はじめ、芦田...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2012-03-07 16:28

「LIAR GAME REBORN -再生-」みた。
Excerpt: 折角”ファイナルステージ”にてゲームもドラマも綺麗に終わらせていたというのに、何故また蒸し返すような事を・・・と思っていたが、「再生」するとなればやはり気になってしまう。とにかく、秋山さえいれば何度で..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2012-03-07 17:04

ライアーゲームー再生ー
Excerpt: 20人の参加者が20億円の賞金を目指してイス取りゲームをする。閉ざされた密室で繰り広げられる醜い争いと純粋無垢な女子大生篠宮優が、対比になって興味深い。映画館でお金を払って見る価値があった。
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2012-03-07 17:05

映画「ライアーゲーム −再生(REBORN)−」感想
Excerpt: 映画「ライアーゲーム −再生(REBORN)−」観に行ってきました。甲斐谷忍の同名人気漫画「ライアーゲーム」を原作とするシリーズの続編。時系列的にはテレビドラマ版「ライアーゲー...
Weblog: タナウツネット雑記ブログ
Tracked: 2012-03-07 19:05

[映画『ライアーゲーム -再生-』を観た(短信)]
Excerpt: ☆前回の映画版で完結した「ライアーゲーム」だが、私は、かような、多くのヴァリエーションを求めることのできるコンテンツを、すんなりと終わらせることに勿体無さを感じていたら、こうして復活して何より^^ ..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2012-03-07 23:18

『ライアーゲーム −再生−』 遂に出てきた現実解
Excerpt:  【ネタバレ注意】  映画第二弾の『ライアーゲーム −再生−』は、これまで以上にゲームの面白さが前面に出た作品だ。  テレビシリーズや映画前作でお馴染みの、鈴木浩介さん演じるキノコこと福永ユウ..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-03-07 23:40

ライアーゲーム -再生-
Excerpt: 前作同様、面白かった!けど、戸田恵梨香が起用されていないのは寂しい。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2012-03-07 23:56

ライアーゲーム -再生-
Excerpt: ライアーゲーム -再生- 映画で帰ってくるようですね。 一時テレビで人気?となった番組ですね。 深夜放送も最近ありました。 昨日だったかな? 今回はキャストの変更? ..
Weblog: 映画情報良いとこ撮り!
Tracked: 2012-03-08 03:39

ライアーゲーム −再生−
Excerpt: 人気コミック原作のゲームサスペンスシリーズ第2弾です。 前作『ザ・ファイナルステージ』が面白かったで、今回は主人公たちがどんな作戦で ライアーゲームに挑むのか気になっていました。 松田翔太さん演じる秋..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2012-03-08 08:39

ライアーゲーム -再生-
Excerpt: 2012/03/03公開 日本 131分監督:松山博昭出演:松田翔太、多部未華子、芦田愛菜、高橋ジョージ、濱田マリ、要潤、小池栄子、鈴木浩介、渡辺いっけい、船越英一郎 天才詐欺師秋山の奮闘により..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2012-03-08 12:51

ライアーゲーム -新生-(2012-021)
Excerpt: ライアーゲーム -新生- ユナイテッドシネマ浦和 同名原作の映画化第2弾。 前回は原作にないオリジナルゲームで有ったが今回は 原作にあるイス取りゲームが題材に。 原作とは違い今回の映画..
Weblog: 単館系
Tracked: 2012-03-09 22:01

【映画】ライアーゲーム 再生(リボーン)
Excerpt: <ライアーゲーム 再生(リボーン) を観て来ました> 製作:2012年日本 人気ブログランキングへ いつの間にか、映画第2弾が作られていました(笑)。 しかも、ヒロインが変わってるー!今までの..
Weblog: ★紅茶屋ロンド★
Tracked: 2012-03-09 22:06

ライアーゲーム -再生-
Excerpt: ライアーゲームとは、ある日突然、招待状と現金1億円を受け取った人々が、壮絶な騙し合いを繰り広げ、マネーを奪い合うゲーム。映画『ライアーゲーム -再生(リボーン)-』で描かれるのは、原作者の甲斐谷忍も難..
Weblog: やっぱり邦画好き…
Tracked: 2012-03-10 01:00

ライアーゲーム -再生-
Excerpt: ようこそ、禁断の“イス取りゲーム”へ―― 製作年度 2012年 上映時間 131分 原作 甲斐谷忍 脚本 岡田道尚/黒岩勉 監督 松山博昭 音楽 中田ヤスタカ 出演 松田翔太/多部未華子/芦田..
Weblog: to Heart
Tracked: 2012-03-12 21:03

ライアーゲーム -再生-
Excerpt: Data 監督 松山博昭 原作 甲斐谷忍 出演 松田翔太  多部未華子  芦田愛菜  江角マキコ  高橋ジョージ 公開 2012年 3月
Weblog: 映画 K'z films 2
Tracked: 2012-03-13 23:32

ライアー・ゲーム −再生ー
Excerpt: あ、翔太君と新井君の声が似てることを発見!
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2012-03-15 20:45

「ライアーゲーム 再生(リボーン)」
Excerpt: 嘘を見破れ[E:sign03] 甲斐谷忍の人気漫画原作のテレビドラマ「ライアーゲ
Weblog: ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て
Tracked: 2012-12-12 00:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。