2012年05月02日

映画:「テルマエ・ロマエ」♪。

平成24年5月2日(水)雨

映画:「テルマエ・ロマエ」

監  督: 武内英樹
原  作: ヤマザキマリ
脚  本: 武藤将吾
音  楽: 住友紀人
キャスト:阿部寛 (ルシウス)・ 上戸彩 (山越真実)
     北村一輝(ケイオニウス) ・ 市村正親 (ハドリアヌス)
     宍戸開 (アントニヌス)・勝矢(マルクス)
     笹野高史(山越修三)・ 竹内力 (館野)
ストーリー:古代ローマ時代。
斬新なアイデアが浮かばず、失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人と一緒に行った公衆浴場(テルマエ)で水流に吸い込まれてしまう。
目を覚ました場所は、平たい顔の人々が入っている浴場。そこは、日本の銭湯だった。
ルシウスは、平たい顔族=日本人の風呂文化を古代ローマに持ち帰り一躍有名になっていく。


古代ローマ人への配役は、第14代ローマ皇帝に市村さん、次期皇帝候補のケイオニウスに北村さん、皇帝の側近アントニヌスに宍戸さん、浴場設計技師ルシウスに阿部寛さんという何とも濃い顔の面々。
平たい顔族(日本人)に竹内力さんの配役は、不思議…。凹型のくっきり顔だからかな?。
なにはともあれ。。。
ドラマATARUでも共演中の皇帝様と次期皇帝様を愛でに劇場へGO。
teruma.jpg
市村正親さん、「演じているうちに、自分も阿部さんや北村さん達の側の顔だと気付いた」とおっしゃっていますが、「ヴェニスの商人」でシャイロック(彫りの深いユダヤ人)を演じてらっしゃったはず:笑。
120501_130047.jpg をいただいて、いざ、鑑賞。

感想は。。。
面白かった〜v(^▽^)v♪。

まず、お払い箱になったルシウスが、テルマエでもくつろげなくて、「くつろげるのは水の中だけだ」なぁんてブツクサ言いながら潜っちゃう様子が「結婚できない男」まんまや〜んと (*^m^)ププッ。
プッハーと真っ赤な顔して、日本の浴場へタイムスリップしてきたルシウス様。
平たい顔族のまんまる小判もしくは大豆ちゃんみたいな頭のナイスピンポイントな位置設定に、拍手!。
(豊川悦司さんのCM「カゴメ カラダNEXT」を彷彿。は籠位置がベスポジ。) 
大豆みたいな平たい顔族、よく集めたね〜。
1.jpg 
赤い顔したこのおじいちゃん可愛かった〜。見ていると、温かな気持ちになるいい気分(温泉)

8割方埋まった劇場内、私の両親世代の人達が大部分。
前方席に、めっちゃ楽しそうに笑う男性がいて。
その男性の最初のツボは、「ケンシロウ」
アハハハハハっと笑うものだから、その声につられるように笑い声が広がる。
実は、今作上映前に「くるねこ×3D貞子」のコラボ劇場マナー啓発CMが上映されており…。
(CMはこちら。http://kuruneko.fc.yahoo.co.jp/8/1326/
とんでもマナーなにゃんこ達をスクリーンから飛び出した貞子がさらっちゃう〜たらーっ(汗)
てな事で、さらわれたら怖いので(?)、真面目に観ていた人々。。。
要所要所で楽しそうなその男性に乗っかり(私も含めて)メリハリつけて楽しもう路線に転換したらしく。
ほんわかゆったり、たま〜に激流&電気風呂。
締め括りは、シャキッとグダグダWWW(あれ、どこのお堀?)、良い湯を満喫〜ぴかぴか(新しい)

漫画の1巻と2巻を読んでいたので、上戸彩ちゃん演じる山越真実登場や、お猿さんと竹内力さんを、なにげにアレンジ(笑)してある様子に、ニコッ。
真実とルシウス、二人でローマにタイムスリップの時の右上にはBilingualの文字や、
ハドリアヌス皇帝の愛人の胸像(注:アンティノーは男性)や、浴槽内を泳いでいるナイルワニ(口圧2200キロ超らしい)に、ちゃんと「←付の注釈」があるのも楽しい。
原作では、ワニを離したお風呂にハドリアヌス皇帝も「いい湯だな〜♪状態」だと知ったルシウスが、猛ダッシュで皇帝の所へ行き、皇帝は、めっちゃルシウスに怒って、生気を取り戻すのだけど、映画では、皇帝様はナイルワニと一緒に入ってた(愛しのアンティノーの化身がワニって設定だから?WWW。)。
ジャグジーぼこぼこを、下で奴隷さん達が息吹ふいてるの、大変だよね…。

素っ裸で往来に飛び出したり、バスローブをトガ羽織するルシウスに、爆笑〜。
ヘルパーさんと間違われ、背中流してちょーだいな、にお目々を白黒。
ゴキよけスプレー持っての「ザ・考える人」に、クスクスしてたら、てっぱんは、「カーズ2」にも登場したウォッシュレット〜。
使うと、やっぱり気持ちいいのね。
使い方が分からないのだけれど、夏になったら挑戦してみようかな〜。

ルシウス、さすが射的の腕は抜群。
お猿さん追っかける場面。ローマ帝国の存亡がかかってるゆえの、あの壮大なテーマ曲。
一歩引けは、バナナを拝借しただけのお猿さんなんだけど。
そのバナナに帝国の命運かかっているという設定が、何ともユニーク。
矢を射るルシウス。
いや〜ん、お猿さんに当てちゃかわいそう〜。
で、ポンっと矢が命中したのは、こけしのお口。
ある意味、とっても凄いわ〜。

北村一輝さんの、情熱的なちゅっちゅキスマークに、いいな〜揺れるハートと思いながら、やっぱり市村さんも北村さんも権力者な場面大迫力!
女たらしのくせに、ルシウスの首に剣を這わせる場面は、ケイオニウスってば、超残忍な顔なんだもん。
(「あなたの隣に誰かいる」の北村さんも、恐かっこよかった。)

フルーツ牛乳の蓋、私は、針刺して開けてもらってた記憶がある。
湯治って効くのね。
上戸彩ちゃん胸でかっ(ソフトバンクのCMでもローマ人がお風呂いかがですか?と客引きしてる)。
シャンプーハット、一世を風靡したんだよね。懐かしい。

なぁんて思いつつ。。。

洗面器もお風呂の蓋も扇風機も脱衣籠も髪乾かすあれも、当たり前にあったから何の疑問も持たなかったけど日本人って凄いのね。
中学生になって初めての英語の授業で覚えた言葉は「when in Rome, do as the Romans do」(郷に入っては郷に従え)。(だから、英語を勉強するんだよ、君たちは。との事。)
続いて。。。
〜「All roads lead to Rome.」(すべての道はローマに通ず)〜。
・目的までの手段や方法は、何通りもある。

悩んで迷って挫折しそうになるも、目標へ辿り着く為の道程はいくつもあって、
前に進んでいればきっと道は開かれるってメッセージ、良いな〜o(^^o)(o^^)o。

暖かくなってきたし、湯船につかりながらちょっと一杯。
お酒の肴は、温泉卵で。。。るんるん
浴槽の設計は、ハドリアヌス皇帝がルシウスのをアレンジした月夜に輝くあのお風呂がE〜ぴかぴか(新しい)


posted by みぃみ at 11:36| Comment(23) | TrackBack(33) | 映画・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上戸彩さん演じる真実のセリフの“ケンシロウ”は思わず笑ってしまいましたね〜♪
阿部さん、たしか声を担当したことがありましたし、
ちょっとした小ネタだったと思います。

ウォシュレットネタは、自分もまだ未体験なので、
どんな感じなのか気になるところです。
本当に癖になるのでしょうか?

バイリンガルにツッコミを入れつつ、
最後まで面白さを堪能出来ました。
フルーツ牛乳は美味しそうでしたし、
温泉卵も食べたくなりましたね。
Posted by BROOK at 2012年05月02日 12:55
BROOKさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

そうなんです〜!。
ルシウス見た瞬間の第一声が、「ケンシロウ」って(笑)。
そのまま北斗の拳漫画に突入したらどうしようか?と思いながらも、真実の原稿、覗き込んでいました〜(^^)。
阿部さん、ケンシロウに見た目もなんとなく似ているような…。
黒髪、長身、おちょぼ口におっきな目。

BROOKさんもウォシュレット未体験なのですね。
気持ちいいから使ってみてって勧められますが、
以前、お手洗いと自分自身を水浸しにして以来
怖くて使っていません。
便座暖房がとっても気持ちいいので、使ってみたら癖になるのかも、です。

>バイリンガルにツッコミを入れつつ、

あの場面、サクッとあの字幕、上手い事考えたな〜と思いました。見事なややこしや回避手段:笑。

温泉で作った温泉卵、食べたいです〜。
Posted by みぃみ at 2012年05月02日 14:57
ウォッシュレット、良いですよ〜(笑)
・・と風呂ネタではなくトイレネタになってしまいますが、一度お試しあれ。女性的にもアレは良いっす。

シャンプーハットは今も健在なんですよね。私もお世話になりました(笑)
アカスリは韓国モノでなんとなくちょっと悔しかったり?

ネタとしても面白かったけれど、ハットもケロリンも昔懐かしってところでほっこり笑ってしまいますねw

面白い映画としてGWのオススメですね(^^)
Posted by たいむ at 2012年05月02日 18:05
こんにちは〜〜♪

↑のマナー啓発の動画、面白い〜!
声は何気に中谷美紀さんだし〜凄い!(劇場でサンマ焼いちゃ大変だよね〜笑)

ウオッシュレットは、怖かったら水の勢いを弱にしてやってみるといいよ〜。我が家では結構みんな使ってる〜。一応私も・・・

それにしても、あの面白い原作をここまでちゃんと笑える作品にしてるのが素晴らしい。古代ローマ人を日本人(濃い顔の)にしたことが勝因かな〜?
みんなさすがの濃さでした!

私が小さい頃はフルーツ牛乳よりコーヒー牛乳かラムネが定番だったなぁ〜とか思いだしてた。
ラムネだとルシウスまた大変よね。ビー玉から作らなきゃ・・・
ジャグジー担当・奴隷さんたちはかわいそうだったね〜。
Posted by マリー at 2012年05月02日 18:10
TBありがとうございます。

私も、「いか八郎」さんは、お気に入りです☆
いい湯加減のようでした(笑)。

ではでは☆
Posted by yutake☆イヴ at 2012年05月02日 18:29
漫画原作だし、俳優さんたちの演技もツボを心得たものだったんで笑いどころがハッキリしてましたよね。だから見てて笑い易いというかw
それにしても予告編で阿部ちゃんの股間うまく隠したなと思っていたら、あんなに何度も上手く隠してくるとは!前半なんて全裸だらけだし、ファン向け大サービスですねぇ(笑)
Posted by KLY at 2012年05月02日 18:35
みぃみさん、こんにちは!

平たい顔の方々のキャスティングも良かったですよね。
最初に出会うおじいちゃん(いか八郎さん)ってタレントさんだったのですね。
あまりに普通のおじいちゃんだったので、素人さんかと思ってしまいました(笑)。
阿部寛さん、ケンシロウに似てますよね。
あの肉体美だし。
いつか実写映画をやってほしいです。
Posted by はらやん at 2012年05月03日 12:50
こんにちは♪
面白かったですね〜
私も“ケンシロウ”はツボでした。
阿部ちゃんの表情や心の声も爆笑ものでした。
平たい顔族のおじいちゃんたちもいい味出してましたよね。

実は...ウォッシュレットの機能あるのに一度も使ったことないです^^;
Posted by yukarin at 2012年05月04日 10:35
もう配役ですでにおかしくて
ローマ人より顔が濃いじゃないか、と

温泉はいりたくなりますね^^
Posted by おくやぷ at 2012年05月05日 18:43
たいむさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。
お返事、遅くなり、申し訳ありません。

ウォッシュレット、良いんですね〜。
GWの宿泊先、トイレの紙が少なめ(焦)なるも、
ウォッシュレット機能が完備してあって、
これは、使ってみましょ〜♪って事?と、しばし… 。
でも、ボタン押す勇気が無くて、節約しながら紙を使いました(T_T)。
水浸しになっても、すぐ乾く位暖かくなったら挑戦してみます!。

シャンプーハット、流行りましたよね。
頭洗いながら目を開けていられる〜♪と喜んだ記憶があります。

>アカスリは韓国モノでなんとなくちょっと悔しかったり?
そうなんです。これは日本物じゃない〜!っと
私も思いました。
日本のタオルは、汚れも落ちるけど、洗い心地はもっと気持ちいいんだぞ〜!と。

>面白い映画としてGWのオススメですね。
旅の途中、通天閣すぐ隣のサウナ&浴場で、テルマエ・ロマエの宣伝凄かったです。
阿部ちゃんがのれんめくるポスターも貼ってあり、
映画の中身思い出しながら、ニンマリでした〜。



Posted by みぃみ at 2012年05月07日 10:15
マリーさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。
お返事、遅くなってしまい、すみません。

「貞ね子」CM、怖面白いですよね(^^)。
「けいおん」のマナー啓発に次ぐ楽しさです。

濃い顔の方々(笑)、ローマ人でしたね〜。
すんなり街並みにも人波にもなじんでて、日本人なのに外国人に思えるのが、これまた凄かったです。

>フルーツ牛乳よりコーヒー牛乳かラムネが定番だったなぁ

銭湯のコーヒー牛乳、抜群に美味しかった記憶があります。
ラムネもありましたね〜。一気のみするにはけっこう勇気がいったような…。
ちなみに、私は、「マミー」を選んでいました(^^)。

ウォッシュレット、「弱」から…。
頑張ってみます!。
Posted by みぃみ at 2012年05月07日 10:34
yutake☆イヴさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。
お返事、遅くなってしまい、申し訳ありません。

>私も、「いか八郎」さんは、お気に入りです☆
可愛いですよね〜。
ぷっはー真っ赤な顔のでっかい阿部ちゃんの隣で、
ほんのり紅潮したほっぺで話す姿にきゅんきゅんしました。
エンディングにも登場してくれたのが、とっても嬉しかったです(^^)。

いい湯加減♪の映画、湯上がりもほっこりです☆。

Posted by みぃみ at 2012年05月07日 10:39
KLYさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。
お返事、遅くなってしまいました。すみません。

原作漫画で笑っちゃう場面、実写でもしっかり笑わせてもらいました。
「絵」が実際に動く分、出演者陣の力量でさらに楽しませてもらったような気もしています(^^)。

あはは!。阿部ちゃんのあそこ。上手に隠していましたね〜。
おふろの中ではおじいちゃん、外に出た時はおばあちゃんがいい仕事なさっていました〜笑。
阿部ちゃんの裸体祭りも見所でした〜。

Posted by みぃみ at 2012年05月07日 10:46
はらやんさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。
お返事、遅くなって、申し訳ありません。

濃い顔の方々もですが、平たい顔の方々も見事に揃っていましたね〜。
おじいちゃん、一目見て気に入って、入場者特典めくったら掲載があったので、驚くと同時にとっても嬉しくなりました。

阿部ちゃん。
太眉におちょぼ口、ちょこっとちりちりの黒髪、
ビジュアル的にもケンシロウできそうですよね。
GW中に阿部ちゃんの舞台観てきましたが、そこで
ケンシロウな衣装まとっていました〜。
てか、めちゃくちゃ背、高いです〜。
Posted by みぃみ at 2012年05月07日 10:53
yukarinさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。
お返事、遅れてしまい、申し訳ありません。

いろっぽ〜な上戸彩ちゃんのあの恰好の第一声が
「ケンシロウ」!。
もってってくれましたよね〜(^^)。
そうそう!。阿部ちゃん、表に現れる言葉や表情はもちろん、心の声もとっても面白くって♪。

yukarinさんもウォッシュレット、未使用なのですね。
洗ってくれて乾燥までしてくれるのよ〜♪と勧められ、やってみたら家をザブザブにして以来使って来なかったのですが…。
お花畑気分になれるのなら。。。頑張ってみようかな?と検討中です。

Posted by みぃみ at 2012年05月07日 11:04
おくやぷさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

配役も演技もナイスキャスティングでしたね(^^)。
市村さんも北村さんも宍戸さんもちゃんとローマの皇帝や剣士達に見える所がこれまた凄いな〜と。
楽しい映画でしたね♪。

そういえば。。。
5/5はしょうぶ湯の日だったんですよね。
Posted by みぃみ at 2012年05月07日 11:10
こんばんは〜♪

面白かったですねー^^
大笑いしちゃいましたよ!
阿部ちゃんの大まじめな顔が、現代に来てころころ変わるのが面白くって!!
大きな目を見開いて驚く顔も、ウォシュレットでの恍惚な表情も萌え〜♪
おまけにあの肉体美でしょ?
目の保養でホクホクでした^^

北村さんも濃いよねー^^かっこいいけど^^
で、あのチュチュは、観ていてなんか恥ずかしくなるぐらい♪
羨ましいわ^^


Posted by みすず at 2012年05月26日 00:44
みすずさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

私も大笑いしました〜。朝からとっても良い気分になりましたよ(^^)。
そうそう!阿部ちゃんの顔芸、最高です♪。
肉体美に加えて、ぷりてぃなお尻まで拝めて、超お得!。

にゃはは。。。
北村さん、あのお顔で濃いキャラクター演じる事が多くて普段は濃い×2なのですが、
今回、意外とサラッとキャラで安心しました。
夜王の聖也も今回の女好き男役も、どっちもラブ☆なのであります(てへっ。)。


Posted by みぃみ at 2012年05月28日 10:31
こんにちは♪

ウォシュレット機能をあんまり使った事がない方が多いのをみてびっくりです
かくいう私も毎回は使いませんが^;

映画は面白かったですねー!水流にのまれるのをゴム人形+トレイに流すで表現しているシーンがお気に入り♪
「バイリンガル」表示やちょっとした小ネタなんかが楽しい作品でした♪
それにしてもほんと濃い方ばかり集めましたよね。阿部さんなんてローマ人ですっていわれても違和感ないかもw
Posted by maki at 2012年11月10日 11:25

あっ トイレです トレイじゃなくて^;
Posted by maki at 2012年11月10日 11:26
阿部ちゃん良い役貰いましたよね〜。
ローマ人って感じでしたもん。
これはキャスティングが見事でした。
日本の風呂場なんかに一々感動する阿部ちゃんが滑稽でした。
Posted by ヒロ之 at 2012年11月11日 01:53
makiさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

ウォッシュレット、気持ち良いらしいですが、使えません(泣)。
便座がほっこり温かいのは嬉しいです。

そうですね〜。
きちんと作ってある所に、ゆるゆるな飲み込まれ方表現、微笑ましかった〜。

ね♪。濃い方々、薄い方々のセレクト配役も抜群だと思います。
阿部ちゃん、普通にしてたら何人になるのかな?投票、して欲しいかも(笑)。
Posted by みぃみ at 2012年11月12日 13:22
ヒロ之さん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

結婚できない男がツボだった私は、
その役と何気に共通しているフンッと鼻で笑う阿部ちゃんに萌え萌えでした。

日本のお風呂ってすごいんだなぁと映画観ながら改めて思いました。
銭湯に普通にある扇風機や飲み物も、
あたりまえだから気付かなかっただけで、
実は需要を満たしてくれるアイテムだったんだ〜と。。。

Posted by みぃみ at 2012年11月12日 13:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

劇場鑑賞「テルマエ・ロマエ」
Excerpt: 「テルマエ・ロマエ」を鑑賞してきました古代ローマの実直で誇り高き浴場設計技師が、現代の日本にタイムスリップして未知のお風呂文化に驚愕し、その知識を古代ローマに持ち帰ると...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2012-05-02 12:46

映画「テルマエ・ロマエ」を観ました!!(2012-05)
Excerpt: 映画「テルマエ・ロマエ」を観ました!!
Weblog: 馬球1964
Tracked: 2012-05-02 12:54

『テルマエ・ロマエ』 時空を超える秘密
Excerpt:  『のだめカンタービレ』で私たちを大いに楽しませてくれた武内英樹監督が、そこでつちかったノウハウを活かして作り上げたのが『テルマエ・ロマエ』である。  誰もが認める本作の最大の特徴は、そのキャス....
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-05-02 13:40

テルマエ・ロマエみてきました!!
Excerpt: ローマの風呂は日本に通ず--?いや〜笑いました(わはは♪)
Weblog: ★ Shaberiba 
Tracked: 2012-05-02 14:45

「テルマエ・ロマエ」みた。
Excerpt: 特別大ファンと言うわけでもないけれど、原作漫画の既刊分は読了、ノイタミナのアニメ(全3話)も視聴済み。・・ということで、実写映画も阿部ちゃんがルシウスをやるのならばとソコソコ楽しみにしていた。けれど、..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2012-05-02 17:53

テルマエ・ロマエ
Excerpt: 古代ローマ帝国の浴場設計技師が何故かタイムスイップして現代の日本に現れてしまうというヤマザキユリの大人気コミックを実写映画化。監督は『のだめカンタービレ 最終楽章』の武内英樹、脚本を『クローズZER..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2012-05-02 18:11

テルマエ・ロマエ
Excerpt: マンガ「テルマエ・ロマエ」を原作とする映画。ローマが舞台の物語なので、濃い顔の役者を揃えています(笑)。原作は読んだことがありませんが、映画は見に行って見ました。 先にも記しましたが、出てくる日本人..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2012-05-02 18:13

映画『テルマエ・ロマエ』★余韻まで湯ったりおフロ気分♪
Excerpt:       映画レビューです。(ネタバレ表示なし) http://info.movies.yahoo.co.jp/user..
Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
Tracked: 2012-05-02 18:30

『テルマエ・ロマエ』 試写会で鑑賞〜
Excerpt:                   ひとっ風呂、タイムスリップしませんか。 『テルマエ・ロマエ』 監督・・・武内英樹 原作・・・ヤマザキマリ 出演・・・阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍..
Weblog: pure breath★マリーの映画館
Tracked: 2012-05-02 21:00

映画『テルマエ・ロマエ』 観てきたよん(*^。^*)
Excerpt: 原作大好きなんですよね〜 何度も大笑いしてしまうし、何度も読み返したくなる秀作。 過去記事はこちら 果たして、このローマ帝国時代がちゃんとえがかれるのか疑問でしたが、 いや..
Weblog: よくばりアンテナ
Tracked: 2012-05-02 22:24

テルマエ・ロマエ
Excerpt: 上戸彩の鎖骨が色っぽい。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2012-05-02 22:24

テルマエ・ロマエ
Excerpt: Data 監督 武内英樹 原作 ヤマザキマリ 出演 阿部寛  上戸彩  北村一輝  竹内力  市村正親 公開 2012年 4月
Weblog: 映画 K'z films 2
Tracked: 2012-05-02 22:29

テルマエ・ロマエ
Excerpt: テルマエ・ロマエ ローマ人の風呂好きに疑問を抱いた古代ローマ人のルシウスは、悩んでいた。 ある日、友人に誘われ公衆浴場へ行くが、突然、渦に巻かた。 しかも、日本へタイムスリップしてしまっ..
Weblog: 映画情報良いとこ撮り!
Tracked: 2012-05-03 03:41

テルマエ・ロマエ
Excerpt: ヤマザキマリ著のコミックを阿部寛主演で映画化したコミカルな歴史ドラマです。 予告編を何度観ても笑ってしまって、もう絶対に観に行こうと決めていました。 古代ローマと現代の日本を繋ぎながら、歴史&お風呂へ..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2012-05-03 07:41

「テルマエ・ロマエ」 濃ゆい人祭り
Excerpt: 日本の風呂文化というのは世界の中でも類いまれなものだと思います。 江戸時代から銭
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2012-05-03 10:46

テルマエ・ロマエ
Excerpt: 監督:武内英樹出演;阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、キムラ緑子、勝矢、外波山文明、飯沼慧、岩手太郎、木下貴夫、神戸浩、内田春菊、松尾諭、森下能幸、蛭子能収平たい顔族、バン..
Weblog: ハリウッド映画 LOVE
Tracked: 2012-05-03 15:39

テルマエ・ロマエ
Excerpt: 2012/04/28公開 日本 108分監督:武内英樹出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、勝矢、キムラ緑子、笹野高史、市村正親 ひとっ風呂、タイムスリップしませんか。 古代ローマ、..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2012-05-04 09:42

テルマエ・ロマエ
Excerpt: JUGEMテーマ:邦画      日本人を平たい顔族と呼ぶルシウス。    銭湯やショールーム、温泉で起こす行動に..
Weblog: こみち
Tracked: 2012-05-04 21:07

テルマエ・ロマエ 【映画】
Excerpt: もうローマ人でいいじゃないですか まごうことなく古代ローマ人です 期待して懸念もあってでも期待してみたテルマエ・ロマエ 関連記事→「テルマエにきたらこんなものが」「テルマエ・ロマ..
Weblog: as soon as
Tracked: 2012-05-05 18:43

テルマエ・ロマエ
Excerpt: 製作年度 2012年 上映時間 108分 原作 ヤマザキマリ 脚本 武藤将吾 監督 武内英樹 音楽 住友紀人 テーマ曲:ラッセル・ワトソン『誰も寝てはならぬ』 出演 阿部寛/上戸彩/北村一輝/竹内..
Weblog: to Heart
Tracked: 2012-05-06 00:16

「テルマエ・ロマエ」浴場スペクタクル!
Excerpt: [テルマエ・ロマエ] ブログ村キーワード  人気コミック原作の実写映画化。“お風呂”をテーマにした“歴史スペクタクルロマン大作(?)”「テルマエ・ロマエ」(東宝)。阿部寛が、古代ローマ人を熱演!いや..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2012-05-06 22:25

テルマエ・ロマエ(2012-058)
Excerpt: テルマエ・ロマエ MOVIXさいたま ヤマザキマリさんの同名コミックの実写映画化 調べてみると212-1/12〜フジテレビ系列でアニメも放送され 4/13にはBlu-rayとDVDの発売もさ..
Weblog: 単館系
Tracked: 2012-05-07 04:09

テルマエ・ロマエ 私も平たい顔属の1人ですわ
Excerpt: 【=20 -1-】 いろいろとあったGWでした、関越道での高速ツアーバスの大事故で始まり最後は巨大竜巻か・・・しかし素晴らしいことは日本の原子力発電所全てが止まったことだ! 昭和のさまざまな間違いに..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2012-05-07 10:23

テルマエ・ロマエ
Excerpt: ・テルマエ・ロマエ(4月28日より上映中 阿部寛 上戸彩 北村一輝出演)「マンガ大賞2010」「第14回手塚治虫文化賞短編賞」を受賞したヤマザキマリの同名コミックを阿部寛主演で実写映画化。古代ローマ帝..
Weblog: 充実した毎日を送るための独り言
Tracked: 2012-05-13 00:40

映画「テルマエ・ロマエ」感想
Excerpt: 阿部寛の違和感のなさが凄い!!! ローマ人の中にいて、まったく普通に感じられる。 この映画は阿部寛だからこそ成立している。 市村正親のハドリアヌスも絶大なる演技力で違和感も何もか..
Weblog: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
Tracked: 2012-05-13 06:55

『テルマエ・ロマエ』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「テルマエ・ロマエ」□監督 武内英樹 □脚本 武藤将吾□原作 ヤマザキマリ □キャスト 阿部 寛、上戸 彩、北村一輝、竹内 力、宍戸 開、笹野高史、市村正親、    ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2012-05-13 22:13

「テルマエ・ロマエ」:ぬけぬけと(笑)→でも失速
Excerpt: 映画『テルマエ・ロマエ』の大ヒットは企画の勝利ですよねー、ほとんど。だって、古代
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2012-05-13 23:45

テルマエ・ロマエ
Excerpt:  『テルマエ・ロマエ』を観た。  【あらすじ】  古代ローマの設計技師(風呂限定)ルシウス(阿部寛)。  仕事熱心な彼は浴場のアイディアについて悩みまくり、そのあげく現代日本の銭湯にワープ!?  ..
Weblog: みすずりんりん放送局
Tracked: 2012-05-26 00:44

映画「テルマエ・ロマエ」平たい顔民族ガンバレ!
Excerpt: 「テルマエ・ロマエ」★★★★ 阿部寛、上戸 彩、北村一輝、 竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親出演 武内英樹監督、 108分、2012年4月28日公開 2011,日本,東宝 (原題/原作:テルマエ・..
Weblog: soramove
Tracked: 2012-05-27 13:19

テルマエ・ロマエ
Excerpt: テルマエ・ロマエ '12:日本 ◆監督:武内英樹「クローズZERO」「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 ◆出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、市村正親 ◆STORY◆古代..
Weblog: C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
Tracked: 2012-07-09 21:41

映画『テルマエ・ロマエ』を観て
Excerpt: 12-43.テルマエ・ロマエ■配給:東宝■製作国・年:2012年、日本■上映時間:108分■観賞日:5月27日、シネクイント(渋谷) □監督:武内英樹□原作:ヤマザキマリ◆阿部寛(ルシウス)◆北村一..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2012-10-06 22:41

テルマエ・ロマエ
Excerpt: 古代ローマの大浴場と日本の銭湯を繋げるというアイデアが秀逸。漫画原作ですが、原作は読んでいません。 ローマ人役として日本の中でも濃い顔の役者を集めた発想も笑えます。阿部寛、市村正親、北村一輝..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2012-11-10 11:25

テルマエ・ロマエ
Excerpt: 12年/日本/108分/ファンタジー・コメディ/劇場公開(2012/04/28) −監督− 武内英樹 −製作− 亀山千広 −原作− ヤマザキマリ −テーマ曲− ラッセル・ワトソン『誰も寝てはならぬ』 ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2012-11-11 01:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。