2012年05月22日

映画:「ダーク・シャドウ」♪。

平成24年5月22日(火)☀。

映画:「ダーク・シャドウ」



監  督 ティム・バートン
脚  本 セス・グラハム=スミス
原  案 ジョン・オーガスト 、セス・グラハム=スミス
製  作 リチャード・D・ザナック、グレアム・キング 、ジョニー・デップ
     クリスティ・デムブロウスキー、デビッド・ケネディ
撮  影 ブリュノ・デルボネル
美  術 リック・ヘインリックス
音  楽 ダニー・エルフマン
編  集 クリス・レベンゾン
衣裳デザイン コリーン・アトウッド
キャスト
ジョニー・デップ (Barnabas Collins)
 エヴァ・グリーン (Angelique Bouchard)
 ミシェル・ファイファー (Elizabeth Collins Stoddard)
 ヘレナ・ボナム=カーター (Dr. Julia Hoffman)
 ジョニー・リー・ミラー (Roger Collins Stoddard)
 クロエ・グレース・モレッツ (Carolyn Collins Stoddard)
 ガリバー・マクグラス (David Collins Stoddard)
 ジャッキー・アール・ヘイリー (Willie Loomis)
  ベラ・ヒースコート (Victoria Winters / Josette duPres)
ストーリー
 裕福な家に生まれたバーナバス(ジョニー・デップ)は、自分の事を好きな使用人のアンジェリーク・ボーチャード(エヴァ・グリーン)をもて遊んで捨てる。
実は魔女であるアンジェリークは、バーナバスから両親と愛しい恋人ジョーゼットを奪い、さらに、彼をヴァンパイアに変え、生き埋めに。
200年経ち。。。
バーナバスは掘り起こされた棺から脱出。1972年の世の中へと足を踏み入れる。
自宅であるコリンウッド荘園に戻るも、コリンズ家の末裔達は落ちぶれきっていた。
現コリンズ家の女主人エリザベス・コリンズ・ストッダード(ミシェル・ファイファー)、
エリザベスの娘キャロリン(クロエ・モレッツ)、
エリザベスの弟ロジャー(ジョニー・リー・ミラー)、
ロジャーの息子デイビッド(ガリバー・マクグラス)、
住み込みの精神科医ジュリア・ホフマン(ヘレナ・ボナム=カーター)、
使用人のウィリー・ルーミス(ジャッキー・アール・ヘイリー)、
老メイドのミセス?ジョンソン(レイ・シャーリー)、
デイビッドの家庭教師ビクトリア・ウィンター(ベラ・ヒースコート)、
彼等と共にバーナバスは、亡父の「唯一の財産は家族だ」という言葉を胸にコリンズ家の復興を目指すが…。


撮影地はイギリス、吸血鬼に魔女が登場!。って事で舞台設定はバッチリ!。
ちなみに。。。
ドラキュラの外見や特徴の元になっている小説「吸血鬼ドラキュラ」は、ウィットビー生まれ。
エジンバラには、ミステーリースポットを巡り、ゴースト・魔女・ヴァンパイア達との遭遇体験ツアーもあるんだとか。

予告とはうって変わって、冒頭は暗〜い雰囲気、深い森、断崖絶壁まで登場。。。
いやぁん、ホラーなら昼間観たのに。と固まりながら鑑賞(´Д`ノ)ノ。
したらば、「メフィストフェレス」の台詞。ファウストだ〜 o(≧▽≦)oと元気を取り戻し、続く「サタン」の単語に、ど〜なるんだっ?とわくわくするも、その正体は「ヘッドライト点けた自動車」。たぶん、笑うところなのだろう(^^)。
200年というタイムラグを使っての笑う場面達は、ちょこっと微妙💧。
反抗期入ってる音楽好きなキャロリンちゃんが、とっても可愛くって色っぽくって、彼女のリクエストのおかげでサプライズな方の音楽を聴けてラッキ〜🎵。
お母様のエリザベスの盛りまくった外巻きヘアと、娘である彼女のぎゅ〜っと巻き込んだ内巻ヘアが対照的なのも楽しい〜。
1.jpg
カーペンターズのトップ・オブ・ザ・ワールドをほぼまるっと!には、正直驚いたけれど、1970年代、ロックな時代に突如現れた新風だし♪。
どちらかといえばロックなこの映画が、時々垣間見せるポップな面を感じ取る事に、貢献してくれたように思う。
輸血」という伏線で繋がったラストは、続編あるかも?な示唆?。

怖いんだか優しいんだか軟派なんだか堅物なんだか。。。?。
人間の持つ色んな性質が凝縮してあるバーナバスというキャラクターを演じるジョニー。
やっぱり上手い💠。

せっかく再建した会社はもとより、なんとか維持してきた住居まで無くなっちゃったコリンズ家。
「どうするの〜😖。」と嘆く子供達へのエリザベスの「生きるのよ。」という力強い言葉に胸キュン。「唯一の財産は家族」の家訓は、これからも守られていくんだろうな〜。

エンディング間近の女2人プラス吸血鬼の戦いの場面が、「永遠に美しく」とものっそかぶった。
バンバングリュリュンペキペキペキ(敢えて擬音)って、見た目も含め、そのまんまな気が。。。

予告のイメージとはかなり異なり、且つ「こんな吸血鬼見た事ない」事は無いけれど、家族愛を確認する為の紆余曲折にモンスターを絡め、カラフルに描いてあって、楽しめた😃。


posted by みぃみ at 11:31| Comment(24) | TrackBack(41) | 映画・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みぃみさん、こんにちは♪

私もラストのシーン、そのまんま「永遠に美しく」だ〜って思いました(笑)そっくりそのままでしたよね(^_-)-☆

家を再興しようとするジョニーバーナバスは、ほんといいヤツなんだか悪い奴なんだか・・・でしたよね)(笑)外見も含めて、さすがジョニーだ〜って思いました(*^.^*)

続編ありそうなラストでしたが、アメリカでヒットしなかったみたいですから、きっとできないでしょうね(T^T)
Posted by ひろちゃん at 2012年05月22日 15:32
ひろちゃんさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

>私もラストのシーン、そのまんま「永遠に美しく」だ〜って思いました(笑)
ですよねっ!。女性二人の髪型や恰好も似ていて〜。
年上のお姉様2人の対決に参加するには、キャロリンちゃんはまだ若いのね〜、とも(^^)。

映画のバーナバス、ジョニーならではだと思いました。
コメディとシリアスを絶妙のバランスで見せてくれる♪。

>アメリカでヒットしなかったみたいですから、きっとできないでしょうね(T^T)

そうなんですか…。
キャロリンちゃんとロジャーが大人になったコリンズ家の物語、
見てみたいような気もします。
Posted by みぃみ at 2012年05月22日 16:12
予告編はかなり楽しそうな感じがしたのですが、
蓋を開けてみれば、かなりダーク感が漂っていました。
その中に、“笑い”を挟みつつ…♪

やはりラストの戦いは「永遠に美しく」を思い出しますよね?
アンジェリークがまさにそのまんまでした(笑)

そして、オチはホフマン博士がもっていきまいた。
血を吸われたのに、まだ生きていたとは…。
ヒット次第では続編が出来るのでしょうけど、
今の成績だと無理かもしれません。
Posted by BROOK at 2012年05月22日 16:17
BROOKさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

>予告編はかなり楽しそうな感じがしたのですが、
>蓋を開けてみれば、かなりダーク感が漂っていました。

そうなんです。
予告で持つイメージとはだいぶ違い、始まってしばらくは、ホラーかと。。。

>その中に、“笑い”を挟みつつ…♪
所々にある笑いのツボ、見つけるには要じっくりとサラッとの両方があり、
バーナバスが屋敷の仕掛けを見つけるのと同じ楽しさを観る側にくれていたのかも♪なぁんて思います。

「永遠に美しく」の女の戦いは「美」と「男」。
エリザベスとアンジェリークの間にある確執?は何かを知りたい!と観ていて思いました。
続編無理なら、スピンオフとかで。。。って、無謀ですよね。
Posted by みぃみ at 2012年05月22日 16:37
なーんか予告編がすべてな感じもしたけれど、やっぱり通しで見ると、予告編では分からないモノもたくさんありますよねw

人間だったころもイイ奴なんだかヒドイ奴なんだかってバーナバスで、吸血鬼になっても身内には優しくその他大勢にはゴメンと言いながら食い物にしちゃうキケンなヤツ。

私は面白く観られたけれど、世間の評価は「続編否」みたいですかねぇ(^^;

Posted by たいむ at 2012年05月22日 20:40
こんばんは

コリンズ家、
会社も住居もなくなって
しまいましたね。
先行きが不安です。
続編がなかったら中途半端な
感じです。
ジョニーは楽しみました。
Posted by kazu at 2012年05月22日 22:26
こんにちは〜〜♪
ラストのエリザベスの力強さは、「風と共に去りぬ」のスカーレットのようでしたぁ。いつの世も女は前を向いて力強く生き抜くのだ。
(なんか情けない男ばっか出てる映画だったね 苦笑)

バーナバスの寝床が一番笑えたかな〜。棺桶、段ボール、カーテンさかさま、チェスト・・・身体丸めてキュートでしたぁ。
けど撮影大変だったろうなぁ〜〜〜。

冒頭の車のヘッドライト・・・よかったよね?
私、すっかり忘れててみぃみさんの読んで思い出した!
Posted by マリー at 2012年05月23日 09:13
たいむさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

>予告編では分からないモノもたくさんありますよね
ジョニデとティム・バートンのタッグ。
何度も組んでいるので、今回、新境地開拓してみたのかも?なぁんて思います。
私も、楽しめましたよ〜(^^)。
(ジョニーが演じているのですが、時々、ジョニーじゃないように感じたりも)。
実は、他にも色々小ネタが仕込んであったりするのかも☆。

あはは♪。
色恋も吸血も「ごめん」って言いながら欲望のままにむさぼるバーナバス。とんでもないですよね。
なのに、許せちゃうのはなぜなのでしょう。。。
Posted by みぃみ at 2012年05月24日 11:18
kazuさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

せっかく再建した会社も家も無くなっちゃいましたね、コリンズ家。
バーナバスは愛しの人を自分と同じ永遠の命にできたのだから、
次は「家」のために頑張ってくれるかな?と。
水の中で目覚めた彼女、どうなるんでしょうね。
「魔女」がのりうつっていたりして…。
Posted by みぃみ at 2012年05月24日 11:24
マリーさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

なははは。。。
食欲、肉欲、金欲。。。バーナバスも含め誘惑にはのっちゃう男達。
特に、ロジャーには、良い父親になるんじゃなくて、お金もらってでていくんか〜い!と(笑)。

女性陣はしっかりしていましたね。
エリザベスとアンジェリークの間に何があったのか、とっても気になっています。
互いに名前を呼び合う時のあの緊張感!。絶対何かあったはず。

色んな場所で寝ているバーナバス面白かったですね。
画面の端っこの方だったりで、ウォーリーをさがせみたいでもありました。

車VSバーナバス、普通に車がよけってった事に爆笑でした〜(^^)。
サタンとヴァンパイア、どっちが強いんだろふ。。。
Posted by みぃみ at 2012年05月24日 11:35
こんばんは〜!
終わってみればとんでもない人でしたが・・
許せちゃうのがジョニーならではと言えそうですね(笑)
ちゃんと戻ってあげてほしな〜と思いましたが、やっぱ戻らないほうが一族の為・・ですかね〜(わはは!!)


Posted by くろねこ at 2012年05月26日 21:51
くろねこさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

バーナバス、「欲」に正直で、やりたい放題、最後は自分の「愛」へまっしぐら〜、願いを叶えて幸せいっぱい〜。
ほんと、とんでもない人。。。
そんなバーナバスを憎めないキャラクターにできちゃうのは、ジョニーならではなのでしょうね〜(^^)。

バーナバス、「催眠術で思いのままに」という強みがあるので、
コリンズ家及び会社の建て直しには貢献してくれそう。
でも、同じヴァンパイアとなった愛しの人も一緒に戻って来るなら。。。
観ている分には楽しめそうな(コリンズさん達には大事な)
展開になりそうです(^_-)☆。

Posted by みぃみ at 2012年05月28日 10:40
楽しめたようで良かったですね。
アタシは・・・、ほぼ眠気との戦いでした。
なんでしょねえ、ティム&ジョニデにペアに期待を持つのは、ずいぶん前にやめちゃいましたが、ひたすらジョニデさんの人気に頼った感じで。。
もっとはじけた部分とか、きっちりコメディにするとか、どっちつかずで、もっときっちり作ってほしかったです。
70年代の様子は、なかなかよかったです。みんなあんな感じの盛りヘアーでしたわ。
Posted by sakurai at 2012年05月29日 08:08
sakuraiさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

>もっとはじけた部分とか、きっちりコメディにするとか、どっちつかずで、もっときっちり作ってほしかったです。

来るかな〜!と期待が高まったところで方向転換。
この高まった気持ちはおいてけぼりか〜いっ(^^;)な箇所、多かったと思います。
む〜ん。。。な気持ちを盛り上げてくれたのは、ジョニー演じるバーナバス。
バーナバスが憎めないので、ま、いっか〜♪と(←甘々)。
今回、ジョニデが時々ジョニデに見えなくなったのも新鮮でした。
(いつもの濃ゆ濃ゆが、薄めだったので。)

>70年代の様子は、なかなかよかったです。みんなあんな感じの盛りヘアーでしたわ。
カーペンターズ(この映画と合っているかどうかは別として)聞きながら、国内国外共に、名曲は語り継がれるのね〜、と(^^)。
若い子達がしていた盛りヘア、70年代再来なのですね。
一回やってみたくて、美容院の先生にやり方教わったわたくし。
実は。。。ウィッグもあります。
使う機会は。。。未定…です。
Posted by みぃみ at 2012年05月29日 10:24
みぃみさんこんばんわ♪

自分は予告編とか全然観てなかったおかげもあってか、バーナバスの200年分のタイムギャップからくるゆるゆるなユーモアさには結構小笑いしてはいたのですが、反面内容的には不満と言いますか物足りない部分が多かったかもしれませんねぇ・・。コリンズ一族の復興が目的でもありましたから、途中で退場しちゃったロジャーとデイヴィットの親子仲も出来れば修復して欲しかったですし、それに終わり方を観る限りだとなんだかバーナバス個人の問題だけが一件落着したようにも見えちゃいまして、「う〜ん・・」と唸ってしまったのでした^^;
Posted by メビウス at 2012年06月02日 21:26
メビウスさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

おっしゃるとおりゆるゆるなユーモアをちょこちょこ楽しみながらも、
全体的に、キターー!と盛り上がった場所でもがっくんストップかけられちゃうのでちょこっと消化不良。
楽しい要素も多くあったので、もったいないな〜と思いました。

ロジャー親子。
ロジャーママは、全力出し切ったからこれからは会えなくなっちゃいますよね。
お金持ってさよならしたパパにおめめは点でしたが、ああいうパパは
すっからかんになって、ごめんよロジャー、やっぱりお前だけだって戻って来そうです。
もしくは、事業に成功して、めちゃめちゃになったコリンズ家を救いに戻って来たら、とってもカッコイイですよね(^^)。

そうそう。自分の個人的問題が解決したバーナバス。
このまま愛しの人とドロンしちゃいけませんよね!。
彼が戻るまでは、細々とでもやってこれたコリンズ家を、ちゃんと再生してくれなくっちゃ!。
Posted by みぃみ at 2012年06月04日 10:25
みぃみさん、こんばんは!

予告とはずいぶんイメージが違いましたよねー。
バーナバスは変人な感じで描かれると思いきや、一番まっとうな感じでしたよね。
吸血鬼ではありましたけれども。
ジョニデの変な役を期待して観に行くと、ちょっと違うかな〜という感じでしょうね。
ティム・バートンらしい、周囲との異質感を感じているという点で言うと、キャロリンが一番近かったかも。
なんせ正体があれでしたし・・・。
Posted by はらやん at 2012年06月06日 20:40
はらやんさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

>ジョニデの変な役を期待して観に行くと、ちょっと違うかな〜という感じでしょうね。

そうですね。
独特の雰囲気は所々にあり、それがバーバナスを憎めないキャラクターにしているのでしょうが、今回は抑えめだったような…。
恐いところとおちゃめな所のメリハリは、楽しかったです♪。

>周囲との異質感を感じているという点で言うと、キャロリンが一番近かったかも、なんせ正体があれでしたし。

多感な年頃ですし、変身する自分をどうしたものかのもどかしさが
あの反抗方法なのかも?。
最後、身体張ってましたし、根は良い子なんですよね(^^)。
自分の秘密が家族に知れた事で、これからのキャロリン、何か変化があるかも☆。

Posted by みぃみ at 2012年06月07日 13:26
こんばんは〜♪

予告で見せられすぎって感じだった><。
ジョニーだから面白かったし楽しかったけど、普通だったなぁ。
だけど、バーナバスは可愛かった♪
逆さやタンスの中は笑ったわ^^

そうそう、わたしも「永遠に美しく」思ったよー^^;
Posted by みすず at 2012年06月26日 23:33
みすずさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

おっきく期待しちゃう予告映像なので、あれれ?ではありましたよね。

でもでも、何気に「永遠に美しく」は大好きな作品なので、テンションあがりました。
クロエちゃんも可愛いし、色彩も綺麗だし、ちょっと変わり者のキャラクター達もユニーク(^^)。

バーナバスのあっちこっち出現とマイペースっぷりも楽しかったです。
生まれ変わってもおぼっちゃまな彼、憎めません〜。


Posted by みぃみ at 2012年06月27日 14:27
こんばんは〜。

世間ではバートンxジョニデって事で話題になっていたみたいですが、私の中ではクロエちゃんが出ている!って事だけで観たかった作品です(笑)
他の俳優の影に隠れちゃってたらどうしようかと思っていましたが、意外とクロエちゃんの出番が多くて嬉しかったです。
しかし、ラストで唐突にああなっちゃうのにはポカーンではありましたが^^;
Posted by ヒロ之 at 2012年10月06日 03:27
ヒロ之さん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

ヒロ之さん、クロエちゃん満喫なさったのでは?。
たるいよキャラでも雰囲気良く且つキュートでしたよね〜。
最後は、ご愛敬という事で(笑)。
Posted by みぃみ at 2012年10月09日 09:50
こんにちは♪

私はこれ楽しめちゃいました〜
実はマックだったり、自動車だったり、ダンボールで寝たり、彫像が襲ってきたり、笑い度は低かったかもしれませんが、そのぶん全体にユーモラスで面白かったです
予備知識がなかったのが幸いだったのかもしれませんが…。
それにしても、魔太郎が来る!みたいな髪型のジョニデ、オリジナルのバーナバスもこんなペッタリの髪型してたみたいですねっ(笑)
Posted by maki at 2012年10月14日 11:01
makiさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

細かな演出と華やかな配色、良かったですよね(^^)。
私、マックと自動車、そして、「永遠に美しく」もどき、ツボりましたよっ!。

バーナバスの髪型、ポスターで見たときは、驚きましたが、
動き始めるとはどんな恰好してもしっくりくるジョニデ、すごいと思います♪。
(魔太カが来る!に、めっちゃウケ中。。。)。

Posted by みぃみ at 2012年10月15日 09:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

★ダーク・シャドウ(2012)★
Excerpt: DARK SHADOWS 200年ぶりに甦ってしまいました 上映時間 113分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/05/19 ジャンル コメディ/ファ..
Weblog: Cinema Collection 2
Tracked: 2012-05-22 15:50

劇場鑑賞「ダーク・シャドウ」
Excerpt: 「ダーク・シャドウ」を鑑賞してきました「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」はじめ数々のヒット作を送り出してきたジョニー・デップ&ティム・バー...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2012-05-22 16:10

ダーク・シャドウ
Excerpt: 200年の年月をへて1972年のアメリカ東部の小さな港町に蘇ったヴァンパイアが子孫の家族と協力して、呪いをかけた魔女に復讐する物語だ。まさかこんなコメディだとは思っていなかったので、びっくりした。ぶっ..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2012-05-22 17:17

ダーク・シャドウ/DARK SHADOWS
Excerpt: やっぱり、ジョニーデップは、はずせない・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1772年、バーナバス・コリンズは裕福、かつ有力なプレイボーイの荘園所有者として世界を手中に収めていたかに見え..
Weblog: いい加減社長の映画日記
Tracked: 2012-05-22 18:03

映画「ダーク・シャドウ」感想
Excerpt: 映画「ダーク・シャドウ」観に行ってきました。ジョニー・デップとティム・バートン監督が8度目のタッグを組んだ、一風変わったヴァンパイアホラー作品。作中では下ネタな会話と血...
Weblog: タナウツネット雑記ブログ
Tracked: 2012-05-22 19:29

「ダーク・シャドウ」みた。
Excerpt: ティム・バートン×ジョニー・デップの8度目のタッグ作品。毎度お馴染みのようなキテレツなキャラによるダークファンタジー。本当に相性がよいというのか、安定感ある面白さというのか、このゴールデンコンビにハズ..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2012-05-22 20:40

ダーク・シャドウ
Excerpt: 裕福なコリンズ家で育ったバーバナス。 魔女アンジェリークの恨みを買い 魔女によってバンパイアにされ、 生き埋めに… 200年後の1972年、バーバナスは、 堀り出されて復活。 復活したバーバナ..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2012-05-22 22:15

ダーク・シャドウ
Excerpt: 評価:★★★☆【3,5点】(10) 予想と違い意外にも真面目に作られてますね。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2012-05-22 22:42

ダーク・シャドウ
Excerpt: Data 原題 DARK SHADOWS 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ  ミシェル・ファイファー  ヘレナ・ボナム=カーター  エヴァ・グリーン  クロエ・グレース・モレッツ..
Weblog: 映画 K'z films 2
Tracked: 2012-05-22 22:58

ダーク・シャドウ
Excerpt: 試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】吸血鬼が、現代に蘇り、一族のためにが
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2012-05-22 23:10

ダーク・シャドウ
Excerpt: 2012年 アメリカ作品 113分 ワーナー・ブラザース配給原題:DARK SHADOWSSTAFF監督:ティム・バートン脚本:セス・グレアム=スミスCASTジョニー・デップ ミシェル・ファイファー ..
Weblog: pure\'s movie review
Tracked: 2012-05-23 00:00

「ダーク・シャドウ」
Excerpt: ほとんど想定内? 意外な部分での面白さはなかった。
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2012-05-23 00:39

『ダーク・シャドウ』
Excerpt:                   ヴァンパイア・バーナバス フツーでない理由          その1 愛人をフッて、ヴァンパイアにされた          その2 200年ぶりに蘇ったので、時代..
Weblog: pure breath★マリーの映画館
Tracked: 2012-05-23 09:18

ダーク・シャドウ ヴァンパイアの浦島太郎物語(泣)
Excerpt: 【=22 -1-】 ティム・バートンとジョニー・デップの鉄板コンビがお送りする、やからね〜観たくなるやん、どうしても、だから封切りの日に行ってきた、さすがに満員だ。  18世紀半ば、コリンズ家が築..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2012-05-23 10:41

★映画ダークシャドウ感想レビュー★
Excerpt: 劇場版最新作映画 ダークシャドウを試写会で見ました。 <ストーリー・あらすじ> 1772年アメリカ。 バーナバス・コリンズは荘園所有者として裕福な生活を送っていた。 プレイボーイな彼は、使..
Weblog: しろくろ!〜城黒猫のひとりごとログ〜
Tracked: 2012-05-23 21:15

ダーク・シャドウ
Excerpt: ティム・バートン監督&ジョニー・デップ主演のヴァンパイアが登場するファンタジーです。 予告編を観た時から、ジョニー・デップが面白そうなヴァンパイアになっている!と楽しみにしていました。 ダークなのに軽..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2012-05-24 08:59

ダーク・シャドウ
Excerpt: 私の好きなヘレナ・ボナム=カーターの見せ場がほとんどなくて、ちょいがっかり。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2012-05-25 00:51

ダーク・シャドウ / Dark Shadows
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click ティム・バートン&ジョニー・デップ8度目のタッグ そしてジョニーさんの白塗りは何度目?! ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2012-05-26 00:14

ダーク・シャドウ(2012)★★DARK SHADOWS
Excerpt: 好き度:+5点=45点 MOVIX京都にて鑑賞。 ティム・バートン監督とジョニー・デップが8度目のタッグを組み、1960年代に放映された人気TVシリーズを映画化。 皆さんの感想を読む限りはあ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2012-05-26 09:58

ティム・バートン監督 「ダーク・シャドウ」
Excerpt: 6月20日、日曜に観てきたのですが… その後、大腸ポリープを取る為、入院などし、レビューが遅くなりました(:^◇^A オフィシャルサイト⇒http://wwws.warnerbros.co.jp/..
Weblog: 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。
Tracked: 2012-05-26 16:15

「ダーク・シャドウ」:ゴシック!ポップ!キッチュ!
Excerpt: 映画『ダーク・シャドウ』は、またもバートン×デップの顔合わせですが、前作『アリス
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2012-05-26 23:52

「ダーク・シャドウ」
Excerpt:  ティムとジョニーが組んで面白くないわけがない。と思って観にいきました。これを「シザーハンズ」や「チャーリーとチョコレート工場」や「コープスブライド」などなどと比較してしまえば、正直なところ切れ味はや..
Weblog: 首都クロム
Tracked: 2012-05-27 22:04

『ダーク・シャドウ』ジャパン・プレミアム試写会
Excerpt: '12.05.12 『ダーク・シャドウ』ジャパン・プレミアム@TOHOシネマズ六本木 yaplogで当選。いつもありがとうございます! 残念ながらレッドカーペーット・イベントはハズレてしまったけど、..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2012-05-28 00:18

ダーク・シャドウ / Dark Shadows
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click ティム・バートン&ジョニー・デップ8度目のタッグ そしてジョニーさんの白塗りは何度目?! ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2012-05-28 10:30

ダーク・シャドウ
Excerpt: ミシェル・ファイファーの使い方が、もったいなかったなあ。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2012-05-29 08:09

[映画『ダーク・シャドウ』を観た]
Excerpt: ☆予告編の印象からだと、200年前に葬られたヴァンパイアが、現在の没落した一族の下で復活し、過去と現在とのギャップで『テルマエ・ロマエ』風に笑わせつつ、  小さな町(コリンズポート)ながらも栄華を誇..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2012-05-29 22:14

ダーク・シャドウ
Excerpt: 【監督】ティム・バートン 【出演】ジョニー・デップ/ミシェル・ファイファー/エヴァ・グリーン/ヘレナ・ボナム=カーター/ジョニー・リー・ミラー/クロエ・グレース・モレッツ/ガリバー・マクグラ..
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2012-06-02 21:26

【映画】ダークシャドウ
Excerpt: JUGEMテーマ:洋画  ジョニー・デップ主演、ティム・バートンのコンビ作品です^_^ このコンビが好きな方にはたまらんでしょう! 昔、魔女により吸血鬼にされた挙句に200年近く閉..
Weblog: 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記
Tracked: 2012-06-04 12:42

「ダーク・シャドウ」 ティム・バートンなのに前向き感あり
Excerpt: ティム・バートン&ジョニー・デップコンビの作品は本作で8作目! ほんとに相性が良
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2012-06-04 21:19

映画「ダーク・シャドウ」白塗り自慢のジョニー・デップの映画
Excerpt: 「ダーク・シャドウ」★★★ ジョニー・デップ、エバ・グリーン、ミシェル・ファイファー、 ヘレナ・ボナム=カーター、ジョニー・リー・ミラー、 クロエ・モレッツ、ガリバー・マクグラス、 ジャッキー・アール..
Weblog: soramove
Tracked: 2012-06-05 07:23

ダークシャドウ
Excerpt:  『ダークシャドウ』を観た。  【あらすじ】  イギリスからアメリカに移り住んだお金持ちのコリンズ家に生まれたバーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)は、魔女アンジェリーク(エヴァ・グリーン)によっ..
Weblog: みすずりんりん放送局
Tracked: 2012-06-26 23:33

『ダーク・シャドウ』(2012)
Excerpt: ティム・バートンとジョニー・デップ、8本目のコラボ作品だそうです。意識してなかったですが、その内の6本を見てますねー。ということは完全制覇も夢じゃない?(今のところその予定はありませんが) さて..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2012-06-27 21:49

ダークシャドウ <ネタバレあり>
Excerpt:   6月25日に観に行ってきました   いや〜もうコレは楽しみにしてましたよん   ジョニーデップ&ティムバートンは大好きですわ   ..
Weblog: HAPPY MANIA
Tracked: 2012-06-30 00:22

ダーク・シャドウ
Excerpt: ダーク・シャドウ '12:米 ◆原題:DARK SHADOWS ◆監督:ティム・バートン「アリス・イン・ワンダーランド」「チャーリーとチョコレート工場」 ◆出演:ジョニー・デップ、エヴ..
Weblog: C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
Tracked: 2012-08-28 23:33

『ダーク・シャドウ』’12・米
Excerpt: あらすじ時は1972年。200年の眠りから目を覚まし、ヴァンパイアとして子孫の前に現れたバーナバス・コリンズ・・・。解説バートン版トワイライト製作費1億5000万ドルで、アメリ...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2012-09-13 21:19

『ダーク・シャドウ』’12・米
Excerpt: あらすじ時は1972年。200年の眠りから目を覚まし、ヴァンパイアとして子孫の前
Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機
Tracked: 2012-09-13 21:19

ダーク・シャドウ
Excerpt: DARK SHADOWS/12年/米/113分/ファンタジー・コメディ/PG12/劇場公開(2012/05/19) −監督− ティム・バートン 『アリス・イン・ワンダーランド』 −製作− ジョニー・デ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2012-10-06 03:24

ダーク・シャドウ
Excerpt: 評価が芳しくないし、オリジナルである60年代のTVシリーズを知らないのもあってちょっと心配していたんだけれど、ダークでファンタジックな世界観、オブジェがモンスターと化して襲ってくる演出も久々に..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2012-10-14 10:59

【映画】ダーク・シャドウ…(ヤッツケ映画観賞記録6)と夏休みの過ごし方。
Excerpt: 2013年8月13日(火曜日)。この日まで会社の営業日だったのですが、当日夜勤だった私は、会社が休んでも良いというのでお休み。まぁ何回か会社から確認の電話がかかってきたりもしましたけどね。…夜勤明けと..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2013-08-17 23:44

映画 ダーク・シャドウ
Excerpt: JUGEMテーマ:洋画     魔女の嫉妬は恐ろしい。自分の思い通りに行かないから   バーナバスの恋人を殺し、バ..
Weblog: こみち
Tracked: 2014-06-07 21:38

『ダーク・シャドウ』
Excerpt: JUGEMテーマ:映画 制作年:2012年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:118分  原題:DARK SHADOWS  配給:ワーナー・ブラザーズ  監督:..
Weblog: La.La.La
Tracked: 2016-06-04 12:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。