2013年02月26日

映画:「横道世之介」♪。

平成25年2月26日(火)晴れ

映画:「横道世之介」



監  督:沖田修一
脚  本:沖田修一・前田司郎
原  作:吉田修一
音  楽:高田漣
衣  裳:纐纈春樹
ヘ ア・メイク:田中マリ子
キャスト:
高良健吾 (横道世之介)・ 吉高由里子 (与謝野祥子)
池松壮亮 (倉持一平)・ 伊藤歩 (片瀬千春)
綾野剛 (加藤雄介)・ 井浦新 (室田恵介)
國村隼 (祥子の父)・ きたろう (横道洋造)
余貴美子 (横道多恵子)・朝倉あき (阿久津唯)
黒川芽以 (大崎さくら)・ 柄本佑 (小沢)
佐津川愛美 (戸井睦美)・ 堀内敬子 (祥子の母)
ストーリー:
1987年、長崎の港町生まれの18歳。
横道世之介(高良健吾)は、大学進学のために上京。
お人好しの彼の周りには人が集まり、世之介は、祥子(吉高由里子)、倉持一平(池松壮亮)、加藤雄介(綾野剛)達と共に過ごしていた。
加藤や倉持との男同士のつきあい、お嬢様の祥子との恋や年上の魅力的な千春(伊藤歩)へのあこがれ等のある大学生活。。。
数年後、ある事件をきっかけに、世之介との思い出を記憶から呼び覚ました、友人達は…。


自分の事を誰かが思い出した時。。。
会えなくなって寂しいと泣いてもらえる事。
出会えて良かったと微笑んでもらえる事。
どちらも幸せな事なのよ揺れるハート。。。と感じた作品。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

懐かしい事柄が、沢山映像の中にあった目
・女の子の前髪のくるっとカールとすだれ(後にカーポート型)おろし。
使い勝手の良い男性用スプレーを見つけ、秘密兵器とむふむふしてたら。。。
 常盤貴子さん起用のCMが始まり…。
 どんどん女性に浸透していき、何となくショックv(≧□≦)vだった)
・靴下は、レース付き又は三つ折。
・紐は金の鎖、黒色のキルト地バッグ
(某高級ブランドもどき:笑。実はもどきを愛用してたカバン
・上着は、ズボンにIN。
・片付時は、イヤホンコードをぐるぐる本体に巻き付けるウォークマン。

お気に入りは、「ダブルデート関連」と「不気味なお隣さん」の場面。
佐津川愛美ちゃん(体操上手なの)の、ぽっちゃりしもぶくれ&くるくるおめめなお顔と、待ち合わせ場所のオープンカー(Cabrioletと書いてあったような)の宣伝看板に。
脳内BGMは。。。
♪なんてったってアイドル〜赤いコンバーチブルからドアを…。
ロードスター、ビート、カプチーノ、RX7、憧れたな〜。
周りは、スープラやプレリュード乗ってる男の子が多かったような…。

祥子のお父さんの「夢」
「東京湾埋める、ぢゃなくて、東京湾埋める事」。
姿を現した祥子の。。。
お父さんは、國村隼さんっ。お母さんは、堀内敬子さんっ。
お屋敷には、寅、貼付けられて跳んでたし、鹿、首だけになってたし。。。
ほんまに東京湾に埋められそう…((゚Д゚ll))。
「を」と「に」の違いに、笑いすぎて壁にぶつかった祥子の頭に。。。
何かがごんってふってきて、床へとフェードアウトしていったのが面白くて(*σ≧▽≦)σ。
あまりに早い動きだったので何だろってじーっと見ていたら、つばひろ帽子だった。
祥子が普通に拾って、壁にもっかい掛ける仕草も良かった。

死んでるかもしれない(笑)開かずの部屋。
開くはず無い、と油断してたら突然声が…びびったさがく〜(落胆した顔)
出てきたのは…ステキなお兄さん。
意外すぎて、世之介にしがみついて固まってる祥子の気持ち、よくわかったひらめき

千春さん、いつも同じお洋服なのはどうして?。
彼女のお母さんがお手洗いに向かう時、違う方向に行きそうになって心配する二人。
微笑ましかった〜。
私も、よく迷子になるので、共感。ひとつの百貨店なのになんで三つも繋がってるの?。
あっちにもこっちにも同じ会社のビルがあったら、どれがどれかわかんないよ〜。

でっかいスイカをサクッと切ったステキな綾野君。
手でもすっとスイカ割れちゃうのね。かっこいい(。☆◇☆。)。
リズミカルなスイカカットは、サンバのリズム。
じっとしてても気付けばアミーゴ〜るんるんな綾野君。
クールなイケメン君のホットなダンスというアンバランス具合、おもろ〜。

さすがの余さん、どんな役も完璧。
余さんの愛しい息子の思い出を語る母の声と吉高ちゃんの演技に、
ある出来事で縮こまった心がほぐされていって。。。
世之介の撮った、これなぁに?が、わんこちゃんと判ったときには笑顔わーい(嬉しい顔)
きたろうさん、ユーモラス。
「DIVE!!」(森絵都さん)の池松君がパパ役かぁ…と感慨深く。
大好きな映画なの)

誰かの感情的な思いを、ふんわり返す世之介。
当初は、え?その反応?と訝るも。。。
それは、彼の素直な気持ちだとわかり、心を開いていく周りの人達。

きつめのレシーブ打ってこられても、打ち返すトスの優しい世之介。

最期を迎えた時、誰かに泣いてもらえる幸せ。
誰かが自分の事を思い出した時、出会えて良かったなって笑顔になってもらえる幸せ。

色んな形の幸せがあるんだな〜って思った。

華やかに賑わうも儚く散り、でも、記憶にずっと残る春の桜の木みたいな作品ぴかぴか(新しい)

好きだ〜キスマーク


posted by みぃみ at 10:17| Comment(10) | TrackBack(15) | 映画・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みぃみさん、こんにちは^^

面白かったですねぇ、この映画。
あの世之介の生き様の“間”でしょうか、
考えたら160分近くある長尺の大作(笑)だったんですね!
なんか、いい奴がいたよなぁ〜ってふと思い出してしまう、
そんな感じの映画でした。
相当マイペースだけど、憎めない奴って感じで^^
Posted by cyaz at 2013年02月26日 12:29
cyazさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

はい(^^)/。
車で1時間程の場所にある映画館での公開でしたので
上映時間含め5時間の小旅行した甲斐のある映画でした〜。

そうそうっ!。
独特の世之介の「間」。
点になったおめめも、うふふっ♪となれちゃいます。
さすがお嬢様祥子、お目が高いっ!。
世之介は今まであった中で一番デキるって♪気付いてましたもん。

いいもん観れて、幸せです〜☆。

Posted by みぃみ at 2013年02月26日 13:41
世之介とキャラとの台詞の掛け合いが絶妙で、
ホント面白かったです♪
長い上映時間が全く気になりませんでした。
むしろ、もっと観ていたかったです。
そして、心地良さに浸りたかった。

過去と現在を行ったり来たりする演出に最初は戸惑いましたけど、
段々とそれに慣れていき、
中盤で知ることになる世之介の死…
思い出す人もいれば思い出さない人もいる…
それが世の中ってものですよね。

う〜ん…自分もこんな出会いを重ねた人生を送りたいと思いました。
Posted by BROOK at 2013年02月26日 14:26
BROOKさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

ね〜♪。ほっこり度満点の会話(やりとり)でしたね〜。
いつの間にか笑顔になれる世之介パワー、凄いです〜♪。
私も時間が経つ程に映画館が居心地良くなってました。
集中力も増してって。。。
劇場内が優しい笑い声で包まれるのも気持ち良くて。

私も突然のガソリンスタンドにはえ?ってなりました。
あれ、結構強烈でしたよね。。。

一度の人生。。。
相手に世之介のように思ってもらえたり
世之介のような相手に出会えたらステキですよね☆。

ものすごい人が生活している中。。。
何かのきっかけで誰かと出会えるって事自体奇跡なのかも。
奇跡を大切に歩めたら…良いですね(^^)。
Posted by みぃみ at 2013年02月26日 16:18
冒頭、新宿駅近くのデッカイ斉藤由貴に「ああ、この時代かぁ」ってなりました。
でも、ここ、大事ですよね。
まだケータイはなく、貧乏学生にエアコンはまだまだ高根の花って時代。

独特の雰囲気と独特の間。
なんだか微笑ましい・・・・
・・・・んだけど、世之介にはちょっと嫉妬しちゃう感じ。羨ましくて。
無い物ねだりっす(笑)
Posted by たいむ at 2013年02月26日 20:57
こんにちは。ご訪問ありがとうございました!
こういう心が温かくなる邦画に出会えると、
日本人で良かった〜と思ってしまいます♪
折に触れ、見返してみたくなるような作品です☆
Posted by non_0101 at 2013年02月26日 22:36
たいむさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

>デッカイ斉藤由貴に「ああ、この時代かぁ」ってなりました。

「卒業」がヒットして(←私カセットテープ買いましたよ〜)、
世の中好景気、大学卒業していい会社に入り、目指せ!贅沢生活〜♪。
祥子の兄が、まんまバブリーな事にくすっ(^m^)でした。

世之介と世之介の友人達は意外に普通(たぶん:笑)で、
いい人達のいい関係でした♪。
んや。。。世之介の人間性ゆえ。。。周りも…かな?(^^)。

ね♪。
でも、たぶんきっと世之介と周りの人達みたいな時間や関係って
誰もに訪れると思います☆。
Posted by みぃみ at 2013年02月27日 10:41
non_0101さん>こんにちは♪。
こちらこそ、ご訪問に加え、コメント、ありがとうございます。

いい映画でしたね〜(^^)。
世之介の言葉って、こういう考え方もあるんだよ、
というような新たな道を示してくれているようで、
見ている内に心が楽になっていきました。

銭湯でお風呂につかってぽっかっぽか気分♪。
一家に一作品!になったら平和な国になるかな〜☆。
Posted by みぃみ at 2013年02月27日 16:15
大変遅くなりました。
ブログはほとんど放置状態。。。
ペースが戻るのは、いつになるやらですわ。

>きつめのレシーブ打ってこられても、打ち返すトスの優しい世之介。
うまいなああ、この表現。
人って、何やっても憎まれない感じの人もいれば、よかれと思ってやってもわかってもらえない人もいる。
それって、その人への神様の気まぐれな贈り物なんでしょうか。
きっと世之介は、神様に可愛がられたんでしょうね。
そんな風に思えましたです。

でへ、やぱ綾野君だねええ。

Posted by sakurai at 2013年03月23日 21:54
sakuraiさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

わ〜い♪。sakuraiさんに褒めてもらった〜(^o^)。
嬉しいです〜。ありがとうございます!。

おっしゃるとおり。
愛される力、は天性のもの、神様の贈り物なのかも☆ですね。
で、その力で周りを幸せにする。
頑なな心をほぐしてくれる世之介と出会った人達も、
その人達にとって世之介が必要だから、との神様の優しさだったりして。
その出会いをどう使うかはその人次第。。。。
「袖触れ合うも多生の縁」なのかも♪。

綾野君、かっこよかったですね。彼ならモー○ーでもいいっ!。
Posted by みぃみ at 2013年03月26日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画『横道世之介』★世之介さ〜ん「あなたを忘れない」
Excerpt:       映画レビューです(ネタバレ表示なし) http://info.movies.yahoo.co.jp/userrevi..
Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
Tracked: 2013-02-26 12:13

『横道世之介』 2013年2月1,6日 ニッショーホール
Excerpt: 『横道世之介』 を試写会で鑑賞しました。 本日の3本目! 2時間40分という長い映画です。 【ストーリー】  長崎県の港町で生まれ育った横道世之介(高良健吾)は、大学に進むために東京へと向かう。周..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2013-02-26 13:45

試写会「横道世之介」
Excerpt: 横道世之介に出会って、みな幸せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302190003/ ..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2013-02-26 14:13

「横道世之介」(試写会)みた。
Excerpt: 原作は未読。映画『悪人』と同じく吉田修一氏原作とのことだが、今度は“青春小説”を映画化したものであり、『悪人』とはまったくといって雰囲気の違う作品になっている。(監督もタイプが違うし)。ノリだけでいえ..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2013-02-26 20:48

横道世之介
Excerpt: 吉田修一著の同名小説を沖田修一監督が高良健吾主演で映画化した青春ストーリーです。 原作は未読ですけど評判は聞いていたので、この原作で監督&キャストが揃ったら どんな作品になるのだろうと楽しみにしていま..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2013-02-26 22:31

『横道世之介』は、どこにいる?
Excerpt:  小説の登場人物のうちでもっとも重要なのは主人公のはずだが、吉田修一氏は自著『悪人』の主人公祐一に関して、「自分は祐一そのものを書かなかった」と語っている。  小説に主人公が書かれていないのだか....
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2013-03-01 01:00

映画『横道世之介』
Excerpt:  160分という長尺にやや腰が引けていたが、なんとなく評判が良さそうなので、新宿ピカデリーにて鑑賞。  『悪人』の著者・吉田修一さんによる同名小説が原作ですが、『悪人』とは180度テイストの異なる作..
Weblog: 健康への長い道
Tracked: 2013-03-01 01:48

[映画『横道世之介』を観た(試写会)]
Excerpt: ☆ワーナーマイカルでの試写会が当たったので観て来ます。  この作品の時代背景、私の青春と見事に重なっています。  また、私は、主演の高良健吾のような容姿、そして、おそらく、作品で示される世之介のよ..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2013-03-01 08:44

映画『横道世之介』観たよ(*´∀`*)
Excerpt: 原作読んで面白かったので、映画もぜひ!と、 本日2本目の劇場鑑賞です(o^ω^o) 原作の感想はコチラ。 原作にとっても忠実だったと思います。 高良健吾くんの世之介のハマり具合..
Weblog: よくばりアンテナ
Tracked: 2013-03-01 22:21

『横道世之介』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「横道世之介」□監督 沖田修一□脚本 沖田修一、前田司郎□原作 吉田修一□キャスト 高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤 歩、綾野 剛、       余貴美子、きたろ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2013-03-02 07:11

横道世之介
Excerpt:  『横道世之介』を渋谷のHumaxシネマで見ました。 (1)出演している俳優陣に興味を惹かれて見てきました。  映画は、主役の横道世之介(高良健吾)が、法政大学に入学すべく、長崎から上京して新宿駅..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2013-03-10 20:27

映画「横道世之介」原作より映画にリアルを感じた
Excerpt: 映画「横道世之介」★★★☆ 高良健吾、吉高由里子、 池松壮亮、伊藤歩、綾野剛、 きたろう、余貴美子出演 沖田修一監督、 160分、2013年2月23日より全国公開 2013,日本,ショウゲート (原..
Weblog: soramove
Tracked: 2013-03-13 22:52

「横道世之介」:いい人&喪失感
Excerpt: 映画『横道世之介』、評判がいいですね。確かに愛すべき作品かとは思いますが、もっと
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2013-03-16 01:10

横道世之介という人
Excerpt: 27日のことですが、映画「横道世之介」を鑑賞しました。 長崎県から大学に進むために東京へ上京してきた 横道世之介 彼と周囲の人々のエピソードが描かれる まさに横道世之介 その人の魅力に尽きるかと ..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2013-03-18 20:57

横道世之介
Excerpt: 修一コンビだ!
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2013-03-23 21:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。