2013年09月10日

映画:「マン・オブ・スティール」♪。

平成25年9月10日(火)晴れ

映画:「マン・オブ・スティール」

監  督:ザック・スナイダー
脚  本:デイヴィッド・S・ゴイヤー
原  案:デイヴィッド・S・ゴイヤー 、 クリストファー・ノーラン
キャスト:
クラーク・ケント:ヘンリー・カヴィル
ロイス・レイン:エイミー・アダムス
ゾッド将軍:マイケル・シャノン
ジョナサン・ケント:ケビン・コスナー
マーサ・ケント:ダイアン・レイン
ペリー・ホワイト:ローレンス・フィッシュバーン
ファオラ:アンチュ・トラウェ
Lara Lor-Van:アイェレット・ゾラー
ハーディー大佐:クリストファー・メローニ
ジョー=エル:ラッセル・クロウ
スワンウィック将軍 ハリー・レニックス
ストーリー:
マーサ(ダイアン・レイン)とジョナサン(ケビン・コスナー)の夫婦に育てられたクラーク・ケント(ヘンリー・カビル)。クラークは実はクリプトン星に生まれ、星の滅亡を予測したジョー=エル(ラッセル・クロウ)が地球に送った彼の息子だった。幼い頃よりクラークは周囲の人々とは違う特殊能力を持っていることに苦悩していた。ある日、成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と対峙することになり…。


・思わず照れちゃってたパンツは封印。
・洗濯物がたなびく中聞こえる声は、明と暗どっちなんだろう?。
上記2点のみの情報で、鑑賞。

抜群の安定感で登場人物を演じている出演者さん。
キャラクター達各々が印象的なので、この役は誰?とそれぞれを確認していく…。

レミゼでブルドックみたいだったラッセル・クロウが、賢者なお父さんジョー=エル。
年を重ねても香しさ漂うマーサに、ダイアン・レイン。
綺麗な顔して脱いだら凄いんです!な、ヘンリー・カビル。
的確な判断の冴えるハーディー大佐に、クリストファー・メローニ
そして…、父として男として尊敬に値するジョナサン役に、ケビン・コスナー等々。

なるほど。。。

配役と使い方が「正しい答え」だからこその満足感!。

御主人様の為に全力飛行したハラカ、
生きるために頑張ったわんこ&マーサとカル=エルの傍にいるわんこ、
ララと最期を共にした銀色のコンピューター(?)も…。
うるうるした(T^T)。

微妙な立ち場の同級生。
使命を持ったロボット的な目的で生み出され、その役割を全うしようとしているゾッド将軍と部下達…。
取り纏める者として、最善の策を選ぶ編集長。
助かりたい、と泣き叫ぶ女性。
軍人としての任務と誇りに邁進した大佐。

それぞれの立場に対し、感情移入でき、様々な気持ちを楽しめる(^^)。

悩み発生からの過程をスルーして結末に持っていく作品も多い中
(どうやって解決したのか、そこが知りたいのに)、
直面した問題への対処・解決に向かうまでの葛藤諸々が、きちんと描いてあったのも好感が持てた。

ロイスがジョーの「右、左、拾え、撃て、頭を左へ」の指示通り動いて脱出するのも、AVGのコマンド入力しているみたいで、面白く、テンションが上がったグッド(上向き矢印)
ウィルやアルファ(ゲーム)っぽかったんだもん。

丁寧なお仕事…かわいい

映像は、時々眩しいものの(←コンタクトなんだもん。反射するのよ。)、スピード感も壊しっぷりも、派手だった。
(電気消えて砂嵐なテレビから声TV、の時は、貞子みたいに、ぐわぁっと何か画面から出てくるんじゃないか?とハラハラしたがく〜(落胆した顔)

ぽいって投げられたら、ビル貫通は当たり前、山も突き抜けて、地球の外まで飛んでいく。
宇宙に浮かんでる人工衛星?探査機?を箪笥か何かみたいにひょいと掴んで放り投げる。

地球人全体を守る為なら一部の犠牲は仕方ないという姿勢は、お国柄を反映?と、長〜い似たような場面の繰り返しには、ちょこっと萎えた。

今回乗っ取られそうになったのは地球で、地球人VS宇宙人だったけど、自分達の種族繁栄の為に他の種族を排斥する行為は、これまでも今も地球内のあちらこちらで行われてた(る)もんね。

異なる種族の間において、共存(←今回は片方抹殺の必要があったけど)の為の懸け橋となるクラークみたいな人は、実際問題、平和な地球の未来の為の希望なのかもしれないと思った。

「S」を合言葉に、皆の笑顔が繋がるといいなハートたち(複数ハート)

内緒の話:
このおっちゃん好みキスマーク
鼻から首にかけてのラインと鋭い眼光、品の良さそうな雰囲気、もしかして彼?と思い、鑑賞後確認したらケビン・コスナーだった。
農夫さんというより、学者さんか研究者さんぽい、と思ったわけだ…(笑)。

久しぶりに姿を見られて、嬉しかったO(≧∇≦)o。

追記:
2020年のオリンピックとパラリンピックの開催地が東京に決まりました。
スポーツのSも希望のSという事で、明るい未来が来ますようにぴかぴか(新しい)

前情報無しで自分で補完しながらの鑑賞も色々楽しいと思った今回また、や〜ろうっと。


posted by みぃみ at 09:21| Comment(18) | TrackBack(25) | 映画・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アクションは圧巻のひと言ですね♪
クラークも将軍もどちらも力があるので、
とにかく派手に壊しまくりでした。
そこがちょっとツッコミどころもあるような…。

ケビン・コスナーの演技は良かったですよねぇ。
ウルウルしてしまうシーンもあり。

次回はバットマンとの共演…
今から楽しみです!
Posted by BROOK at 2013年09月10日 12:33
みぃみさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

僕は赤パンの方が良かったかなぁ(笑)
それにしても、ケビン・コスナーと
ダイアン・レインが父母役とは・・・。
時代の流れですねぇ、ホント(笑)
Posted by cyaz at 2013年09月10日 12:39
BROOKさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

二人共さすが宇宙人!でしたね。
鍛錬を積んだ将軍、自力で飛んでましたし…。
クラークやばいんじゃないか、とハラハラしました。
武器として使う物も、超越してて…。
あの周辺にいた人達の無事を願います。

ケビン・コスナー、良かったです。。。
かっこよくって思慮深くて、覚悟も持ってて。ステキなお父ちゃんでした。

次作のバットマンとの共演、わくわくですね♪。
私も楽しみです。
Posted by みぃみ at 2013年09月10日 12:59
cyazさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

スーパーマンの赤パン、
日本のふんどしと同じ意味合いを持つみたいな話、
あったような気がします。
赤パン、いいんです!。
でもね、装着の仕方次第で…以下自粛。。。真っ直ぐ見られないんです、私…。

とうとう、あんな大きな子供を持つようになりましたね〜、ケビンさんもダイアンさんも。
お二人共、年を重ねても美しくて、賢人な役も合ってました。
役柄の温かさと醸し出す品の良さにもうっとりでした。

Posted by みぃみ at 2013年09月10日 13:06
こんにちは♪
キャストが豪華でしたね。
お父さんがケビン・コスナーにラッセル・クロウだなんて〜
今回はガラッとコスチュームもかわってカッコ良くなってましたね。さすがに赤パンツは、、、

ケビン・コスナーは久しぶりに見たけど素敵でした。
あの竜巻のシーンは泣けましたわ〜。
Posted by yukarin at 2013年09月10日 13:11
yukarinさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

クラーク、豪華な親、持ちましたよね〜。
高潔なお父さんの血を引いて、
人として真っ当な両親に育てられて…。
美人で賢い恋人もゲットして。。。
これからも、立派なヒーローであって欲しいです。
コスチュームも恥ずかしく(?)なくなりましたし(笑)。
あのむっき〜ぴったんこなら、萌えられます(^^)。
(ちょこっと楽しいですが…)

キャスト情報無しで見に行ったらおよよん♪な状態で一人うはうはしてました。

ケビン・コスナー、久し振りですよねっ。
yukarinさんもステキって思ってらした事、嬉しいです。

ね、竜巻の場面、助けられるのに助けてもらえるのに、お互い堪える…。

起こすべきでない奇跡は起こしちゃいけないなんて〜…。
なんとも切なかったです。
Posted by みぃみ at 2013年09月10日 14:27
ケビン・コスナーはいい感じに年を取ってますよね。
農夫にするのは勿体無いだけど、重要な役どころだしぴったりでした。
むっちゃ美味しい見せ場がありましたしね(笑)
Posted by たいむ at 2013年09月10日 16:53
たいむさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

>ケビン・コスナーはいい感じに年を取ってますよね。
はい。見た目も持ってる雰囲気も、
品良く年を重ねていらっしゃるように思いました。

宇宙船の保管&整備から使ってる素材の種類まで調べる様子が
違和感無く見られたのは彼ならでは!かもしれません。
(途中、農夫の前は何をなさってたの?という疑問はわきましたが:爆)

美味しい見せ場??、何でしょう〜〜?。
もしかして、見逃したかもっ!!!。
Posted by みぃみ at 2013年09月11日 15:49
みぃみさんの記事読んで映画が蘇って来ましたよ。
この映画、予想以上に良かったです。
スポックの髪型真似たゾッド将軍にも切なさを与えるんだからノーランもなかなかやりますね〜(笑)

海中で放心状態の男を背中から映すカットって意外に映画でよく使われることを思い出しました。
ワタシが監督だったらいちどジョナ・ヒルでやらせてみたい(脂肪で沈まないかな)^^;
Posted by ituka at 2013年09月11日 21:11
itukaさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

大スクリーンといえばどっかんどっかんな外向きに加えて、
人間模様等の内側もしっかりあったのが嬉しかったです。

わはは♪。
スポックたんは人間との混血。
彼に憧れて髪型真似したゾッド将軍は、
自分と同じ純潔種なのに
人間から血より濃い絆をもらったクラークが
羨ましくて嫉妬してたりして〜〜(冗談です)。

おっしゃるとおり、
海(水)の中の場面、色んな作品で見かけますね。
映画製作業界で、なにかいわれがあったりするのでしょうか。。。


え?ジョナ・ヒルを海に??。
コメディー採用なら、沈んでも沈まない君に一票!。

彼が、ちゃんと海中にいたら、かなりのインパクトありそうですね。
どんな大変な事が起こったんだろう?と、ドキドキしそうです。
Posted by みぃみ at 2013年09月12日 11:34
みぃみさん、こんにちは!

今回のスーパーマン、最初はいまいち感情移入しにくかったですが、ラストの戦い終わったあと、彼が背負っているものをしっかりと感じられぐっときました。
次回作はどうなりますかね。
バットマンとの対比をどう描くか楽しみです。
Posted by はらやん at 2013年09月14日 07:48
ゴメン〜コメント遅れてた・・・
たくさんいいことが書いてある、みぃみちゃんの記事で一番気になったのが
>レミゼでブルドックみたいだったラッセル・クロウ
確かに確かに!!(笑)そうだったわ〜〜。
今回はいい味出していたよね。賢者!ってカンジ。

ケビン・コスナーもさすがの存在感。
この2人がパパって設定もOKだし〜ママのダイアン・レインももったいないぐらいの使い方。
ステキだった。

お話はヒーローの悲哀から、希望へと向かってて明るい未来が見えた気がします〜。
Sってこらからは「希望」だね!

赤パンがないとちょっと恥ずかしい〜ねっ(爆)
Posted by マリー at 2013年09月16日 14:18
はらやんさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。
お返事、遅くなってしまい、申し訳ありません。

スーパーマンは、何でも出来て、陰の部分が無いから
superなmanなんだという印象が強いです。
困った事が無いから、やりたいように自由に行動し
迷惑かけて周りから疎外されていく、みたいな…。

異端の者として抱えてる闇、あったのですね。
その闇を光に導いたのは、たぶん4人の親達だと思いました。

決意を固めたスーパーマンと一方のバットマン、どう描くのでしょうね。
私も楽しみです☆。





Posted by みぃみ at 2013年09月19日 11:30
マリーさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。
お返事、遅くなってしまい、すみません。

そうなんです!。
左右の頬はびよよん、おめめもうつろなレミゼラッセルが、賢者っ!!!。
なんて気高いんだっ!とギャップにやっぱすごい!と思いました。

姿形は美貌の母親似、
基本的な倫理はケビンパパさんに教わって、
なんかあったらラッセルパパさんが手をさしのべてくれて、
大きくなったらレインママさんに包んでもらって。。。
幸せ者ですよね♪。

次作でも、いい方向の「希望」感じさせてくれたらいいな☆と思います。
Posted by みぃみ at 2013年09月19日 11:40
みぃみさん、こんばんは!
凄く楽しめました。
ノーラン監督が関わっているだけあって話が凄くダークでしたが、緊迫したストーリーには引き込まれましたねぇ。
白熱した戦いも良かったです。
何より今回のスーパーマンもカッコ良かった!!
ケビン・コスナーの最期には感動しました。
Posted by ヒロ之 at 2013年12月20日 01:38
ザック・スナイダー×クリストファー・ノーラン×ハンス・ジマーは反則ですよ
面白い&感動するに決まってるじゃないですかぁ
…てなことで、ラストの絶叫のあたりでじわっときちゃいました。
敵であれ、殺さなければならなかった。その嘆きが伝わってきましたよね
涙を流すスーパーマンなんて今まで想像した事もなかったけど、カヴィルさんのスーパーマンはどこか母性本能をくすぐる好青年で好感がもてました
Posted by maki at 2013年12月20日 09:19
ヒロ之さん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

いいものみたな〜♪と思える作品でした。
そうなんです!、辛気くさいんではなく、ダーク。。。
ちゃんと話に深みがある。。。

戦い、凄かったですね〜。
スーパーマンしっかり〜!と力入りました。
ゾッド将軍も信念に生きる男な感じでよかったです。

ケビン氏、ならではの気品あるお父さん且つ最期でした。切なすぎて涙が。。。
Posted by みぃみ at 2013年12月20日 10:10
makiさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

タッグ効果、抜群でしたね〜♪。
考えたり燃えたり感動したり、盛り沢山な感覚を味わえる作品でした。

終盤、切なかったですね…。
仲間なのに共存できない…。。。
ものすごい苦悩だったと思います。

そうそう、可愛かったですねカヴィル君。
優しいお母さんにぎゅ〜してもらってる姿も微笑ましくて。。。
スーパーマンとして生きる彼のその後も観てみたいです。
Posted by みぃみ at 2013年12月20日 10:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マン・オブ・スティール (試写会)
Excerpt: クリプトン生まれで地球育ち公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/manofsteel8月30日公開 製作: クリストファー・ノーラン監督: ザック・スナイダー  「30..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2013-09-10 10:06

マン・オブ・スティール
Excerpt: クリストファー・ノーラン脚本、製作、 ザック・スナイダー監督によって、 新たに制作された「スーパーマン」、 誕生からスーパーマンになるまでを描いています。 スーパーマン、クラーク・ケントには、 ..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2013-09-10 11:23

『マン・オブ・スティール』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「マン・オブ・スティール」 □監督 ザック・スナイダー □脚本 デビッド・S・ゴイヤー□キャスト ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2013-09-10 12:03

劇場鑑賞「マン・オブ・スティール」
Excerpt: 「マン・オブ・スティール」を鑑賞してきました2D字幕版を。DCコミックスが誇る最強のスーパー・ヒーロー“スーパーマン”を、クリストファー・ノーラン製作・原案、ザック・ス...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2013-09-10 12:28

マン・オブ・スティール(3D吹替版)
Excerpt: 【MAN OF STEEL】 2013/08/30公開 アメリカ 143分 監督:ザック・スナイダー 出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レ..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2013-09-10 12:58

「マン・オブ・スティール」みた。
Excerpt: クリストファー・ノーラン製作でザック・スナイダー監督の新生スーパーマンが始動ということで、とても楽しみにしていた作品。最初は3D鑑賞も考えていたけれど結局2D字幕で鑑賞。3D効果を意識した作りになって..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2013-09-10 16:53

映画『マン・オブ・スティール』
Excerpt:  最初にこの映画のことをフライヤー(チラシ)で知ったときには「またスーパーマンかぁ〜。アメリカ人も好きやねぇ〜」と思ったのですが(そういう自分もいまだにヤマト、仮面ライダー、ウルトラマンが好きだったり..
Weblog: 健康への長い道
Tracked: 2013-09-10 23:44

映画『マン・オブ・スティール』★それでこそ“スーパーマン”なラストへ(^_-)-☆
Excerpt:         作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157426/ ..
Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
Tracked: 2013-09-11 17:34

マン・オブ・スティール
Excerpt: 評価:★★★★☆【4,5点】(10) 地球外知的生命体による侵略モノとしても一級品!
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2013-09-11 19:23

マン・オブ・スティール(3D字幕) / Man of Steel
Excerpt: ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウと言う錚々たるメンバーが出演していますし、制作/原案にはクリストファー・ノーランも参加。なんか、それだけでも凄いことになっています。 凄いのは出演..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2013-09-11 22:05

マン・オブ・スティール
Excerpt: スーパーマンって目からビーム出るんだ!知らなかったよ!
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2013-09-11 22:32

[映画][☆☆☆★★]「マン・オブ・スティール」感想
Excerpt:  1938年登場以来幾度となく映像化されてきた、世界初のアメコミヒーローにして、出版元のDCをはじめ全てのヒーローの代表的存在ともいうべき人気コミックスを、「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン..
Weblog: 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
Tracked: 2013-09-12 19:13

「マン・オブ・スティール」 人類は成長することができるのか
Excerpt: なかなか感想を書きにくい作品だなと思いました。 今までのアメコミのヒーロー映画と
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-09-12 22:18

[映画『マン・オブ・スティール』を観た]
Excerpt: ☆面白かったし、王道の傑作でしょう。         プロデューサーの関係で『ダークナイト』的なノワール感があるように語られていたが、そんなことはなかった。  先ず、リブート物なので、その生い立..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2013-09-13 08:13

「マン・オブ・スティール」:速っ!強っ! そしてダイアン
Excerpt: 映画『マン・オブ・スティール』には赤パンツではないスーパーマンが出てきます。ボデ
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2013-09-15 23:43

『マン・オブ・スティール』(2013)
Excerpt: 「スーパーマン」は1978年に超大作映画『スーパーマン』が作られ、以後『スーパーマンII/冒険篇』(1981)、『スーパーマンIII/電子の要塞』(1983)とシリーズ化され、外伝の『スーパーガール』..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2013-09-16 01:34

『マン・オブ・スティール』2D字幕
Excerpt:         初めて明かされる、ヒーロー誕生の瞬間!              一人の男が“スーパーマン”になるまでの物語。 『マン・オブ・スティール』 監督・・・ザック・スナイダー 原案・..
Weblog: pure breath★マリーの映画館
Tracked: 2013-09-16 14:33

『マン・オブ・スティール』(2013)
Excerpt: 「スーパーマン」は1978年に超大作映画『スーパーマン』が作られ、以後『スーパーマンII/冒険篇』(1981)、『スーパーマンIII/電子の要塞』(1983)とシリーズ化され、外伝の『スーパーガール』..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2013-09-19 20:41

マン・オブ・スティール
Excerpt: 試写会(3D字幕)で観て来ました。久しぶりに梅田ブルグに行ったら、ロビーの雰囲気が変わってた。予告を観たスーパーマン誕生までの感動のお話なんだろうと期待は高まるばかりだったんですが。。スーパーマンの故..
Weblog: はるみのひとり言
Tracked: 2013-09-19 22:37

超人として生きる道
Excerpt: 2日のことですが、映画「マン・オブ・スティール」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて あのスーパーマン誕生の物語といえ 「バットマン ビギンズ」のスーパーマン版といえば わかりやすいか まさに 新..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2013-09-22 02:53

マン・オブ・スティール(3D日本語吹替版) 監督/ザック・スナイダー
Excerpt: 【出演】  ヘンリー・カヴィル  エイミー・アダムス  マイケル・シャノン  ケヴィン・コスナー  ラッセル・クロウ  ダイアン・レイン  ローレンス・フィッシュバーン 【ストーリー】 ジョー・エル..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2013-09-23 19:49

映画「マン・オブ・スティール」闘いのシーンがスーパー眩しくてよく分からない
Excerpt: 映画「マン・オブ・スティール」★★★★ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス ケビン・コスナー、ダイアン・レイン ラッセル・クロウ、ローレンス・フィッシュバーン出演 ザック・スナイダー監督、 143分..
Weblog: soramove
Tracked: 2013-09-29 10:01

映画:マン・オブ・スティール Man of Steel 今作一押しは=エイミー・アダムス、という結論に(笑)
Excerpt: なんたって製作は、クリストファー・ノーラン(「バットマン3連作) で監督は、ザック・スナイダー(「300」「ウォッチメン」「エンジェル ウォーズ」) 凄いメンツ。 にもかかわらず... 当ブロ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2013-09-30 02:32

マン・オブ・スティール
Excerpt: MAN OF STEEL 2013年 アメリカ 143分 アクション/SF/アドベンチャー 劇場公開(2013/08/30) 監督:ザック・スナイダー『ウォッチメン』 製作:クリストファー・ノ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2013-12-20 01:40

マン・オブ・スティール
Excerpt: 海外ドラマ「ヤングスーパーマン」を(途中まで)見てるからか途中まではなんか違和感あったわ(笑) やはり、地球の父母ジョナサンとマーサ・ケント夫婦の普通の倫理観から正義感が培われているんだなあ..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2013-12-20 09:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。