2013年10月22日

映画:「人類資金」♪。

平成25年10月22日(火)晴れ

映画「人類資金」

監  督:阪本順治
プロデューサー:椎井友紀子
原  作:福井晴敏
脚  本:阪本順治・福井晴敏
キャスト:
佐藤浩市:真舟雄一 ・香取慎吾:“M”
森山未來:石優樹・観月ありさ:高遠美由紀
岸部一徳:本庄一義・オダギリジョー:鵠沼英司
寺島進:酒田忠・三浦誠己:辻井
石橋蓮司:北村刑事・豊川悦司:ハリー遠藤
ユ・ジテ:遠藤治・ビンセント・ギャロ:ハロルド・マーカス
仲代達矢:笹倉暢彦
ストーリー:
1945年、敗戦を不服とする反乱兵たちが日本軍の秘密資金を持ちだしていた。
総量600トンにも及ぶ金塊を回収しに来た笹倉雅実大尉は、この先、資本という怪物を相手に戦うことになると見据え、金塊を軍に戻さず海へ沈める。
2014年、父と同じくM資金詐欺の道を進む真舟雄一(佐藤浩市)は、相棒の酒田(寺島進)といつものように交渉を進めようとしたところ、彼を追っている北村刑事(石橋蓮司)が現れる。逃げようとする真舟に石優樹(森山未來)と名乗る男が近づき、“財団”の人間が真舟を待っているので同行してほしいと告げる。日本国際文化振興会、前身は日本国際経済研究所というその“財団”の名は、何者かに謀殺された父が死の間際にためていたノートの中にあり、真舟自身も詐欺をするときに使っているものだった。M資金は実在するのか、実在するなら一体何なのか。真舟は石の言葉に導かれるように“財団”のビルへ向かう。
そこへ、防衛省の秘密組織に属する高遠美由紀(観月ありさ)とその部下・辻井(三浦誠己)らが現れ、真舟を阻止しようとする。逃げる真舟と石に向かい、このままでは消されると忠告する。
翌朝、真舟と石はあるビルへ向かい、そこで本庄一義(岸部一徳)と会う。本庄は、M資金を10兆円盗み出すことを真舟に依頼。報酬は50億用意するとのことだった。仮の名を“M”(香取慎吾)という真の依頼者も現れ、かつて日本復興のために使われたものの今や単なる投資ファンドになり下がっているM資金を盗み出しマネー経済の悪しきルールを変えたいと話す。
カネでカネを買うマネーゲームが世界を空洞化させており、そんな世界を救いたいという“M”に共感する真舟。破格の報酬とM資金の正体を知りたいという欲求が合わさり、真舟はこの話に乗ることにする。
現在M資金は投資顧問会社代表を務める笹倉暢彦(仲代達矢)が率いる“財団”によって管理されているが、その実権はニューヨークの投資銀行が掌握。M資金を盗み出すために、真舟らは世界規模のマネーゲームを企てる。
そんな彼らは、先物取引で失敗し、財務操作を重ねて損失隠しをしている財団の極東支部となっているロシア・極東ヘッジファンド代表の鵠沼(オダギリジョー)に目を付ける。計画が順調に進んでいるように見えたが、たった一つミスをおかしたことから事がうまく運ばなくなる。
そんな異常な動きをニューヨーク投資銀行のハロルド・マーカス(ヴィンセント・ギャロ)が察知し、すぐさま清算人(ユ・ジテ)と呼ばれる暗殺者を真舟や石のもとに送り込む。真舟や石は監視され、追い詰められていく。


「貨幣の価値」と「人間の欲」を、根深い所から描いた作品だった。

前日、ドラマLINKを見てたおかげなのか、なんとか内容についていけた。
資本主義社会では、最終的に強いのは資金のある者。
「お金があれば政治も牛耳れる!。利権の為なら手段は厭わない。」という真っ黒くろすけな(武田鉄矢さん演じる)民自党の幹事長・松岡。この狸なおっちゃんのモデルって誰なんだろ〜?。と、思いつつ…。
昨今の政治ニュースを思い浮かべる。
「景気が良くなってるから消費税上げても賃上げがあるはず」と述べる政府に、「賃上げなんてあるはず無い」な上辺だけの反論が巻き起こってる今、こっそり静かに進んでいる恐〜い法の成立。
一度だけサラっとNHKが取り上げただけのニュース。
政府は雇用の流動化を促す「特区」の設立について検討を進めている。
現在は、従業員を、妥当且つ正当な理由がなければ解雇できなかった企業側。
でも、この「特区」が認められると、労働者と雇い主間の契約が優先になる。
厳しい条件で契約し、守れないと、その事だけを理由にして解雇できる。
「従業員の賃上げさせるなら、会社には解雇の自由を与えろ〜っ」と、(お金を)持ってる経済界からの政界への圧力なのかな?って、ふと思った。

M資金という莫大な資金を、自分達の潤いのために使い、その使い方を改めようとする者や新たに台頭してきた者は、清算されていく、今回の話。

今、日本国内も貧富の差が大きくて、持ってる人は持ちつづけ持たざる者は持たないままなんだけど…。
同じ事が、地球全体で起こっている。
地球規模でみたら、日本という国は、持ってる国。
持たざる国が成長したら立場が危うくなるから成長させず、貧乏で非文化的な生活のままが続く事を暗に推奨している。

劇中、各国に、カペラ共和国代表の演説を聞かない様に、圧力をかけた米M資金管理団体代表。
これ、数年前、まんまアメリカがやった事。協力しないなら援助はしない…。
その戦略は失敗し、石の心に響く演説に感動しきりな人々に向かって、吐き捨てた米M資金管理団体代表の言葉は、「こんな感動、一週間経ったら、皆、忘れてるさ」。
その通りだったラストのおまけ。。。
そうだよね、って、背筋がゾッとした。

石のスピーチと関連して、興味深いのが「知の逆転」という本。
「銃・病原菌・鉄」を書いたジャレド・ダイアモンド氏の話。
(氏は、12カ国語に通じ、生理学・地理学・考古学・人類学等に精通)
ヨーロッパや中近東等、発展した国は、地理的条件に恵まれている。
肥沃な土地と良い気候条件により農業や畜産が発展し、食料と富の余剰がうまれ人口も増え、テクノロジーの発展や細菌への免疫力もついた。
一方、熱帯気候のアフリカは土地が不毛であり、病気も流行しやすく、なかなか発展し辛い。
発展したのは、その地域の人々の生来の能力が優れていたからではなく、地理的条件に恵まれていたから。
200年前に農業が始まった国が、1万年前に農業を始めた国と勝負するのは至難の技。
持つものはさらに持ち、持たざるはますます持たない資本主義社会が、成長の限界に達した現在、次は資源の枯渇が問題となり、やがて、資源をめぐる戦いが始まる。
数十年先の世界を安定させる為に、先進国が行うべき事は、消費量を少なくし、世界中の消費量がどこでもほぼ均一にする事。
消費量の低い国々は、消費量がムダに高い国へ敵意を持つ。
格差が広がると、各国は、自国の安定を保つため、不満を相手に伝える手段(例えば核兵器)を獲得するようになる可能性があり、これらを防ぐ為にも、消費の世界水準がほぼ均一に向かう必要がある。
消費量の多い先進国は、(プリウスなら50マイル走れるのにハンヴィーで12マイル走るのをやめ、無駄な魚や木々の大量輸入を止める等)浪費を減らしていく必要があるのだ。

確かに、喉が乾いたなら、お水を飲めばいいよね。
多くの物に囲まれて、贅沢して恵まれて浪費もしてるな〜と思った。
未開の地に生まれたゆえ眠っている才能達も、数多くあるだろう。

恵まれた環境の中、受動的に生きる人間と、苦境からはい上がり能動的に生きる人間の対比も興味深かった。
才能あるのに指示待ち人間な遠藤治を、情けない人だよと思いながらも、流れに竿さした石へのもて囃しは、そのうち埋もれて、長いものに巻かれる遠藤な生き方が生活していくには必要なのが現実と切なくもなり…。

「M」(資金)は、「マン」=「人」のために。
慎ましい平等のために。が、いいよねかわいい

佐藤さんもおっしゃっていた森山未來君の国連スピーチとアクションに惚れ惚れ揺れるハート
カペラ共和国代表としての、国連での森山未來君のスピーチ、本当にかっこよかった。
国連の演説場面は、エキストラ400人と国連の職員100人がボランティア参加での撮影。
肖像権放棄の書類サインなどの時間的関係で、撮影可能時間は2時間半。
なので、未來君、頭から全部喋るワンカットで、あの演説を行ったらしい。
想いを言葉に乗せながら、理路整然と行う演説は圧巻だった。
フィクションなものを見ているのに、ノンフィクションなものを見ているようだった。
現実的な問題としても充分、心に伝わってきた。
(PDA(携帯情報端末機)が世界を繋ぎ貧困を救う…は謎だけど、直ぐに新しい物達が生まれてくる刹那さの象徴なの…?。)

ユ・ジテとのアクションシーンも1分半の長回しで撮ったそうで、大柄で鍛えてあるユ・ジテとの戦いは、本当に死闘だったらしい。
未來君のしなやかな動きに、「100万回生きたねこ」のにゃんこな未來君を彷彿しちゃったるんるん
バックで高速走行のカーアクションも楽しかった。
イスラエルからの留学が満了したら、彼、もっと凄い俳優さんになっているんだろうなぁ…。

冒頭の、超カッコイイ、サングラスのお兄さんがトヨエツだった事。
仲代達矢さんVS岸部一徳さんの、静かなる丁々発止。
石橋蓮司さんの迫力と寺島進さんのコミカルさ。
佐藤さん演じる真船の座右の銘、「押してもダメなら…もうダメだ」。
(↑ガッツ石松さんの座右の銘だそう)
「英語喋れるのか?」の問いに、「ああ、留学してたから、…駅前」。
オダギリジョー君のロシア〜ンな帽子。
演じ上手なロシア人さん達。
証券業界、往復ビンタはパワハラではありません。
等、も面白かった。

「大切なものは世界中の人にとっても同じはず」
誰かの大切な人を自分の大切な人と同じ位慮れる世の中であるといいなキスマーク

【メイキング映像】

ロシア、タイ、日本、アメリカの4カ国で撮影が行われ、米映画以外では初となるニューヨークの国連本部での撮影も敢行された。


posted by みぃみ at 13:35| Comment(14) | TrackBack(14) | 映画・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぜPDAなの?という疑問は浮かんできますが、
展開的にはM資金から、まさかこういった感じになるとは思ってもおらず、
最後まで楽しめました♪

“駅前留学”で、あそこまで英語が堪能になるとは…!
これが一番驚きました。
Posted by BROOK at 2013年10月22日 15:28
BROOKさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

電話を架けたことの無い人達も、機会さえあれば
最新器機を自在に操る能力があるみたいな事を言いたかったのかな?と思ったりもしましたが、
株価操作と携帯端末とがどうして繋がるのかとかもわからなくて…。
でも、M資金は、
こんな感じで多くの人達の為に使われるのが
一番良いんだろうなぁと思って、未來君の真っ当な演説に納得、でした。
実際問題は難しいのでしょうが、
こういう形のマネーゲームする人達がいたら、
もしかしたら閉塞感を打破できるのかも?と思いました。

昔、駅前留学をしようと思って説明聞きにいった事ありますが…。
あのレベルなら、めちゃめちゃ頑張ってますよ、真舟さん。
Posted by みぃみ at 2013年10月23日 14:26
こんにちは〜(^^)
つまりは「人類みな兄弟」ってことだよね?ってざっくりと捉えましたが、お金が絡むと途端にどす黒く一筋縄ではいかなくなるので困ります。

誰も戦争なんて望まないし、格差のない世界は無理でもみんなが幸せになれる方向に世界が進めばよいと誰もが思ってはいるものの、それがもはや絵空事だということもみな知っているわけで、やはり強者は弱者を虐げ、奪っていく、その証左がED後の出来事。
そして、今一番心配なのは、実はすべてが崩壊する方向へ進んでいるんじゃないかって思えるところ。

色々思うところのある映画でしたが、映画として2時間ちょっとにまとめるにはテーマが壮大過ぎて描き切れなかったようにも思います。


>撮影可能時間は2時間半
その制約でのあのスピーチと聞くとますます頭が下がります。
やはりこれは森山くんを讃える映画だと思います

Posted by たいむ at 2013年10月23日 16:40
たいむさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

そうなんですよね。
みんながそれぞれ幸せに暮らせる事が一番で、
その事を目指して様々な事柄が発展していくのが最良!。
わかっちゃいるのに、「欲」がでて「他より上がいい」って思っちゃう。
それなりのリターンを期待しちゃうのが人の性(サガ)なのでしょうか…(^_^;)。
快適さや利便性を抱きしめ続けて、
温室効果ガスの排出基準量のように、
もっともらしい理由をつけて
いけない事を正当化してると
(平和がお題目の他国への侵攻も含め)、
大変な事になっちゃうのでは…と思います。

映画の謳う理想論を現実化するのは、難しいと思いますが、
人の営みの大事な所を再認識させてくれた作品なのかな〜と思いました。

未來君、凄かったですねっ☆。

熊さんみたいになってる未來君、留学先で何してるんでしょ〜(^^)。
Posted by みぃみ at 2013年10月24日 13:26
みぃみさん、こんばんは!

ちょっと理想主義的なところはあるなとは思いましたが、「人々を繋げる」ということで現状を打破しようという試みはなるほどなと思いました。
持っている人からすると、見えない持っていない人というのはただの数字や記号でしかないのかもしれません。
けれどそれが繋がることにより生きている人々だとわかるようになれば少し現実は変わるかもしれないなとも感じました。
Posted by はらやん at 2013年10月31日 22:12
はらやんさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

注目してもらうきっかけがお金(利益)だったのは、
淋しい世の中だなぁと思いましたが、
サーバー設定をしてくれたであろう国連職員さんの胸元をトントンしながら石に向けた笑顔や
帰ろうとした人達が耳を傾けてくれた場面はぐっときました。
感動や正論で生きてはいけないのが現実とわかっていても、
人々の心の中にこういう優しさが存在してれば希望はあるのかも☆と。

フェアトレード?いいね、広めよう、なんて言ってる時点で、持ってる国の住人として驕り高ぶりなんですよね、きっと。。。
そして、おっしゃるように、自分と関わりのない人達は自分の利益のための存在でしかない…。
誰かの犠牲によって得ている幸せなら、
その幸せは、みんなで共有できるのが一番なのですよね、きっと。。。
閉塞感漂う中、未知の可能性に活路を見いだすのもあり、かも☆。
Posted by みぃみ at 2013年11月01日 10:06
でもなんか嘘くささが漂ってたのよねえ。
浩市さんが出てくると、なんでもかんでも嘘くさくなるのが難点。
福井さんの話があまり好きじゃないんで、斜めに構えてたせいもありますが、やっぱなあ感がぬぐえませんでした。
で、その辺の不満を全部吹っ飛ばすオーラが、未來君にはあった!素晴らしかったです。
あれを先に撮ったからこそ、この映画が完成できた!と言うのもうなづけました。
Posted by sakurai at 2013年11月06日 15:40
sakuraiさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

お手数とご迷惑をお掛けしたようで、すみません。
もしかして、エラーって出ました?。
特にワード規制等もかけていないのですが、
(借り物ながら)一応所有者の私も時々はじかれます。
こんにゃろ〜!と思い、
seesaaさんに問合せさせていただいた事もあるのですが原因不明のようです。
申し訳ありませんm(_ _)m。

佐藤さん、嘘くさいって…(爆)。
嘘くさいといえば彼の髪の毛が本物なのか気になっている今日この頃。。。

冗談はさておき。。。

未來君、よかったですよねっ!。
最初から最後まで、ずっと石なまんまで。。。
黙って立ってるだけでも、伝わるものがある。
あれ、先に撮ったのですか?先撮りであそこまでなりきれるって、さらにすごい…。
Posted by みぃみ at 2013年11月07日 10:32
こんばんはー^^

イマイチよくわからない映画でした^^;
人物も誰が誰やら(笑)
でも、みぃみさんの記事読んだら何となくわかったような^^
森山未来君のスピーチと佐藤さんの「駅前」発言で救われた気分ですー^^
Posted by みすず at 2013年11月07日 20:01
みすずさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

ぶっつんぶっつん言いたい事を繋げて作った感じはありました。
登場人物も内容も、展開している事象から考えないと…わからなかったですよね。
考えてもわからないままのところもありましたし…。

たぶん言いたい事は、終盤の演説に集約されてるんだと思います。

大きな力とそれに抗い道を開こうとしている小さな力達の戦いは、面白かったです。
未來君のスピーチとアクションには大満足☆。
Posted by みぃみ at 2013年11月08日 10:48
資金面でもとん挫しそうになったらしいですが、国連でのシーンがあるからこそ、完成させねば!というモチベーションになったとか。
先日、別の映画で阪本監督にお会いできましたが、苦戦しているので、なにとぞよろしく!とおっしゃってました。
Posted by sakurai at 2013年11月11日 11:20
sakuraiさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

ツイッターのTLでも辛口な感想けっこう見かけます。
宣伝からは、どこかに隠してあるM資金の探索と争奪戦をイメージしますから、
騙された〜!って思っちゃうのかも…。
たかじんのそこまで言っていいんかい、で、某方がおっしゃってましたが、
興味をそそらせる内容で釣って実は言いたい事は別にある的になっちゃったのが不味かったのかな〜と。。。
素直に、言いたい事を前面に推した宣伝にしておけば
観に行く側もそれなりの気持ちで行くので
辛辣な感想は避けられたのかも?、もったいない事したな〜〜と思ったりもします。

閉塞感みなぎる先進国の産業や経済の活路としては、
この映画が言いたかった事もひとつの方法だと思いますもの。

とってもいいメッセージを発信なさっているので、
なんとか動員も頑張って欲しいです。
Posted by みぃみ at 2013年11月11日 16:29
長澤まさみとか加藤ローサとか、多くの女優と恋人役を演じ不快な森山ですが、本作で讃えるべきは彼でしょうね。
タイ人の俳優でも使っているのかと思いましたよ。
Posted by バラサ☆バラサ at 2013年11月17日 15:42
バラサ☆バラサさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

未來君、ローサちゃんとも共演してましたね〜。
ある場面で、すごい身体能力を披露した彼に、きゅんした記憶があります。

不思議とかっこよくみえてくる魅力的な俳優さんだな〜と思います。

佇まいも行動も独特でしたね。
遠目に映ると未來君だとわかっていても違う感じがしました。
留学もなさっている事ですし、
もっともっとワールドワイドな役者さんになってくれたらいいな☆と思います。
Posted by みぃみ at 2013年11月18日 09:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画『人類資金』★ 森山未来に未来を託す(作品もか^^;)
Excerpt:     作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161910/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照..
Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
Tracked: 2013-10-22 15:17

劇場鑑賞「人類資金」
Excerpt: 「人類資金」を鑑賞してきました「亡国のイージス」でタッグを組んだ阪本順治監督と作家の福井晴敏が再び手を組み、戦後数々の詐欺話で登場してきた“M資金”を題材に描くエコノミ...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2013-10-22 15:22

人類資金
Excerpt: 旧日本軍が終戦間際に隠したと言われているM資金を題材に、現代の金融資本主義に警鐘を鳴らす内容になっている。ロシアのハバロフスクや国連の会議場でロケを行った熱意は痛いほど伝わってきたけど、10兆円の資金..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2013-10-22 17:05

人類資金
Excerpt: 敗戦直前、旧日本軍の手により隠匿された秘密資金(通称「M資金」)は、戦後復興や反共計画のために極秘運用されていると噂されてきた。 存在すら闇に包まれているこのM資金をネタに詐欺を繰り返していた男・真舟..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2013-10-22 17:39

人類資金 : どうかしてるぜ!!
Excerpt:  先週の土曜日は、久々の映画館はしご。そのtめか、昨日は38.5℃の熱にふらふらしていました。その原因は、本日紹介する作品のせいだと思います。疲れたものなぁ。 【題名】
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2013-10-22 20:48

人類資金
Excerpt: 『M資金』。第二次大戦終戦時の混乱期に隠匿された大量の貴金属類と噂されるもの。その実在は不明。 平成の今、M資金と言って、一般に通用するんですかね?もはや、陰謀論、都市伝説の類になっていると思います..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2013-10-22 21:51

映画 人類資金
Excerpt: JUGEMテーマ:映画館で観た映画    序盤に派手なアクションシーンがあり、銃の打ち合いが一杯あるかと思ったら、格闘シーンが多くありました。中..
Weblog: こみち
Tracked: 2013-10-22 21:52

「人類資金」みた。
Excerpt: 敗戦直前に旧日本軍が隠匿したとされる財宝:通称「M資金」をめぐる日米の陰謀を描いたサスペンス大作。ロシア、タイ、日本、アメリカの4ケ国で撮影が行われたということでスケールのデカさを楽しみにしていたのだ..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2013-10-23 16:41

「人類資金」 未来の可能性
Excerpt: 福井晴敏さんが原作で、阪本順治監督というのは「亡国のイージス」以来でしょうか。
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-10-26 06:46

『人類資金』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「人類資金」□監督・脚本 阪本順治□原作 福井晴敏□キャスト 佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、岸部一徳、仲代達矢、     オダギリジョー、寺島進、石橋蓮司..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2013-10-26 07:57

人類資金
Excerpt: 大作なんだろうけど、どこか中途半端な雰囲気も漂ってしまう。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2013-11-06 16:47

人類資金
Excerpt: 2013年11月4日(月) 18:30〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 森山、熱弁す。 『人類資金』公式サイト フリーパスポート7本目。 妙に..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2013-11-06 23:37

人類資金
Excerpt:  『人類資金』を観た。  【あらすじ】  終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)という青年から彼が..
Weblog: みすずりんりん放送局
Tracked: 2013-11-07 20:02

人類資金
Excerpt:  『人類資金』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)『許されざる者』で活躍したばかりの佐藤浩市が主演だというので、映画館に行ってみました(注1)。  本作の冒頭では、1945年のこととして、映画『..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2013-11-09 07:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。