2013年11月21日

映画:「清須会議」♪。

平成25年11月21日(木)晴れ

映画:「清須会議」

監督・脚本・原作:三谷幸喜
製  作:石原隆・市川南
撮  影:山本英夫
美  術:種田陽平・黒瀧きみえ
装  飾:佐藤孝之
音  楽:荻野清子
キャスト:
柴田勝家:役所広司・羽柴秀吉:大泉洋・丹波長秀:小日向文世
池田恒興:佐藤浩市・織田信雄:妻夫木聡・前田利家:浅野忠信
黒田官兵衛:寺島進・前田玄以:でんでん・堀秀政:松山ケンイチ
織田三十郎信包:伊勢谷友介・お市様:鈴木京香・寧:中谷美紀
松姫:剛力彩芽・織田信孝:坂東巳之助・滝川一益:阿南健治
佐々成政:市川しんぺー・森蘭丸:染谷将太・織田信長:篠井英介
なか:戸田恵子・小一郎:梶原善・小袖:瀬戸カトリーヌ
義兵衛:近藤芳正・明智光秀:浅野和之・織田信忠:中村勘九郎
枝毛:天海祐希・更科六兵衛:西田敏行
ストーリー:
天正10年(1582年)。本能寺の変で、織田信長(篠井英介)が明智光秀(浅野和之)に討たれた。
跡を継ぐのは誰か…。
後見に名乗りをあげたのは、筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)であった。
勝家は、武勇に秀で聡明で勇敢な信長の三男・信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、信長の次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を、それぞれ信長の後継者として推す。
勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様(鈴木京香)は、最愛の息子を死なせた秀吉への恨みから勝家に肩入れ。一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付け、秀吉の妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、周囲の人々の心を掴んでいく。
織田家の跡継ぎを決める為開かれた「清須会議」。
会議出席者は、勝家、秀吉、勝家の盟友で参謀的存在の丹波長秀(小日向文世)、立場を曖昧にして強い方に付こうと画策する池田恒興(佐藤浩市)の4人。
会議開催までの様々な駆け引きが導いた結論は?…。


織田は「涼しげな目元と鼻」、豊臣は「まんまるお目々と耳」、光秀(明智)は「おでこ」なのね。

でんでんさんが、でんでん歩いて、幕が開いた。
巻物がくるくるくるっと開く演出に、うきうき♪。
登場人物の特徴が、衣装、各々の部屋の調度品・襖絵・障壁画によって、解りやすい。
武将達のフルネームや人物像や相関関係が、スッと頭に入ってきた。

セットの萌えポイントは、勝家の部屋の虎さん…。
当時、生きた虎を目にする事は難しくて、猫ちゃんを見ながら想像したり、虎の骨に皮を被せて描いていた時代背景をしっかり反映してあって、きゅ〜とな虎さんなんですもの♪。

会議開催の場所も、ザ・木造建築!の広〜い板の間に、金箔に絵を描いた障壁画を背に、鎧甲が鎮座しているのもよかった。

武将さん達に加え、裏方さん達にもスポットあててたのも、楽しかった。
気合い入れて準備したのに、延期になったら、え〜〜っ…って、思うよね。
せっかく拭いた廊下を汚されたら、がび〜ん、だよね。(笑)

小日向文世さんは、本当に上手い!。喋らなくても長秀がどういう気持ちなのか伝わってくる。
役所さんの愉快豪快昔ながらの単純心根良しなおっちゃんは、はまり役!。
勘九郎君と浅野和之さん…瞬殺で寂しい(ノ_・。)と思っていたら、しばらくして、勘九郎君のどアップ、及び、秀吉洋ちゃんと隣り合う光秀浅野さんを再び見られて、嬉しかった。「ベッジ・パードン」再び♪

京香さんお市や剛力ちゃん松姫の、女の戦は、怖かった。
浅はかっちゃ浅はかだけど、この時代の女達なりに一生懸命なんだな〜と。
中谷美紀さんのキレッキレの動きに、みとれた。
(当時の美人をそのまま再現…なんだよね。。。私は現代の京香さんのが好み)

ビジュアル的には、黒田官兵衛の寺島さん、マフラー巻いた利家浅野忠信さん、カラフルな三十郎伊勢谷君が、好き。
吹き矢を吹き嘘も平気な真っ黒な官兵衛と、実直真面目一本気な前田利家の対比に、くすっ(^^)。
(ま、利家は、後々秀吉にとりこまれちゃうんだけど:笑)

滝川氏の周りの忍者さんって意外と天然なのかしら…。
確かに、一益は周りから孤立して、会議に辿り着くまで、大変な道程ではあったらしい。
(三谷さんは、甲賀出身の一益は忍者な設定なのね〜と)

笑いのツボは、佐藤さん演じる池田恒興。
不倫してる旦那様のようだった。
ご飯、両方で食べてたし。
(恋人と食べて、帰宅したら奥さんの手料理も食べるから、不倫していると太るって聞いた事ある)
甘い言葉で誘われて、あっちへふらふらこっちへふらふら。

でも。。。
恒興を見ていたら、分りやすかった。
勝家が提示したお米や蟹は、地域のお付き合いなら嬉しいけれど、天下人を定めて全国統一が行われようとしている状況では、秀吉提示の領地の方が魅力的な事は明白。
時流に乗り遅れた人と、未来を見据えてる人なら、後者を選ぶよね。
恒興曰く「我々は、天下人になる器は無いけど天下人を見つける目はあった」って。
ふらふらしているようでも、結果として、1番得策な方を選ぶ恒興は、世渡り上手生き残り上手さん。
板挟みになってそれぞれにどう答えていいか迷った時は…「しごくまっとうな話」。
これ使おっと!。

長秀、恒興、三十郎、利家。。。
頭の良い人には、これからどうするべきか見えるんだな〜と。
ま、義理や人情恩義で命をなげうった人も多かったんだろうけれど。

跡継ぎ決定までの諸々を観ながら思ったのは、宮仕えするって、大変だ〜、という事。
家臣達は、当主をもり立てて国を治めて、自分の家を守って生きていかなくちゃだもん。
ダメな当主でも、血統が良かったら立てるしかしゃ〜ないもんね。
苦労したのね〜と。

物事を成し遂げるには、華と魅力のある一本柱(集客と話題性担当)と、柱の未熟な所を補完する実力者(安定と潤滑な進行担当)の両方があって初めて多くの信頼を得られる(華だけだとおままごと、上手いだけだと退屈)のは、現代社会の日々の暮らしと同じなんだよね。

日本史、よく解ったので、秀吉の天下統一から徳川幕府誕生迄も、三谷さ〜ん、作って☆。

(ちなみに、三谷幸喜さん作・演出の洋ちゃんと萬斎さん浅野和之さんに深津さんの舞台「ベッジ・パードン」は、WOWOWにて12/17 21:00〜放送。
浅野さんの17、8変化、悪徳洋ちゃん、深津さんの歌声等が楽しめます。
同じく三谷幸喜さん作・演出の舞台:「国民の映画」が再演。
熱い情熱と冷徹さが迫力の小日向さん、シルビアさんと新妻さんの美しい歌声等が楽しめます。)


posted by みぃみ at 15:56| Comment(25) | TrackBack(30) | 映画・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歴史的な事実を三谷監督らしく脚色してあり、
最後まで楽しめました♪
ただ、過去の三谷作品と比べると、ちょっとおとなしい感じも…。

佐藤さん演じた池田のキャラが面白かったですよね。
あの目の動きは絶妙でした。
小日向さんもシリアスなキャラが良く似合っていたと思います。

たしかに徳川幕府の誕生までのストーリーも映画化して欲しい。
Posted by BROOK at 2013年11月21日 16:15
こんにちわ!

池田恒興はおかしかったですね〜
そっか!不倫してる旦那様って言われるとそうかも〜!!
目を泳がしてくれという監督からの注文された演技だったそうですね。
ずっと困惑してる役なんて佐藤浩市さんっぽくないところが
面白かったです(*´∀`*)
Posted by misachi68 at 2013年11月21日 16:23
こんばんは〜〜♪
分かりやすかったよね〜。おバカな私でも、すっきり理解出来ました。

佐藤さんには笑わせてもらった!
確かに不倫男子のようでした。あっちでもこっちでも朝食食べてるのに大笑い〜。
けど、一番賢いかもね〜。
あの競争でも足がつったとか?可笑しかった・・・

伊勢谷さんの部屋がステキだった。エキゾチックな〜はいからな〜おしゃれな〜〜〜。
部屋もちゃんと各人各様の個性を表現してあったね。素晴らしい〜。

楽しめた!

Posted by マリー at 2013年11月21日 20:05
こんばんは

俳優それぞれのキャラが
際だっていて面白かったです。

立場を曖昧にして
決められない佐藤さんの池田恒興、
おかしかったですね。
剛力松姫は最後に
強い印象を残してくれました。
能面のような顔、怖かったです。
Posted by kazu at 2013年11月21日 23:07
BROOKさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

ものっそ気合いの入った数多くの宣伝も納得の、楽しい時代劇でした。
宣伝も兼ねて、三谷さんによる時代背景や人物解説番組があったのも嬉しくて☆。

確かに、緩急は緩めでした。真面目なエンタメという感じ。

佐藤さんの恒興、良かったですよねっ。
「従」する事が決まっている武将達みんな、
思う事は恒興と同じなんだろうな〜、と思いながら見ていました。
目が大きいから考えてる事もわかりやすくて(笑)。

三谷さんの映画でなら歴史も楽しく学べそうですよねっ!。
Posted by みぃみ at 2013年11月22日 11:49
misachi68さん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

佐藤さんの恒興、愉快でしたね〜。
ちゃっかりいいポジションゲットする所もなんとも良くって(^^)。

目泳がし、やってみたんですが、かなり目の筋肉使います。
つりそうになっちゃいました(笑)。
ですよねっ。困惑し続けたりダッシュで逃げる佐藤さんを演出できるなんて。。。
さすが、三谷さんっ!。

Posted by みぃみ at 2013年11月22日 11:54
マリーさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

一度見たら忘れられない(笑)ビジュアルと各人の特徴をしっかり設定してくれてましたよね〜。
ややこしや〜な時代をわかりやすくしてくれて感謝☆でした。

ね♪。恒興って、ふらふらしてても魅力的な人物だったのかも、ですね。
どちらのお料理も飲み物もちゃんと食べてる姿が、なんだかかわいかったです。
愛され君???。
あの足つり、ってほんとなんですか?(きゃ〜、大爆笑:ごめんなさいm(_ _)m)

私も楽しかったです。風邪気味、治りましたもん。
Posted by みぃみ at 2013年11月22日 12:00
kazuさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

キャラクター設定、わかりやすくて楽しかったですね♪。
ビジュアルで選んだっておっしゃってましたが、
このまんまだったとしたら、個性派大集合!、
その場を覗いてみたいな〜って思いました。

恒興、美味しいところもっていきましたね。
ある意味主役な立場の佐藤さんと同じ?(謎)。

剛力さん、冒頭は大丈夫かな?と心配しましたが、
最後、おっしゃるようにほんっと能面みたいで、
無表情な中に闘志満々、怖かったです。。。
ハマり役になるかも、ですね☆。
Posted by みぃみ at 2013年11月22日 12:50
主要人物26名のキャラクターは三谷監督から見たら俳優のイメージのまんまだったそうですね(笑)
妻夫木くんのアホキャラって案外そうかも(爆)

特殊メイクの鼻、耳、おでことなかなかのデフォルメで大いに笑わせてもらいました(笑)

佐藤さんの困った演技がこの作品でいちばん面白かったです。
気持ちがわかるから尚更そう思ったかも(笑)
Posted by ituka at 2013年11月22日 23:54
こんばんは♪
でんでんさんが、でんでん歩いて...に、笑。
日本史にはうといので、わかりやすいし笑えたしで楽しめました。
いつもの笑いは少ないけどツボなシーンもいろいろありましたね。
Posted by yukarin at 2013年11月23日 00:23
みぃみさん、こんにちは!

おっしゃるように時代劇でしたが、現代にも通じるテーマでしたよね。
武家が大きくなるのは、会社が大きくなるのの比喩でしょうね。
会社を興す時、ドンドン伸びる時、安定成長になるとき、それぞれ人材が違うということなのだなと改めて思いました。
Posted by はらやん at 2013年11月23日 09:16
itukaさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

あの見た目のおかげもあってか、
歴史に名が残る有名な方達も、普通の人間なのね(*^_^*)と、
なんとなく親近感を感じながら観てました。

妻夫木君、赤ちゃんがそのまま大人になったようなかわいい顔しているので、あのあほちゃんキャラクター、いい感じでした。
あきれはするけど、にくめない(笑)。

佐藤さん恒興の板挟み状態、面白かったですね。
あの状態なら、目、泳ぎますって(爆)。

Posted by みぃみ at 2013年11月23日 15:45
yukarinさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

冒頭、でんでんさんと木造建築が出てきた時、
三谷さんならやりそう〜と思っていたので、
廊下をどたどた音を立てて歩く様子にウケていました(笑)。

秀吉以外で今回スポットの当たった歴史上の人物達の事は、ほとんど知らなかったので、
この映画を観た事で少しは知識が増えた気がします。
Posted by みぃみ at 2013年11月23日 15:51
はらやんさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

昔も今もあんな感じで淘汰と世代交代があって、発展があるんですよね。
「変化が無いのが一番おそろしい」と某企業のトップがおっしゃっていましたが、
現状に甘んじていたら進歩と成長は止まっちゃうんですよね、きっと。

重役になれそうな時の中間管理職的な恒興が、面白かったです。
Posted by みぃみ at 2013年11月23日 15:56
こんちは。
佐藤浩市がお酒の酌を受けてると向かいから秀吉の宴会がたいそう盛り上がってるのが聞こえてくるのがおかしかったです。あんな、つまらん酒の席は抜け出したいなあ、という気分がよく分かる。
Posted by ふじき78 at 2013年11月24日 21:34
ふじき78さん> こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

恩ある生真面目な先輩と一緒の席は、気を遣いますので酔うに酔えませんよね。
そして、同じ気を遣うなら、賑やかでメリットの大きな方がいい(^^)。

最終的には、先輩が怖くても決断した恒興は、成功者ですよね♪。
Posted by みぃみ at 2013年11月25日 13:06
声を立てて笑う類の映画でなかったのですが、更科さんと佐藤浩市の発言はうけていました。
個人的には、ブッキーの楽しそうな演技がツボです。
女優は、贔屓が一人も居なくて残念。
Posted by バラサ☆バラサ at 2013年11月28日 00:42
まあ、あれも一つの解釈と言うことで。
秀吉がああまでなれたのは、天性のものもありますが、ひとえに官兵衛さんのおかげだろうなあと思います。
こうなったら、来年の大河も見なきゃなんないか!
准ちゃんが、どんだけ腹黒さを出せるかが楽しみであります。

途中、おね様が吹石一恵に見えて。。。
あれ、こんなん出てたっけって思ってしまった。

でも、どうしても心から好きになれない三谷作品です。
なんでかなあ。自分でもよくわかんないけど。
Posted by sakurai at 2013年11月28日 10:21
バラサ☆バラサさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

六兵衛さん、生きてる事がなにより!と、話していましたね。
ステキな金縛りで、成仏できて良かったです。

佐藤さんコミカルな役もお上手ですね。
真面目な顔して演るので、ますます愉快です。
そして、ちゃんとしめるところはしめる!!。

妻夫木君もニコニコでしたね♪。
可愛いお顔が満面の笑みだとこちらも笑顔になります。
(素だったりして:爆)。

あらら。。。女優さんは、次回作に期待をこめませう☆。
Posted by みぃみ at 2013年11月28日 16:34
sakuraiさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

官兵衛さん、有能な人だな〜と思いました。
寺島さんのは影のある印象が強かったので、
岡田君の官兵衛さんは、どう描くんだろう?と放送が楽しみです。
影で根回しやら汚れ仕事やらやってる姿が思い浮かばなくて、
正々堂々切り込む官兵衛さんなのかしら?なぁんて。。。
腹黒い岡田君。。。ドキドキです。

三谷さんのは独特の雰囲気があるように思います。
私、今は大丈夫ですが、
昔、全然ダメで、
なんでこんなに話題になってるんだろう?と思いましたもん。
ご本人が信念のある方のようですので、その辺が作品にも反映してあるのかもしれませんね。
Posted by みぃみ at 2013年11月28日 17:04
こんにちは♪

>徳川幕府誕生迄。。

みたいみたい!!ぜひ作ってほしいわ〜

私の笑いのツボは妻夫木君でした(笑)
Posted by Nakaji at 2013年12月04日 12:57
Nakajiさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

妻夫木君、愉快でしたね〜。
予告の「いいよ」でもインパクト大でしたが、
あの旗取りの場面。。。笑顔で走り続ける姿に(^^)でした。

テレビで専門学生さんにレクチャーしてしている
三谷さんの時代背景講義を見たのですが、
とっても解りやすくて、もっと聴きたいと思いました。
興行成績次第では、期待できるかも☆ですね。
Posted by みぃみ at 2013年12月05日 14:54
こんにちは
意外とまじめなつくりになっていて拍子抜けしました
三谷さんだともっとお遊びが出来たんじゃないのかなー?と思うと、はっきりと正統派じゃない歴史モノを作る意義は?とか考えちゃいましたが、後半のゴーリキさんのニタリ笑いが強烈でそこは良かったです
でも心に響くような作品ではなかったなーというのが印象です
Posted by maki at 2014年05月18日 09:58
makiさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

私は、
もうちょい真面目につくって、そこにコメディ色を入れたらいいのに、と思いました。
ちらっと聞いた三谷さんの歴史話、とっても面白くてもっと〜〜と思いましたので。
今回の作りは、萬斎さん主演のあの作品を意識したのかも?ですね。

女性陣、すごかったですね。
私も剛力ちゃんのあのお顔と生きる力に…。。。衝撃。
女は強い…。。。
Posted by みぃみ at 2014年05月21日 11:56
きのう 土曜プレミアでみました。 いやぁ〜 食えない面々なやつらを 見事に ミッタニーは 演出で味付けしとったわ〜

本能寺の変 ボッパぁ〜ツゥゥ〜〜

英ちゃん(→篠井英介)演じた ”御屋形様”信長 死んじゃった〜

千歳一隅の チャァァ〜ンスッだぜぇい!!! 浅野っち(→浅野和之) 光秀 打ち取ったりぃ〜 っと 大手柄のイズミン(大泉洋) ご満悦!!!

さぁって こんどは御屋形様の跡目争いじゃ〜(まるで 仁義なき戦いじゃな!)

今度のライバルは役所ン(→役所広司)勝家!
 
妹君えんじた お京姐さん(→鈴木京香) ビックリ人間も真っ青の お歯黒顔!!! マジ キモ〜イ(゜▽゜) 役者魂こもっとるわ〜 (ホメてます)


お京姐さんのご機嫌取りにらっきょうですよ!らっきょう!!!

くっせえだろ!くっせえ〜 と お京姐さんが ブーイング 役所ん 何を考えたのか お香が好きとかで らっきょうが 酢につけると美味になるとか ワケわからん理屈つけて 的外れプレゼント・・・(汗) 

一方 イズミンは イセヤン(→伊勢谷友介)演じた 三十郎信包にアンティックをプレゼント。 こっちはイセヤンのハートをゲットЪ(゜〜^)

しかも、秘密兵器といわんばかりに、 体を張って ミッキー(→中谷美紀)も踊りを披露・・・

東京出身なのに 尾張訛りも板につきまくりのミッキー、さすがЪ(゜〜^)

”ど・ち・ら・に・し・よ・う・か・な・ て・ん・の・か・み・さ・ま・の・い・う・と・お・り” の 優柔不断ぶりを演じきった 恒池田興役のコーイチ(→佐藤浩市)も 役所んとイズミン 両方からに引っ張られてやんの!

ここでも失敗ぽしゃったのは役所ん・・・越前のカニを毎年贈るって・・・オイオイ(汗;)

それに反して イズミンは 尼崎を任せると領地配分! カニと国持の座・・・ そりゃ 明暗わかれるってぇ〜


極めつけは バカ殿信雄を見事に演じきった ブッキー(妻夫木聡)!

なんじゃ〜こりゃあ〜な ダメダメぶりをいかんなく発揮し過ぎ(>Δ<)!!!

女中に見とれてつまずくわ 旗取りなのに 走るだけで肝心の旗取りを忘れるわ あげく 内密な話なのに 「オレは聞かれても平気」と 席外しの意味を考えないKYぶり!!!

イズミンもハラハラ・・・天下を自分が握るには織田家の人間は傀儡でなければ困るのだが ここまで ろくでなしぶりを見せつけられると傀儡にも使えないじゃ〜ん(やべえよ やべえ!!)

コヒさん(→小日向文世)長秀も 役所んにアドバイスしまくってたに 途中からイズミンに 乗り換えて 悩む悩む(自分の人生も将来に影響するからね!!)

が、決め手の 本能寺で討ち死にした 信忠を演じた6代目勘ちゃん(→6代目中村勘九郎 )の幼い三法師坊ちゃんのあやし術を ケン坊(→松山ケンイチ)から習得した イズミンが ふさわしいと みんなナットク(やはり 大義が立つもんが強い!)

 が、イズミンの悔いは 妹君お市の方をゲットできなかったコト・・・(TДT) (も〜い〜じゃん! アンタには 後継者になれたし、ミッキーがいるんだし・・)

会議が終わっても 役所んに 「筆頭家老としてご指南おねがいいます」としたてにでてたイズミン。
けど、腹では「近いうち役所ん 討つぞと」決心

役所んも イズミンの腹の内を 見抜いてたけどね!

さっすがなのは ミッタニー 食えない面々を見事に 演出で 味付けしまくっとッたわ!
Posted by zebra at 2014年12月07日 11:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

清洲会議
Excerpt: この物語は、男同士の勢力争いでもあるのだけど、子供を産むことができる女性の戦いでもあるのだ。男の権力争いはわかりやすくて単純なのだけど、女の戦いは何が目的なのかわかりにくくて方法も普通では思いつかない..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2013-11-21 16:11

劇場鑑賞「清須会議」
Excerpt: 「清須会議」を鑑賞してきました三谷幸喜監督が、役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市はじめ豪華オールスターキャストで贈る歴史群像エンタテインメント。織田信長の亡き後、そ...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2013-11-21 16:12

清須会議
Excerpt: 秀吉の陰謀公式サイト http://www.kiyosukaigi.com原作: 清須会議 (三谷幸喜著/幻冬舎)監督: 三谷幸喜1582年、本能寺の変で織田信長が命を落とし、長男の忠信も討ち死にした..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2013-11-21 16:15

『清須会議』 2013年10月15日 東京国際フォーラム
Excerpt: 『清須会議』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 豪華登壇者で楽しめましたよ  <登壇者>    役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、寺島進、伊勢谷友介、    鈴木京香、中谷美紀、剛力..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2013-11-21 16:19

『清須会議』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「清須会議」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香■鑑賞日 11月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2013-11-21 17:56

清須会議
Excerpt: 本能寺の変での織田信長亡き後の、織田家の跡目を決める“きよすかいぎ”の模様をコメディ仕立てで描いた作品。“きよすかいぎ”は、清州会議と言う表記もありますが、映画は清須会議になっています。 原作も読ん..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2013-11-21 21:05

清須会議
Excerpt: ☆公開日: 2013年11月9日☆上映時間: 138分☆監督・脚本:三谷幸喜☆キャスト: 役所広司 / 大泉洋 / 小日向文世 / 佐藤浩市 / 妻夫木聡 / 浅野忠信☆試写会にて鑑賞 本能寺の変..
Weblog: はるみのひとり言
Tracked: 2013-11-21 21:12

清須会議
Excerpt: 監督は三谷幸喜。 自らの小説を映画化。 試写会で見ました。 織田信長が亡くなった本能寺の変後の、 織田家の後継者選びと 領地再配分について 歴史上初めて、 会議が開催されたといわれている 清須..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2013-11-21 21:53

映画『清須会議』★秀吉にしてやられる“会議“のテンマツwith雑談
Excerpt:       作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160163/ ↑あらすじ・クレジットはこ..
Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
Tracked: 2013-11-21 22:18

清須会議  監督/三谷幸喜
Excerpt: 【出演】  役所 広司  大泉 洋  小日向 文世  佐藤 浩市 【ストーリー】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝、秀吉は次..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2013-11-22 00:05

清須会議
Excerpt:  『清須会議』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作を制作した三谷幸喜監督の前作『ステキな金縛り』がまずまず面白かったこともあり、映画館に足を運んでみました。  本作で専ら描かれるのは15..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2013-11-22 07:11

[映画『清須会議』を観た(寸評)]
Excerpt: ☆正直、堅実に作り過ぎていて、いまいち面白くなかったなぁ。  史実との整合性を追うのにいっぱいいっぱいで、物語自体に笑える部分が少なく、  豪華キャストの会話のやり取りのみが面白かった。  個々..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2013-11-22 12:40

映画「清須会議」
Excerpt: 2013/11/11、109シネマズ木場、2番スクリーン。 2番スクリーンはIMAXシアターだが、映画は通常版。 プレミアムシート(ポイント会員は通常料金)のL列中央を選択した。 * 役所浩治、..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2013-11-22 15:08

『清須会議』(2013)
Excerpt: 『ラヂオの時間』『みんなのいえ』『THE有頂天ホテル』までは見に行ったんですが、『ザ・マジックアワー』と『ステキな金縛り』はスルー。ということで久方ぶりの”脚本と監督 三谷幸喜”作品です。今回はそれに..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2013-11-22 21:41

「清須会議」 日本のクレイジーな人
Excerpt: 本作は三谷幸喜さんが脚本・監督をする初の時代劇作品です。 戦国時代を舞台とする時
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-11-22 22:54

清須会議
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(10) これは非常に面白い歴史授業といえるだろう(笑)
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2013-11-22 23:46

清須会議
Excerpt: 2013/11/09公開 日本 138分監督:三谷幸喜出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助 これは、会議とい..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2013-11-23 00:14

清須会議
Excerpt: 三谷幸喜監督が原作&脚本も担当したコミカルな時代劇です。 これだけ俳優陣が豪華な上に、これだけ宣伝を頑張っていたら、やっぱり観なくてはと思いました(^^ゞ 日本の運命を大きく変えた会議の裏側は、欲望と..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2013-11-23 21:25

清須会議
Excerpt: 笑えて見応えあって面白かった。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2013-11-24 00:24

清須会議 : こんな柴田勝家初めて!!
Excerpt:  最近は忙しくて、ブログの更新が疎かになっています。でも、どうしても観たい映画は何としても観るつもりです。本日紹介する作品も、どうしても観たかったこちらになります。
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2013-11-24 15:32

「清須会議」:三谷さんは満足なのでしょうけど・・・
Excerpt: 映画『清須会議』は、歴史マニアの三谷幸喜が作りたくてしょうがなかったんだろうなー
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2013-11-24 23:35

清須会議
Excerpt: 天正10年(1582年)。 「本能寺の変」で織田信長が死亡した直後の織田家の目下の課題は、跡目相続だった。 筆頭家老・柴田勝家は信長の三男でしっかり者の信孝を、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)は次男で大うつけ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2013-11-25 16:55

清須会議
Excerpt: 2013年11月16日(土) 15:30〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 期待していたものとちょっと違う 『清須会議』公式サイト フリーパスポー..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2013-11-26 22:13

清須会議
Excerpt: まじめか!
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2013-11-28 10:21

三谷幸喜『清須会議』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA
Excerpt: 11/9公開の三谷幸喜監督最新作、映画『清須会議』の完成披露試写会が、10年に1度と言われる台風が接近していた10/15(火)に東京国際フォーラム ホールAで行われた。ホールの1階中央 ...
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2013-11-29 14:42

【清須会議】雑な登場人物解説つき
Excerpt: 清須会議     監督: 三谷幸喜    出演: 役所広司、大泉洋、佐藤浩市、小日向文世、篠井英介、鈴木京香、妻夫木聡、伊勢谷友介、坂東巳之助、剛力彩芽、中村勘九郎、浅野忠信、寺島進、阿南健治、松..
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2013-12-04 21:24

清須会議
Excerpt: 清須会議 '13:日本 ◆監督:三谷幸喜「ステキな金縛り」「ザ・マジックアワー」 ◆主演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷..
Weblog: C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
Tracked: 2013-12-05 23:56

清州会議
Excerpt: 清州会議 11/9公開 池袋シネマ・ロサ 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と 羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、..
Weblog: 単館系
Tracked: 2013-12-24 02:30

「清須会議」
Excerpt: とにかくもう、観たくて観たくて。予告編の頃から心待ちにしていました。 東京国際映画祭のクロージングで抽選チケットに応募するも二回外れ、正規販売日には秒殺でSoldOut。息子よごめん、公開まで待..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2014-02-19 15:58

清須会議
Excerpt: 清洲会議(清須会議)とは、安土桃山時代の天正10年6月27日(1582年7月16日)に開かれた、織田氏の継嗣問題及び領地再分配に関する会議である。 天正10年に本能寺と二条城でそれぞれ亡くな..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2014-05-18 09:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。