2014年04月03日

映画:「イオンフリーパス3ヶ月で観た作品達(黒執事以降鑑賞分)」♪。

平成26年4月3日(木)晴れ

インフルエンザを2/11に発症し、無理矢理治して2/17に出社。
激務に追われて、そのまま気管支を痛め微熱が続く毎日。。。
ゲホゴホだるだるから、やっと開放されつつあるので、まとめて覚書。

「アメリカン・ハッスル」−寝ちゃいました。
この作品は、個人的に鬼門。ここからインフルへの道が開かれた…。

「ラッシュ/プライドと友情」−F1の走りのかっこよさ及びドライバー達の華やかさと苦悩を垣間見。
何をするのも才能に努力が加わってこその華。

「エージェント・ライアン」−ケビン・コスナーが最後まで味方だったのが意外だった。
えてして実は悪玉なパターンが多いから。連れてこられたわんこちゃんとお家に帰れてますように。

「マイティ・ソー ダークワールド」−地球と宇宙の繋がり方等の映像表現を満喫。
イリュージョリニスト名ロキちゃんはこれから何を見せてくれるのでしょう。
アベンジャーズ次々登場及び兄弟の仲良しなのかそうじゃないのか謎な会話が楽しかった。
特に飛行船をソーが運転している時、お兄ちゃんにわーわー言って(おじいさまの首をはねたぞが一番のウケポイント)たら、うるさい弟ロキをポイッって振り落としたソー兄。ひょえ〜状態のロキ、ちゃんとキャッチは実は想定済みな所。
これからも兄弟のなんやかんやに期待。

「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」−各々のテーマソングと見せ場にテンション上がる上がる。
大人なルパンの海千山千、たまに見せる少年への優しさ(余裕)は、コナン君には不要なよう。
本気の戦いも見てみたいな♪。

「ウォーキング with ダイナソー」−ちぴっこ弟の頑張る人生。
粛々と前に進む弟、兄貴分なお兄ちゃんと仲違うも、うるうるなエピソードあり。
家族って仲間っていいな☆と思う。

「土竜の唄」−痛そうでほとんど見れなかった。
無敵の芹沢君←違うけど:山田孝之が、あっさり倒れたのはちょっとさみしかった。
斗真君の美しい肉体と華やかな衣装替えを満喫。
堤さんバタフライは、蝶だけに、不死蝶(鳥)のように甦った。
映像は、アイアンマンかいっ!とツッコミそうに。
上地君は、サンタクロースだったのね:爆。

「ロボコップ」−痛そうだったらどうしようと思うも大丈夫だった。
みんなのためといいながら、実は大金が絡んでるのは切ないね。
何事もビジネスだろうけれど、国家権力関係は福祉の精神でお願いしたい。

「LIFE!」−寝ちゃった。。。
冴えない人生を空想の世界で補填している人物が、一歩を踏み出し、冒険へ。
ヘリコプターから海関係の冒険はドキドキした。
意中の彼女の多才さ(唄等)に感服!。

「アナと雪の女王(字幕)」−「レット・イット・ゴー」(イディナ・メンゼル)、素晴らしくて涙。
トナカイ君と雪だるま君、とってもいいお友達。
人間の向上心からくる欲に悲しくなったけど、最後の「愛の形」に涙が。。。
観ていると、エルサな気持ちになり、エルサ目線で鑑賞した作品。

「アナと雪の女王(吹替)」− こちらは、アナな気持ちになり、アナ目線で鑑賞。
「とびら開けて」(神田沙也加)に、ぐっと気持ちがもってかれ、「あこがれの夏」(ピエール瀧)をうきうきしながら聞いた。
沙也加ちゃんの、台詞はもちろんの事、台詞以外の、うわっ・きゃっ・おっと等の感嘆詞や、ふぅ・ほっ等の息づかいの上手さに、字幕版よりも状況理解がし易くて楽しめた。
結末は知ってるのに、ラスト、涙が頬をつたった作品。
「愛」ってステキ☆。

「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜」−童心に戻って楽しめた。
小栗君演じる剣の名手サベール、めっちゃかっこよくって♪。
すらっとした長身でデキる男!なサベール、あの低音ボイスで囁かれたらどこにでもついていくっ!。
ジャイアンがね、追っかけ回されて(爆)、拗ねちゃって、どうなるのかと思ったら、最後は…。
ガキ大将はこうだよねっ!!!な男っぷり。友達っていいな☆と思った。

「ウォルト・ディズニーの約束」−大好きなメリー・ポピンズ映画化迄のお話。
私的には、メアリー・ポピンズなの♪。大好きな本でシリーズ全部読んだ。
傘でお空を飛んで家にも来て欲しいな☆と思った彼女。
小説の彼女は、作者さんそのもの(爆)で、自分がモデル?と思ったら、彼女のお父さんのお話だった。
ウォルトの大変だった子供時代を知って、ウォルト・ディズニーの事は、ウォルトと呼ぼうと思った。
秘書さんが白雪姫のようで、持って来るお料理やお菓子が可愛くって食べたい〜と思った。

「ホビット 竜に奪われた王国」−中盤寝ちゃいました。
竜が壮大だった。うぉぉぉって追っかけてきた時は逃げたくなったし、金を体中に浴びてがっぱ〜んキラキラキラ〜は、とっても美しかった。
「神」のように見えたけれど、輝きは振り払ったし、彼は「デス」なんだよね。
続きが気になる。

「偉大なるしゅららぼん」−笹野さんと恭子ちゃん!でしょう。以上!。

「魔女の宅急便」−小豆島での撮影及び好きなあの人ご出演なので、レポは後日。

あと8本、何だったか思い出せにゃい。。。

た〜っぷり映画を満喫できたこの企画。
幸せな時間だった。
またフリーパスポートお願いします。


posted by みぃみ at 12:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜〜。
あらら???何本か寝てる?まぁパスだし、いいっか(笑)

みぃみちゃんが長く感想書いているものはお気に入りなのかな〜。
「アナ雪」は良かったよね〜。本当に字幕も吹替えもよかった。それぞれ目線を変えて観たみぃみちゃん大世界ではないかな〜。

「ウォルト・・・」はディズニー雰囲気にうっとり!
本当にあんなにお菓子運ばれたら〜大変!太っちゃう!!美味しそうだったわ〜〜〜。

こういう企画またやってほしいよね。
イオン様お願い〜
Posted by マリー at 2014年04月06日 22:59
マリーさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

最近、途中で意識がとぶ事が…(汗)。
椅子と気温が心地良くて…。。。←おいっ!。
フリーパスは、良かったです。
普段観ないジャンルをお試ししできて、得した事も多々。
お財布にも優しい☆☆☆。
また、ぜひやってほしいですよね♪。

そうです。
長めに書いてあるのが、お気に入り(^^)。

アナ、本当に良かったです〜。
ストーリーも唄も両方、満足。
普段アニメは吹き替えオンリーな地元映画館で
字幕を観れた事も、アカデミー賞様様!でした。
5/3発売のCDも予約しました。
Posted by みぃみ at 2014年04月08日 10:52
イオンの3ヵ月フリーパスは良い企画でしたね(笑)
ワタシは全部で24本(再見なしで)観ましたがどれもそこそこ良い作品ばかりでした。
その分、4月はなんだかイマイチなスタートですよ^^;

こういう美味しい企画モノは次もお願いしたいです(笑)
Posted by ituka at 2014年04月08日 22:55
itukaさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

私もitukaさんと同じ24本(再見が1本あるので23本)観ました〜。

フリーパスポート。
オーダーバイキングのように
気になる作品全部を選んで鑑賞できるので、
新しい世界が広がって良かったです。
12月末辺り〜3月まで公開作品も多くて、ウハウハでした:笑。
ぜひ、またやって欲しいですよね(^^)。

4月。。。
itukaさんは、イマイチですか?。
テルマエとアメイジングと相棒。。。ダメ???。

Posted by みぃみ at 2014年04月09日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。