2015年03月30日

映画:「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」♪。

平成27年3月30日(月)晴れ

映画:「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」。

監  督:ショーン・レヴィ
脚  本:デビッド・ギヨン 、 マイケル・ハンデルマン
キャスト:
ラリー/ラー:ベン・スティラー
"テディ"・ルーズベルト/ガルーダ:ロビン・ウィリアムズ
ジェデダイア:オーウェン・ウィルソン
サー・ランスロット:ダン・スティーヴンス
マレンカレ:ベン・キングズレー
マックフィー博士:リッキー・ジャーヴェイス
オクタヴィウス:スティーヴ・クーガン
ティリー:レベル・ウィルソン
ニック・デーリー:スカイラー・ギソンド
アッティラ・ザ・フン:パトリック・ギャラガー
サカジャウィア:ミズオ・ペック
ストーリー:
1938年、エジプト。
遺跡の発掘現場で、考古学者の息子が地下墓地に転落。そこで光輝くファラオの石版〈タブレット〉が発見される。
現代のニューヨーク。
アメリカ自然史博物館の夜警・ラリー(ベン・スティラー)は、新設されたプラネタリウムの祝賀パーティの準備で大忙し。晩餐会では満天の星座を見せながら“テディ”ことセオドア・ルーズベルト(ロビン・ウィリアムズ)が心を動かすスピーチを行い、大成功……のはずだった。
ところが、テディがいきなり乱心、展示物の仲間たちまで乱入して大混乱となる。しかもパーティの後、仲間たちは何も覚えておらず、アクメンラー(ラミ・マレック)が倒れこんでしまった。
どうやら展示物たちを動かしている魔法の石板に異変が起こったらしく、もし石版が滅びれば仲間たちは動けなくなってしまう。
ラリーは前任の老警備員3人組を訪ね、その秘密を解く鍵が大英博物館にあると知る。
高校生の息子ニッキー(スカイラー・ギソンド)と仲間たちを連れてロンドンへ向かったラリーは、女性警備員のティリー(レベル・ウィルソン)を騙し、なんとか大英博物館へ潜入するが、突如巨大なトリケラトプスの骨格標本に襲われる。
そこに現れ彼らを助け出したのは、アーサー王伝説の騎士・ランスロット(ダン・スティーヴンス)だった。
だがホッとしたのもつかの間、今度はオクタヴィウス(スティーヴ・クーガン)とジェデダイア(オーウェン・ウィルソン)のミニチュア2人組が排気口に吸い込まれ、危険なジオラマへと迷い込む。
一方、ソウリュウの攻撃から辛くも逃げ出したラリーたちは、アクメンラーの父ファラオ(ベン・キングズレー)から石版の魔法の秘密を聞き出す。
だがその時、ランスロットがニッキーを人質に取り、石版を奪ってロンドンの街へ逃走。それを追うラリーたちにはさらなる危機が待ち受けていた。


一番最初の作品「ナイトミュージアム」のラスト、テディがシャキーンと刀を掲げて日の出と共に蝋人形になった時、お話が(作品が)終わっちゃうのが寂しくて(正確には、博物館の仲間達に会えなくなっちゃうのが寂しくて)、ポロポロ泣いちゃったので、「2」ができた時、あの時ものすごく切ない思いで決別したのに…と、納得できなくて、「2」は観ないまま。
『「3」(今作)できたよ〜』のお知らせもスルーするつもりでしたが、「1」でダダ泣きさせてくれたテディ(ロビン・ウィリアムズさん)と、ちゃんとお別れしようと、今作品、観てきました。

アクメンラー、彼よりもさらに昔の父王マレンカレと、現代の最新機器スマホが共演(?)したり、通せんぼするガルーダ像等、大英博物館の展示品達とのなんやかんや、一つの場所で各地のアドベンチャー、今回も楽しかったです。

泥棒三人組の再登場や「キモサベ(←相棒)」(←開拓している人のゴーグルが某作品のアイマスクに既に見えていたので、そこからの「キモサベ」に、喜びました)。

命を救う電気ショックAEDを、逆転の発想使いして複数頭の大蛇・ソウリュウ退治に使ったり。
ミニチュアジェデダイアとオクタヴィウス…、YouTube書き込みに立派な機械導入してキーボードを打ったり。
この冒頭の、YouTube「にゃんこは、光を追っかけるのが大好き」な作品。。。
後半、ロンドンのネルソン石柱のまわりに置いてある巨大なライオンの銅像数頭が動き出した時の対処法に繋がっているんですね♪。
あー!三越のライオンがおっきくなってる〜〜とテンション上がった私ですが、三越のライオンの銅像は、このトラファルガー広場のライオンからきたものなのだそうです。

デクスターによる消火(小か?←きちゃなくて、すみません)場面。
予告で映って、何をどうするのか気になっていましたが、こういう事だったのですね。
噴火したベスビオ火山のマグマ消火だったとはっ!!。
面白かったのは、この場面の「ポンペイ」
「イペンポ」と、言い続けるミニチュアペアに「ポンペイ」「ポンペイ」言い続ける胸像。
硝子ケースの中から言うものだから、音がこもって、もごもご。
そのもどかしさに、くすっ(^^)でした。

エッシャーのだまし絵の中での攻防も楽しかったです。
下に落ちてったテディ、きっと上からくるんだろうな〜と思ったら、ビンゴ!。
上からやってきました〜〜〜。

とってもイケメンで強くてかっこいいランスロット卿…。
残念なイケメン認定はぎりぎり回避。
デクスターのぎゅっと握った指先が力尽きそうになった時、泣きそうになりました。
ランスロットがキャメロット城だと思い込んで入った劇場内。
そこには、アーサー王とグィネヴィア王妃。
ランスロットは(自身が横恋慕した:w)愛しのグィネヴィア王妃を目指して、アーサー王にむかっていきます。
突然の事に驚くアーサー王の演じ手は…。
ヒュー様でしたっ!!。
ヒュー様、ご出演、知らなかったので、大喜び揺れるハート

「アイアムヒュージャックマン」と話すヒュー様を「ヒュージ・アックマン」って…:笑。
ヒュー・ジャックマンだってば〜!を頑なに「ヒュージ アックマン」と言い張るランスロット卿に、ウルヴァリンの役をやってみせるヒュー様(なんとお得な作品でしょ、ヒュー様の歌声も聞けたし)。

アクメンラーが大英博物館に残っていいのかどうかは謎ですが…。
「親子や仲間等の間の絆や命」が「宝物」よりも大切!というテーマは、良いと思いました。

ロビン演じるテディの「夜が明けるぞ」と言いながら、馬にまたがって敬礼には、泣けました。

でも、作品がもたらしてくれた魔法は、永遠だと思います。

心穏やかになるステキな作品でしたキスマーク
posted by みぃみ at 11:50| Comment(14) | TrackBack(15) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石版を巡るドタバタはいつもと同じなのですが、
テンポ良い展開なので、最後まで楽しむことが出来ました♪

一番のお気に入りはヒュー・ジャックマンが登場したシーン。
まさかウルヴァリンまで演じてくれるとは…!
裸で爪をつけていないと解らないと舞台女優につっこまれる場面では心の中で爆笑。

そして、ラストのラリーの表情には切なくなってしまいました。
Posted by BROOK at 2015年03月30日 15:50
BROOKさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

楽しかったですね〜♪。
ついてくる変な子(爆)を始め、
恐竜さんに竜さんに妙な兵士等々。。。

ヒュー様登場は、テンションあがりました。
あんなにも有名なウルヴァリンをスルーするランスロット卿。。。
爪と裸体が揃ったら、戦ってたりして:笑。

ラリー、学校の先生になったんですよね。
何かの機会に博物館の仲間達との思い出、
話してくれたらいいな☆と思います。
Posted by みぃみ at 2015年03月30日 16:21
そうそう、1作目でテディが蝋人形に戻っちゃうところは寂しくなったものでした。
私としては、2作目での復活に抵抗はなかったけれど、今回、撮影後にあんなことになるなんて誰も思っていなかっただろうけれど、今となっては蝋人形に匹敵する現実に涙がこぼれましたよ。

あのライオン、似てるなーとは思っていたけれど、三越のライオンのオリジナルでしたか!
夜中に誰にも見られずにライオンにまたがると願いがかなう伝説もあるのかな?(爆)
Posted by たいむ at 2015年03月30日 19:09
たいむさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

映画のラストの光とエンドロールのメッセージ…、
私も切なかったです。
今作、ミセス・ダウトで知り、
ハッピー・フィート(こちらは、ヒュー様も♪)でも楽しませてくれたロビンさん、
天国で幸せに暮らしていてくださる事を願います☆。

三越のライオンの元、そのようです〜〜(^^)。
ロンドンのライオンさんには、
自由にまたがれるようなので、
どうなんでしょう??。
たいむさんも、誰にも見られずにまたがると…
なお話ご存じなのですね♪(嬉)。
三越のライオン、またがりに成功したら、動き出したりして(わくわく)♪。
Posted by みぃみ at 2015年03月31日 09:52
こんにちは。
いつものドタバタで終わってしまったけど
いつもの感じで一応楽しめたかな〜と。
ポンペイの読みかたがツボでした 笑

まさかのヒュー様登場はテンション上がりました。
私も知らなかったからあれは嬉しいですよね。
ネタ?も披露 笑

最後のテディとのわかれは泣けましー。
最後のロビン・ウィリアムズ....もうみられないなんて...さびしいです。
Posted by yukarin at 2015年03月31日 12:55
yukarinさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

んふ(^^)。ドタバタ、楽しかったですね。
展示物達の自由度の高さ、毎回、笑っちゃいます。
ポンペイ、面白かったですね。
yukarinさんも書いてらしたので、一緒〜♪と(喜)。

ヒュー様、びっくりでした。
しかも、大サービス!!。

テディとの最後は最期になっちゃいましたね。
寂しい……。

Posted by みぃみ at 2015年04月01日 11:32
ヒュー様にはテンションあがったわ!

テディとの最後は最期は本当に泣けた・・・
Posted by Nakaji at 2015年04月20日 20:33
Nakajiさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

ヒュー様色々盛り沢山、贅沢でしたね〜。
え?でてるの?と、テンション上がりました。

日の出と共に…なラストは、
現実と重なって寂しかったです。
Posted by みぃみ at 2015年04月21日 15:15
みぃみさん、こんにちは^^

遺作となってしまったのが寂しかったですが、
ロビン・ウィリアムスばかり追っかけていました(笑)
僕が映画好きになったきっかけの一つは、
きっとロビンの演技に魅せられたからだと思います。
もう観られないと思うと悲しいですが、
また彼の過去の作品を思い出して観たいと思っています^^
Posted by cyaz at 2015年04月22日 16:39
cyazさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

ロビン・ウィリアムズ氏、
cyazさんの人生の大切な一部を占めているのですね。

今作の中では、生き生きとしてらっしゃいましたね。
蝋人形に戻っちゃった時は、とても切なかったですが、
エンドロールのみんなで楽しそうなご様子に和みました。
作品達とcyazさんの心の中には、ずっと生き続けてるはずです♪。
天国からも、ね☆。
Posted by みぃみ at 2015年04月23日 11:57
こんにちは!
ヒュー・ジャックマンのくだり、面白かったですね!
笑える部分も沢山あったけれど、今回は少ししんみりとしました。
…これで最後なのかな、と思うと。
シリーズだけでなくて、登場人物にも言えますが。
Posted by ここなつ at 2015年04月24日 16:37
ここなつさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。
お返事、遅くなって、申しわけありませんm(_ _)m。

はい♪。
ヒュー様、
ご出演知らなかった事と、
ヒュー様も普通の人なのねな演出、楽しめました。

みんなでダンスしている楽しそうなエンディングなだけに、
これで最後…は、寂しいですね。。。
朝日が昇るのが切ない…。。。
Posted by みぃみ at 2015年04月27日 14:53
みぃみさん、こんにちは!
最終作らしい楽しいシーンが目白押しでしたね。
エッシャーのだまし絵や、ポンペイのシーンも面白かったです。
サルのデクスターのいきなりチューに胸がキュンキュンしてしまいました^^
Posted by ヒロ之 at 2015年08月17日 12:45
ヒロ之さん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

とてもステキな作品でしたね〜。
ですね♪。エッシャーのだまし絵、入ってみたらこんな感じなのかしら?と、面白く見ました。

デクスター君、やんちゃなお猿さんの印象でしたが、
ラリーの事、みんなのこと、大好きなんだな〜と☆。
復活して良かったです(^^)。
Posted by みぃみ at 2015年08月18日 09:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』★今度は大英博物館に石板もっていくので^^;
Excerpt: 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165318/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 &nbs..
Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
Tracked: 2015-03-30 15:27

劇場鑑賞「ナイト ミュージアム エジプト王の秘密」
Excerpt: 魔法の終わりと、始まり… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201503200000/ 【楽..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2015-03-30 15:47

「ナイト ミュージアム エジプト王の秘密」みた。
Excerpt: 2006年公開の『ナイト ミュージアム』シリーズの3作目にして最終章。夜な夜な博物館の展示物たちに命を吹き込んできた”エジプト王の石版”が異常をきたし、魔力が失われ始めていたことから、石版の謎を解く鍵..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2015-03-30 19:09

映画「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」感想
Excerpt: ランスロット卿は残念なイケメン、ヒュー・ジャックマンは残念なヒュー・ジャックマンでした(オイw ストーリーは単純です。 魔法の石版が輝きを失い、博物館の仲間達に異変が起きる。このま..
Weblog: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
Tracked: 2015-03-30 22:26

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密 / Night at the Museum: Secret of the Tomb
Excerpt: 2014年に他界したロビン・ウィリアムズ最後の実写出演作品。 この頃になると、ラリーも出世しているわけですか。イベントの演出責任者になっていたりしていますね。これ以上、NY自然史博物館を舞台にするの..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2015-03-30 22:52

ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 (試写会)
Excerpt: 今度はロンドン 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/nm-33月20日公開 監督: ショーン・レヴィ  「ナイト ミュージアム」 「ナイト ミュージアム2」 「リアル・..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2015-03-31 10:24

ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密
Excerpt: ウルヴァリンの中の人が本人役で出てるシーンは笑った。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-03-31 19:53

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密
Excerpt: 1938年、エジプト。 考古学者の息子が地下墓地に転落し、そこで光り輝くファラオの石板(タブレット)が発見された。 …現代のニューヨークのアメリカ自然史博物館では、夜になると動き出す展示物たちがなぜか..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-04-01 01:24

ナイトミュージアム/エジプト王の秘密 【劇場で鑑賞】
Excerpt: 博物館の展示物が夜な夜な動き出してしまう ファンタジックコメディシリーズ『ナイトミュージアム』 の最新作『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』が 公開されましたので観に行ってきました。 ナイトミュ..
Weblog: 映画B-ブログ
Tracked: 2015-04-12 17:41

ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密★★★★
Excerpt: 夜になると博物館の展示物が動き出す『ナイト ミュージアム』シリーズ最終章。展示物に命を吹き込むエジプト王の石板の魔力が消えかかる危機を回避すべく、ニューヨーク自然史博物館からロンドンの大英博物館へ乗り..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-04-19 18:06

ナイトミュージアム エジプト王の秘密
Excerpt: 2015年4月5日(日) 15:55〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1400円(チケットフナキでムビチケ購入) パンフレット:未確認 低値安定 『ナイトミュージアム エジプト王の秘密』公式サイ..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2015-04-19 22:02

『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」□監督 ショーン・レビ□脚本 デヴィッド・ギヨン、マイケル・ハンデルマン □キャスト ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2015-04-22 07:53

魔法は終わらない。〜「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」〜
Excerpt: ロビン・ウィリアムズだけやなくて、3人の元警備員のひとりだったガス役のミッキー・ルーニーにとっても 遺作だったわけですね・・・。1作目からすでに9年。車椅子でたしかワンシーン出てきただけですが 悪..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2015-04-22 14:06

「ナイト・ミュージアム エジプト王の秘密」
Excerpt: 抜群の安定感。シリーズを観てきた人にとって、全てがそうそう!とうなづける仕組み。このシリーズの大ファンの次男にせがまれてせがまれて、それでもなんだかんだで忙しくてずっと連れて行けず、やっとこさっとこ観..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2015-04-23 12:42

『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』
Excerpt: ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 石板のパワーが減少、米自然史博物館の 仲間たちが衰弱し始める。原因を探る為、 大英博物館へ向うラリー一行 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑..
Weblog: cinema-days 映画な日々
Tracked: 2016-01-09 04:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。