2015年04月16日

映画:「バードマン」♪。

平成27年4月16日(木)晴れ

映画:「バードマン」。

原作があって、映像技術と音響効果を活かして、画面いっぱい大騒ぎ、スパイス的にイイ話と切ない話の加わったヒーロー作品や続編物が次々と公開!な現状に、抗おうとしてるのか、警鐘鳴らしてるのか、肯定せざるをえずないのか、その現状の中で生きていくことにするのか、主人公の気持ちはどう結論つけたのかな?と思った作品。

主人公の気持ちが分からないままなのは、たいした事では無いのだけれど。。。

座席が動いたり、映像が特別だったり、匂いや風がでてきたり、そういう風に映画館が整備されてるのは、作品がそういう作りで、そういう作りの作品が増えたから映画館がアトラクション的な作りになってきたわけで…。
そいういうアトラクション的な作品にしかお客さんが集まらないから、そういう作品になるんだ、本当はもっと他に作りたい作品があるんだ、という主張をしたいのなら、腑に落ちない。
出演者さん達は、ど派手なアクション・ヒットする(お客さんが入る事)事うけあいの作品に出演し、巨額の報酬を得て、裕福な暮らしをしているんだよね。

アトラクションを望むお客さんと高い出演料を手に入れる出演者、需要と供給がマッチしてるんだよね。

で、爆発的ヒットした作品もそのうち飽きられて、うまくシフトチェンジできなかった役者さんは落ち目になる。
という事は、その作品も役者さんも、記憶には残るけど、心には残らなかった、って事でしょ。

で、落ち目になってから、本当は、心に残る作品が作りたいんだ!!って、主張されても…ね。
記憶に残る方で、いい思いを過去にしてきたのなら、プラマイゼロな人生なんじゃないのかな…。

事実、心に残る作品は、上映劇場増えていくし、パッケージ化されても人気は何年も続く。
かなりの年数が経っても、「あぁ、こうこうこういう話だったよね」って、ちゃんと思い出せる。

空調も音響も映像も素晴らしい映画館で、
社会にちゃんと伝えなくちゃいけないことだからと、
人や動物が爆風や攻撃で
血飛沫あげながらバラバラになっていく様子を
上映されても、観に行こうと思えない。
映像は、進化しないんだもん。
ロングランしたとしても、何ヶ月間も作られた時のままの繰り返し再生。
そこに熱量は無い。
観た人は、あぁ、大変なのね、怖いわね、改善しなきゃね、とは思うだろうけれど、たぶん時の経過で忘れる。
何ヶ月か毎に今はこうです、と、映像が更新され続け、公開され続けるなら別だと思うけれど。

舞台用の長台詞を映像化するのも、そう。
劇中、バードマンの、観客は、長台詞なんか望んでない、は、分かる。

快適な環境で、シェイクスピアみたいな回りくどい表現がつづいたら寝るって。。。

生身の人間が目の前で喋るから、長〜〜〜い台詞も観ている人に伝わるの。

同じ内容でも、回を追う毎に進化するから、変化するから、伝わるの。
延々と撮った時のままのものが繰り返されても、もし、話題になったとしても、数年で忘れ去られるよ、きっと。

「上映期間中に映画館に行かないと観られない!」という時代から「ほんの数ヶ月で安価で自宅で鑑賞できるパッケージ化」な時代になっちゃった今。

興行収入多い作品は、派手な作りなものになっちゃった…。

これから先。。。
映画として作る事で、観た方も作った方も満足できるもの、って、何なんだろう…。



posted by みぃみ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(14) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
Excerpt: 舞台裏の悪戦苦闘 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/birdman 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  「21グラム」 「バベル」 かつてスーパーヒーロ..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2015-04-16 20:12

バードマン あるいは(無知がもたらす予知せぬ奇跡)見に行った〜。(;´∀`)
Excerpt: いつもはサブタイトルを何かつけるんだけど、タイトル長すぎ〜。(^_^;)・・・ってそれはどうでもいい。 アカデミー賞の授賞式を見ていた時に妙に印象に残ってしまったのは、 司会をやってたひとがこの映..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2015-04-18 16:56

映画:バードマン Birdman 中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快?怪作!
Excerpt: 来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまっ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2015-04-18 21:20

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)★★★★
Excerpt: 『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督を務め、落ち目の俳優が現実と幻想のはざまで追い込まれるさまを描いたブラックコメディー。人気の落ちた俳優が、ブロードウェイの舞台で復活しようとする中で..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-04-19 18:05

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は二兎を追う
Excerpt:  グッとくる題名だ。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。  映画..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2015-04-21 00:25

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)
Excerpt: 今年のアカデミー賞作品賞ほか最多4部門で受賞のアレハンドロ・ゴンザレスイニャリトゥ監督作品。 「アモーレス・ペロス」や「21グラム」「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」 ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2015-04-26 23:32

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」□監督・脚本 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□キャスト マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2015-04-28 08:04

バードマン
Excerpt:  『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)本作(注1)は、本年度のアカデミー賞作品賞を獲得した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作の..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2015-05-01 21:15

再起をかけた男
Excerpt: 13日のことですが、映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは落ちぶれた今、自分が脚色・演出..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2015-05-14 18:59

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
Excerpt: 芝居を観るのは体力がいる。昔からずっと感じていた事である。LIVE感というのか、生身の人間のパッションがそのまま迫ってきて、こちらの魂が吸い取られていくような。真剣勝負だ、相討ちだ、と、喉元に刃を突き..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2015-05-15 12:42

[映画][☆☆☆☆★]「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」感想
Excerpt:  「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督(兼脚本・製作)、「バットマン」のマイケル・キートン主演。かつてヒーロームービーで一世を風靡したものの、その後は泣かず飛ばずの俳優人生を送って..
Weblog: 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
Tracked: 2015-05-23 19:31

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 【劇場で鑑賞】
Excerpt: 『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督 の新作でマイケル・キートンが主演を務め、本年度 アカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞と 4つもの受賞歴を誇るブラックコメディー映画 『バード..
Weblog: 映画B-ブログ
Tracked: 2015-05-26 23:10

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
Excerpt: BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 2014年 アメリカ 120分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/10) 監督..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2015-09-04 14:17

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance))
Excerpt: 監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 主演 マイケル・キートン 2014年 アメリカ映画 119分 ドラマ 採点★★★ 平均寿命から考えると、人生の折り返しってのをとっくに過ぎてしまったミドルエイジ..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2015-10-08 17:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。