2015年09月09日

映画:「アンフェア the end」♪。

平成27年9月9日(水)☀。

映画:「アンフェア the end」。

監督・脚本:佐藤嗣麻子
原   作:泰建日子
キャスト:
雪平夏見:篠原涼子・津島直紀:永山絢斗
小久保祐二:阿部サダヲ・ 山路哲夫:寺島進
三上薫:加藤雅也・雪平美央:向井地美音
特捜部長:吉田鋼太郎・武部将臣:AKIRA
一条道孝:佐藤浩市・村上克明:山田孝之・村上成明:寺田農
ストーリー:
ネイルガン殺人事件から4年が経ち、元夫の命と引き換えに国家を裏で操る秘密組織の機密データを手に入れた雪平夏見(篠原涼子)は、最も効果的な反撃の方法を探していた。
そんななか、転落死体が発見される。現場で雪平が見つけたのは、10年前の推理小説事件から始まる一連の事件で使用されたものと同一の1枚の栞だった。そこには、“アンフェアなのは誰か?”と書かれていた。そして、転落死体はネイルガン殺人事件の黒幕・村上克明検事(山田孝之)だった。
一方、克明の父親の元検事総長村上成明も自宅で殺されていた。
更に、推理小説事件の犯人たちを結び付けたサイトが復活していることが判明。
そして、村上殺しの容疑者として警察に拘束されている津島は、「権力組織の闇を暴くために、協力してほしい」と雪平に懇願する。
時を同じくして、最高検察庁観察指導部検事の武部(AKIRA)も雪平に接触してくる。
国家の闇を暴き、父の死の真相にたどり着こうとする雪平の運命は…。


DSC_0056.JPG

ドラマからの長〜〜い年月を経て、待ってましたの完結編。
自分の目で確認&集中して見たくて、7日:月曜日、超前方席にて鑑賞。

美人さんで強くて無鉄砲だけど優しくて儚い雪平を、次々襲う危機に、ハラハラドキドキ。
雪平の回りの男性陣、味方になったり敵になったり、大忙し!。
病院からの逃走も、組織に捕まっちゃった所も、亡命の為の高層ビル内も、スリリングだった。

冒頭、かおるちゃんが、あっさり組織側な事が明白になった時は、かなりショックだったけれど、
三上の最期の「俺は最初から雪平の側だ、雪平の為にお前等の側に加わったんだ」に、
かおるちゃん、いい人だったのね〜〜と、うるうる(T_T)。
(一条に撃ち殺された場面の後、捜査本部で、「三上の姿が見えない」って話してたけど、いたぶって殺すように命じた武部に背き、三上の頭を一発で撃ち抜いた一条。津島が取調室から逃亡した時の雪平の仕掛けのように、何かの細工が弾にしてあって、実はかおるちゃん生きてます♪だといいなぁ…と思った。個人的には、かおるちゃんのスピンオフドラマが見たい…。)

一条とかおるちゃんが、組織のトップが変わった事について、「命ぜられれば誰だって殺す。お前もだろう?」と、お互いの事じーっと見ながら話している場面、二人共、かっこよかった♪。
覚悟を決めた熟男二人の事をも、虜にしちゃう雪平って、ほんっと魅力的なんだな〜と思った。

なんやかんや言いながら、山路・小久保・安藤(瑛太)・瀬崎(西島秀俊)・結城(大森南朋)・斉木(江口洋介)他、イイ男達を、芋づる式に釣り上げる雪平、う、うらやま…。

自分の事撃った相手をきっちり認識して目には目をな感じで撃ち殺した山路さん、(過激だけど)男前だった。
もちろん、出世を投げうって(笑)、駆け付けた小久保さんも♪。
雪平最後の難関アクションに登場の警備課(?)警務課(?)の山本(山路に撃ち殺された人)が、丸山智己さんだった為、「SP」と繋がって堤さん出てきたりするのかしら(^^)なぁんて、あの緊張感の中、考えた。

吉田鋼太カさん出演なさってるのなら、黒幕の攻略超難関なラスボスにすえて欲しかった。

結末は、豊洲警察病院占拠事件時の警視総監、今作品では、元検事総長:村上成明(寺田農)=克明の父親 が、組織のトップで、一条に指示して雪平の父親を殺させた。
村上親子は、組織の中の誰かが殺したけれど、雪平の情報公開によりこれから一網打尽になる、で、いいのかな?。

ちょっとだけ不満。
これが映画制作におけるアンフェアな出来事なのかしら?と思う程、
一条と三上が武部のことを称した “なりあがりもの”という台詞そのままのAKIRAの抜擢と映りの長さ。
長かったお話の集大成の作品に、上手な人達の中に、こんな下手くそ入れないで欲しい。
そりゃ、こころおきなく、一条も三上も武部の事、裏切るよ。
津島の父親の事件設定、バスと白バイの捏造あり?な実際の事件をアレンジしているのだろうけれど、
安藤ネタを絡めてこないのなら、もうちょっとしっかり演技できる人を配して欲しい。
両名共、一条に撃ち殺されて、スッキリ!。

世の中にフェアなことなんて何もない
目には目を
復讐には復讐を
アンフェアにはアンフェアを


アクション、駆け引き、等々、とっても楽しめて、満足な「最後」だった💠。
エンドロールの懐かしい映像達も、嬉しかった〜🎵。
posted by みぃみ at 13:27| Comment(8) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪平の父親殺害の事件を最後まで引っ張ると思っていたのですが、
意外とすんなりと犯人が判ってしまって…
そこがちょっと残念。

それでも、展開はスピーディーですし、
誰が裏切っているのかも分からないようなストーリーはとても見応えがありましたね♪
あのスマホを落としたシーンで、分かってしまいましたけど(苦笑)

そうそう、エンドロールが良かったですよね。
ホント懐かしい映像満載でした。
Posted by BROOK at 2015年09月09日 16:24
BROOKさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

津村の作った
一条を陥れる罠かと思ったりもしながら
観ていましたが、ほんとにアッサリでしたね。
ずっと見ていた人と恋におちて…撃てなくて…。
なんだか、切なかったです。
最後、一条に守ってもらった雪平は幸せ者
という理解でいいんですよね…。

私、雪平を指名からの津村のお父さんの話を聞いた辺りで組織と繋がってるのかな?と疑っていました。
(雪平にすり寄りすぎ:爆)
なので、2人の海外のジャーナリストさん気の毒…と。

エンドロール、ほんっと良かったです〜。
ここしばらく、土日に
過去の映画及び放送済のドラマのテレビ放送があるので、たっぷりひたります〜。
Posted by みぃみ at 2015年09月10日 10:24
そそ、黒幕がアレでは役不足ですよね。
けど吉田さんでは如何にもだし、こちらの起用はフェイクのつもりだったのでは・・と勘繰ってます。

一条さん、どうせなら薫ちゃんを撃つときにさくっと彼を撃って欲しかったわ〜

あと、津島と安藤が義理の兄弟とかいう設定も少しばかり期待していたんですけどね〜〜
Posted by たいむ at 2015年09月11日 13:45
たいむさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

そうなんです。
10年積み重なった最後の黒幕には、役不足…。
悪人顔なので、逆に、実直ないい人のまま、
一条に撃ち殺されたら、
配役の事をアンフェアだわっ…とは思わなかったと思います。
安藤と津島も、何らかの関係があればよかったですね。

ですよねっ!。
トムたんのローグ・ネイションばりに、かおるちゃんと雪平を助けて、武部一味を撃破っ!!。

最期と銘打ってある為、雪平、死んじゃうの?と心配していましたが、
お話の最後だったので、ほっとしました(^o^)。
Posted by みぃみ at 2015年09月14日 10:53
私は最後までかおるちゃんは死んでないって信じていたので
エンドロール終わってもひょっこり現れるとばかり思っていた〜。ショック〜〜〜。
みぃみちゃんが言うように、実は・・ならいいのにね♪

今日サンルーム大掃除してたら
「アンフェア」劇場版のチラシが出て来て、やっぱ雪平わか〜〜い!って思った。
今ももちろん若いけど、なんかピチピチっていうか
若さが弾けてたな〜。
今はちょっと落ち着いた雪平になってそれもヨシ。
しかも娘(名前忘れた)が今回は全然っていうのもちょっとなぁ。ここまでギリギリに追い詰められていたら、TELで話すシーンでもあってもよかった。

AKIRAさんは・・・
申し訳ないけど、駄目。
Posted by マリー at 2015年09月20日 20:03
マリーさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

かおるちゃん、生きてて欲しいです(願)。
前回のボーガンの雪平みたいに、むっくり起き上がる。
(かおるちゃんの場合は、ひょっこり?(^^))

お宝発掘!なさったのですね。
ピチピチ(笑)。←おっしゃる事、わかります。
落ちついたしっとり雪平もE〜ですね♪。

みおちゃんは回想っぽかったですね。
確かに短い…。

ね、彼は、踊って歌ってスポーツして、が、いいと思います。
適材適所☆ですよねっ。
Posted by みぃみ at 2015年09月25日 10:49
みぃみさん、こんにちは!

久しぶりなのにもかかわらず、予習なしで見に行ったので、ちょっと最初はなんだっけ〜って感じでした。
確かに雪平が絡んだメンバーは錚々なメンバーですよね。
無駄に美人じゃないです(笑)。
美央ちゃんが大きくなっていて時の流れを感じてしまいました。
Posted by はらやん at 2015年11月15日 09:34
はらやんさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

あはっ。かなりの年数経ってますものね〜。
各々インパクト大な方達が出演なさっているので
私は、時系列こんがらがってましたよ(^^)。
無駄に美人じゃない雪平さんが惹きつけちゃう
黒い(爆)人達。
近づいてくる黒い人達の事も信じちゃう彼女は、とっても危うくて魅力的でした。

みおちゃん、おっきくなりましたよね〜。
病院の廊下にちょこんと座ってる姿、可愛かったの思い出します〜。

Posted by みぃみ at 2015年11月17日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『アンフェア THE END』 2015年9月6日 TOHOシネマズ市川
Excerpt: 『アンフェア THE END』 を鑑賞しました。 この映画は本当にこれで終わるのか 【ストーリー】  警察病院占拠事件やネイルガン連続殺人事件を経て、国家を動かす謎の権力組織に関するデータを手中に..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-09-09 13:55

劇場鑑賞「アンフェア the end」
Excerpt: 終結… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201509050000/ 【楽天ブックスならいつ..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2015-09-09 16:17

アンフェア the end
Excerpt: 今週も、雨模様の日が続きます・・・
Weblog: Break Time
Tracked: 2015-09-09 19:49

アンフェア the end
Excerpt: ネイルガン殺人事件から4年。 元夫の命と引き換えに、国家を裏で操る秘密組織の機密データを手に入れた雪平夏見は、最も効果的な反撃の方法を探していた。 そんな時、東京地検特捜部の検事・村上と、その父親が殺..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-09-10 16:43

「アンフェア the end」みた。
Excerpt: 篠原涼子主演による『アンフェア』シリーズの完結編。原作とは別の話になってしまったものの、これはこれで付き合ってきたシリーズ。内容としては大雑把にまとめた感は否めなかったけれど、篠原さんの結婚・出産など..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2015-09-11 13:49

アンフェア the end
Excerpt: 警察内部の不正を追求する基本ストーリーは変わらないで、徐々にその全体像を白日のもとにさらしていく。今までの作品と基本的構造は同じで、少しマンネリ感もある。権力保持のための大きな不正を雪平が世間に公表し..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2015-09-15 21:00

アンフェア the end ★★★
Excerpt: 秦建日子のベストセラー小説を基にした、人気テレビドラマの劇場版第3弾にしてシリーズ完結編。国家の陰で暗躍する一団に関する機密を手にした警視庁捜査一課の女性刑事・雪平が、壮絶な戦いに身を投じていく。前作..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-09-29 17:37

「アンフェア the end」:おしまいなのでサービス、サービスぅ〜
Excerpt: 映画『アンフェア the end』は、TVから映画へと10年続いてきたこのシリー
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2015-09-29 23:34

アンフェア the end
Excerpt: うん、まぁ面白かったけどDVD出てからでも良かったかな。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-10-13 19:53

アンフェア the end(ネタバレあり!)
Excerpt: [アンフェアthe end] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2015年29本目(28本目)です。 【あらすじ】 4年前のネイルガン連続殺人..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2015-10-18 19:21

「アンフェア the end」 裏切られても・・・
Excerpt: 前作の「the answer」から本作までずいぶん間が空いていたため、いろんなこ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2015-10-31 08:36