2016年01月21日

映画:「ブリッジ・オブ・スパイ」♪。

平成28年1月21日(木)

映画:「ブリッジ・オブ・スパイ」。

監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
音楽 トーマス・ニューマン
ストーリー:
アメリカとソ連が一触即発の状態にあった冷戦下の1950〜60年代。
冷戦状態の中、アメリカ合衆国と旧ソビエト連邦は、互いの動向を探るため、各々相手国へスパイを送り込んでいた。
ブルックリンに住むルドルフ・アベル(マーク・ライランス)は、絵を描きながら、スパイ活動をしている旧ソビエト連邦のスパイだった。
ある日、アベルは、スパイの容疑で逮捕されてしまう。
ジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)は、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。彼は、所属事務所からアベルの弁護を依頼されるも、旧ソビエト連邦のスパイを弁護する事に心血を注ぐドノバンに米国内から批判の声が向けられドノバンの家族は危険にさらされる。
ドノバンの尽力により、死刑を免れたアベルは、収監されていた。
一方、米軍パイロットのゲイリー・パワーズ(オースティン・ストーウェル)ら数人は、旧ソビエト連邦の動きを探るため、CIAのスパイに米国から任命される。彼等に命ぜられた事。それは、スパイ活動が見つかった際は、証拠を隠滅し自らも自害する事…。
だが、パワーズは、スパイ活動に向かった矢先、旧ソビエト連邦領空で撃墜され、証拠隠滅もできないまま旧ソビエト連邦に拘束されてしまう。
ドノバンはCIAのスパイ、ホフマン(スコット・シェパード)から、アベルとパワーズの交換を民間人として行うよう指示される。
その頃、アメリカ人学生フェデリック・プライアー(ウィル・ロジャー)は、ベルリンの壁の辺りを、彼女のカーチェ(ナージャ・ボブィレヴァ)を西側へ連れ出す為に自転車で走っていた所を、シュダージ(東ドイツの国家保安省)に、スパイの容疑をかけられ捕まってしまう。
ドノバンは、パワーズとプライアー2人のアメリカ人と、旧ソビエト連邦のスパイのアベルを交換しようとし、東ドイツ人の弁護士のヴォルフガング・フォーゲル(セバスチャン・コッホ)と交渉…。
だが、東ドイツは、アメリカと東ドイツという国同士の取引にしない限り、プライアーは引き渡さないと主張。
果たして、米ソ両国のスパイ達とアメリカ人学生の運命は…。


2016年、映画始めに鑑賞。

「アベルの発する言葉達」が、とても印象的な作品。

旧ソビエト連邦のスパイのアベル。
アメリカで逮捕され、裁判にかけられる。
死刑が既定路線の審理中…。
弁護についたドノバンから「死刑になるかもしれないが、不安はあるか?」と問われた時…。
アベルは「不安は無い。あっても役に立たないものだから」と答える。
更に、ドノバンから「死ぬのは怖くないか?」と問われた時には、
「死ぬのは怖くない。だが、第一希望ではない」と答える。

そして、米ソが互いのスパイを交換する事となり、旧ソビエト連邦へ引き渡される時…。
「情報を漏らしたと疑われてひどいめに遭うのでは?」と問うたドノバンに、
アベルは、
「引き渡された時、彼等が抱擁して迎えてくれれば、信じてくれている。
車の後部座席に座らせるだけなら、疑われており尋問されるだろう。
人と人との間は、信頼関係がある事が原則であるが、時に人は間違いを犯す。
それはそれで仕方がない。」
と答える。

不安になって思い悩んでいたとしても、物事は実際に起こってみないとどうなるかわからない。
それなら、事が発生した時点で考えれば良いわけで、なるようになった時に考えるでいいのよね、と
気持ちが楽になった。
「死」に関しても、上と同じ。
そして、人は時に間違うものだと思えば、落ちついて対応できるし、
間違った認識で接してきた相手にも広い心で接することできるよね、と思った。
疑心暗鬼で相手を探るより、おおもとの「善なる関係」を信じてみる方が、気も楽だよね。

生きていくうえで、とても役に立つ考え方だと思った。

車の後部座席に座らされたアベルの事、とっても心配なるも、
最後の、アベルは家族のもとに戻った、という説明書きから、大丈夫だったと信じたい。

ベルリンの壁崩壊のニュース。
テレビで見て、良かった、良かった♪との〜んびり感じてたけれど…。
今作を観て、壁ができていく途中や、完成してからの恐ろしい悲劇にショックをうけた。
周りを歩いているだけで捕まって罰せられたり、壁を越えようとすると撃ち殺されるなんて…。

東ドイツでドノバン氏が男達にからまれてる所や検閲所等、やばやばな状況に、
字幕表示無く、きこえてくる東ドイツ語(?)に、緊張感倍増。

アメリカも…。
めっちゃ狡猾。
ドノバンにはボロアパート、自分はヒルトンに泊まってるとか、
軍人さん達を勝手に人選してスパイ業務をさせて、相手国に見つかったら自爆してね、とか。
仕事させときながら、バレたら、国は関係ないから的な考え方は、この時代の当たり前な国民の扱いだったのかな〜と。
一番は国、国のために働くのが国民。
こわっ…。

嘘臭いロシアの家族に(笑)。
アメリカのバスの中から見えた子供達が、フェンスを越えてる場面にビクッ(@_@)とした。
もちろんなにもおこらないんだけど…。
パイロットさんの事、面倒かけやがってな扱いは、わかるようなわからないような。
イレギュラーな時、動揺したり焦るのはきんもつなのね。
落ち着いて目的を果たすためにどっしりかまえてるのが一番。

寝室に入った途端ベッドにバッタリ爆睡してるドノバンさん、お疲れさま〜。
そして、ドノバンの奥さまの「お胸の形のよさと大きさ」に見とれてた(うらやましい…)。

ハンカチは持ち歩こうと思った。

新年最初の鑑賞に選んで良かったと思った作品
posted by みぃみ at 11:15| Comment(14) | TrackBack(27) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今までにないスパイ映画といった感じでしょうか♪
さすがスピルバーグとコーエン兄弟が手を組んだだけはあります。

笑えるシーンもあるけれど、
それ以上にずーっと緊迫した雰囲気が出ていて、
最後まで持続していましたね。
どうなるんだろう?と、ハラハラドキドキと。

ドノヴァンがカストロ議長とも交渉したとのエピソードが最後に語られていましたけれど、
それも詳しく知りたくなりました。
Posted by BROOK at 2016年01月21日 16:18
BROOKさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

昨年から今年にかけてのスパイ本人達の作品を観た後ですので、
もし見つかったら?な今回のスパイの周りで動く人々、は、新鮮でした。
職業:スパイ←かっこいい〜ではいけないんですよね。

ドキドキハラハラでした。

そして、職業人としての在り方も見せてもらいました。

そうそう、最後のあれ、
どうやって大勢の方を救ったのでしょうね。
おそろしいかも?ですが、そちらも映像化して欲しいです☆。
Posted by みぃみ at 2016年01月21日 17:25
アベルの飄々としたキャラクターが良かったですね。
「不安は無い。あっても役に立たないものだから」には、そらそうだよなあと。
帰国後はちゃんと復帰できたそうなので、ドノヴァンの心配は幸い杞憂でしたね。
向こうにも信念の人をちゃんと見極める人がいたのでしょう。
Posted by ノラネコ at 2016年01月21日 22:20
アベル爺さん(入歯だったし)がドノバンより若いというのが可笑しかったです。
なんであんなに老人っぽいのか
それとも、そう演じていたのかが気になってます(笑)

スピルバーグの民衆に呑みこまれる被写体の撮り方が
ほんとに上手いな〜と思いました。

ど派手な諜報員もいいけど
地味だけどこういう感じの方が現実感ありますよね。

Posted by ituka at 2016年01月21日 22:48
ノラネコさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

アメリカ映画で、
ソ連(ロシア)のスパイを「義」を通す人、
自国のスパイを拷問に屈したのを隠した人、
に、きっちり書いてあるのが新鮮でした。

社会主義と(発展途中の)民主主義、
それぞれの国の持つ雰囲気や特徴もわかりやすかったです。

アベルの事、ほんっと心配しましたよ。
大丈夫なようで、ほっとしました。
Posted by みぃみ at 2016年01月22日 09:25
itukaさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

そうでした!そうでした−!
入れ歯でしたっ。←今、思い出しました。
年老いて見えたのは、「苦労しました」な意味合いもあるのかも?ですね(^^)。

そうですねー。
映ってる画も、作品を、がっつり後押ししているの
すごいなーーと思います。
それぞれの登場人物もとっても丁寧に書いてあって…。

はい(^^)。
トムたんも英国紳士もちゃちゃちゃら〜な方も
大好き♪です。
Posted by みぃみ at 2016年01月22日 09:35
さすが、スピルバーグ監督といいますか、王道を固めて、人間ドラマを作らせたら、抜群ですね。

良識は更新されるもの、と思いますが、
王道を往きながら、新たな世界を作って見せる手法。
それは、彼らの母国アメリカ、だったと。

でも、多くが求めながらも、誰もが望む愛国心の源とは限らず、
アベル大佐のような、対極にある極寒の国を望む人も居ると。

決して、豊かでは無い国にあった、犠牲を出しながら、
何が彼らを支えたのか、無数の同志が息づく同じ国の人間である、
という連帯感があったのかな、と。そう思いました。
Posted by at 2016年01月24日 17:22
こんにちは。

>「アベルの発する言葉達」が、とても印象的な作品

本当にそうだな〜って思った。

>車の後部座席に座らされたアベルの事、とっても心配
えーーーーって思ったら最後の言葉でほっとした。

なんか、ロシアのスパイの偽の家族が出てきてた時も部屋出た瞬間に真顔になったりさあ、こういったところもコーエンっぽいというか、なんか脚本がいいな〜って思いました。

Posted by Nakaji at 2016年01月24日 19:44
こんばんは。
最後にアベルがどの席に座るのかドキドキしましたね。
その後は....とりあえずはホッとしましたが、一番緊張したかも。

シリアスな物語でしたけど、あの胡散臭いロシア家族は笑っちゃいましたよね。
そういうクスッとするシーンもあって重くならずに観られたのは良かったですね。
Posted by yukarin at 2016年01月24日 20:24
隆さん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

「キャプテン・フィリップス」が
個人的に合わなかったので、
鑑賞を迷っていましたが、
観て良かったと思いました。

徹底した統治下にある社会主義国の中で育つのと
ある程度自由のある民主主義国の中で育つのと
どちらがどうなんだろう?と考えてしまいました。
捕まったアメリカのスパイは少々吐露したものの
帰国時には喋ってないと嘘をついて…。
旧ソのスパイは最初から最後まで自分に課せられた勤めを果たす。
解放された後のスパイ2人の辿った道が
ちゃんとプラスマイナスゼロになっていた事に、ちょっと安心したりも…。

作品全体も人物像もしっかり書いてある
いい作品だと思いました。
Posted by みぃみ at 2016年01月26日 15:50
Nakajiさん>こんにちは♪。コメントありがとうございます。

アベル、従事してる職務は恐い事なるも、
人としては、筋と芯の通った人だなぁと思いました。
そして、彼に、ドノバン氏が弁護についてよかったなぁと思いました。

終盤、車に乗るアベルに、私もえ〜っとなりました。
「絵」が忘れ形見になるなんてさみしすぎる…と。

そうですね。
(たぶん嘘の)御家族、くるっと変わりました。

しっかり作ってあると感じた作品に出会えてよかったです(^^)。
Posted by みぃみ at 2016年01月26日 15:56
yukarinさん>こんにちは。コメント、ありがとうございます。

>一番緊張したかも。
私も、順番に解説されていく間、
大丈夫であって欲しいと思いながら、
すごく緊張しました。
満場一致で
学生さんがスパイになっちゃったのを
見ていたのも影響しているかと思います。

そうですね。
偽物だろうな〜と思いながら見ていると、やっぱり!。
Posted by みぃみ at 2016年01月26日 16:25
国に尽くすとか、特に戦後生まれの平和な日本人には無縁の話って感じなわけで(良し悪しは別の話として)、各国のあまりの理不尽さに絶句といった感じ。

同時に戦争時に戦地に赴く行為は自己責任だけど自己責任だけでは済まないと思うわけで、不用意で迂闊な行動も考えるべきと思ったり。

民間レベルで最大限の結果を引き出したドノバン氏の勇気と覚悟、しかと見届けたって気分になれる映画でした。
Posted by たいむ at 2016年02月01日 15:25
たいむさん>こんにちは♪。コメント、ありがとうございます。

国命は、人命より優先!が明確な時代が
どこの国にもあった事、驚きました。
今もいざ!となれば、強制的なのでしょうけれど、
特にアメリカの強制スパイ徴収は、衝撃でした。

お国のために命を捨てられるかな…と考えちゃいました。
逃げても後が大変だし、戦っても死んじゃうかもしれないし…。

ドノバン氏、ものすごい勇気と潜在能力と行動力でしたよね。
頑張った事、大統領に伝わってたのは、ちょっと安堵しました。
Posted by みぃみ at 2016年02月02日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432819633

この記事へのトラックバック

ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt: 交渉術は大事です 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy 事実を基にした映画 製作・監督: スティーヴン・スピルバーグ 米ソ冷戦下の1957年。ニュ..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2016-01-21 12:23

ブリッジ・オブ・スパイ ★★★★
Excerpt: 一触即発の緊張状態にあった米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイ交換をめぐる驚愕の実話をコーエン兄弟の脚本、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫と感動のサスペンス・ドラマ。..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-01-21 12:33

劇場鑑賞「ブリッジ・オブ・スパイ」
Excerpt: 信念を、持ち続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601090001/ ..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2016-01-21 16:12

"Standing man"『ブリッジ・オブ・スパイ(Bridge of Spies)』スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、マーク・ライランス、他
Excerpt: 注・内容・台詞に触れています。『ブリッジ・オブ・スパイ』Bridge of Spies監督 : スティーヴン・スピルバーグ脚本 : コーエン兄弟、マット・チャーマン出演 : トム・ハンクス、マーク・ラ..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2016-01-21 17:00

「ブリッジ・オブ・スパイ」Bridge of Spies (2015 FOX=ドリームワークス)
Excerpt: 陶然とする。死ぬまでに、あと何本のスピルバーグ作品を見ることができるのか、とまで考える。いっしょに見ていた妻は「これを一年の最初に見ちゃったら、次に苦労するわね」まったくです。スピルバーグの映画は..
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2016-01-21 19:11

ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt: あらすじ アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、アベルは..
Weblog: ♪HAVE A NICE DAY♪
Tracked: 2016-01-21 20:21

ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt: 『トゥルー・グリット』に続いて、コーエン兄弟とスティーヴン・スピルバーグがタッグを組んだ『ブリッジ・オブ・スパイ』を観てきました。 ★★★★★ 前回のタッグでスピルバーグはプロデュース業でのみ携わっ..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2016-01-21 20:37

同じ人を見ているのに・・・。『ブリッジ・オブ・スパイ』
Excerpt: 東西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件「U-2撃墜事件」の舞台裏を描いた作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2016-01-21 21:54

ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt: スティーヴン・スピルバーグ監督が冷戦時代の事件をトム・ハンクス主演で映画化したドラマです。 ずっと前から予告編を観ていたので、公開を楽しみにしていました。 この世界がそれほど遠く無い時代の出来事なのね..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2016-01-21 22:07

ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt: 評価:★★★★☆【4.5点】(10) 安定した面白さはむしろ地味な作品の方が多いのでは。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2016-01-21 22:18

ブリッジ・オブ・スパイ / Bridge of Spies
Excerpt: 事実に基づく作品。U-2撃墜事件でソ連に抑留されたフランシス・ゲイリー・パワーズの釈放にまつわる話を描いている。 U-2撃墜事件は、ちょうどベルリンの壁が構築されて時期にも近く、冷戦が最高潮の頃。そ..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2016-01-21 22:23

ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt: BRIDGE OF SPIES 上映時間 142分 監督 スティーヴン・スピルバーグ 出演 トム・ハンクス/マーク・ライランス/エイミー・ライアン/ビリー・マグヌッセン/アラン・アルダ/スコット・シ..
Weblog: to Heart
Tracked: 2016-01-21 22:32

映画:ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spy  よくも悪くも、スピルバーグ印(笑)
Excerpt: 冷戦時代。 NYブルックリンで、ソ連のスパイが逮捕される。 裁判に際し、自由の国アメリカのイメージを世界に示すためにも弁護士をつける必要があり、トム・ハンクス(写真:右)が抜擢される。 期待されて..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2016-01-23 08:08

「ブリッジ・オブ・スパイ」世界を救った男の物語。
Excerpt: [ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード  “監督 スティーヴン・スピルバーグ”“主演 トム・ハンクス”“脚本 イーサン&ジョエルのコーエン兄弟”。各部門でそれぞれ2度のアカデミー賞に輝く彼等..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2016-01-23 16:22

ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt: 激しい謀略戦の代償は、責任ある国家が負う…。冷戦下、米ソ間のスパイを用いた謀略戦は、デッドヒートを繰り広げていた。核爆撃の機をうかがい、その準備として米国に潜伏するソ連スパイのルドルフ・アベル大佐。彼..
Weblog: E'S STREAM
Tracked: 2016-01-24 17:37

ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt: ブリッジ・オブ・スパイ '15:米 ◆原題:BRIDGE OF SPIES ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ「リンカーン」「戦火の馬」 ◆主演: トム・ハンクス、ピーター・マクロビ..
Weblog: C’est joli ここちいい毎日を♪
Tracked: 2016-01-24 19:40

ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt: 【BRIDGE OF SPIES】 2016/01/08公開 アメリカ 142分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、アラン・アルダ St..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2016-01-24 20:16

「ブリッジ・オブ・スパイ」:古き良き米映画の伝統
Excerpt: 映画『ブリッジ・オブ・スパイ』は、ヒューマニスト・スピルバーグらしい信念と正義の
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2016-01-25 23:55

ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt:  『ブリッジ・オブ・スパイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)今度のアカデミー賞作品賞の候補に挙げられている作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「1957年 冷戦の..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2016-01-26 21:42

フツーの弁護士が、がんばりすぎ〜〜〜(;´∀`)「ブリッジ・オブ・スパイ」〜
Excerpt: 正直なとこ私があんまし見るタイプの映画じゃない。(わわわわわ) でも、安定のトムハンクス。ヾ(・∀・;)オイオイ ジェームズ・ドノヴァンは、フツーの市民、フツーの弁護士、それも保険の。 それが、..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2016-01-27 11:13

ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt: JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「ブリッジ・オブ・スパイ」 原題:Bridge of Spies 監督:スティーブン・スピルバーク 脚本:ジョエル・コーエン    イーサン..
Weblog: マープルのつぶやき
Tracked: 2016-01-28 13:50

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt: 映画 『ブリッジ・オブ・スパイ(日本語字幕版)』 (公式)を公開初日の本日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2016-01-28 15:21

「ブリッジ・オブ・スパイ」みた。
Excerpt: スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、ジョエル&イーサン・コーエン脚本のよる米ソ冷戦時代の実話を描いた作品。アメリカとソ連それぞれで逮捕されたそれぞれのスパイを交換する交渉役として選ばれ..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2016-02-01 15:15

「ブリッジ・オブ・スパイ」
Excerpt: 非常にきちんとした作品。更に言えば、トム・ハンクスの独壇場。きちんと真面目に職務を遂行する男。それがトム・ハンクス扮するジェームズ・ドノバンだ。ドノバンは、保険関係を担当している一介の弁護士だ。冒頭の..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2016-02-05 17:43

ブリッジ・オブ・スパイ(ネタバレあり!)
Excerpt: [ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年3本目です。 【あらすじ】 アメリカとソ連が冷戦下だった1950〜60..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2016-02-06 03:22

ブリッジ・オブ・スパイ (Bridge of Spies)
Excerpt: 監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス 2015年 アメリカ/ドイツ/インド映画 142分 ドラマ 採点★★★★ 私の世代的なものもあるのかも知れませんし、いつ見ても似たり寄ったりの..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2016-05-17 17:05

ブリッジ・オブ・スパイ 【劇場で鑑賞】
Excerpt: ゲームにはまってしまい日記もそちらの記事に なってしまいましたが、久々に映画ネタをアップ したいと思います。 こちらは1月に観た映画、スピルバーグ監督の新作 で主演は『ターミナル』以来のタッグとなる..
Weblog: 映画B-ブログ
Tracked: 2016-08-13 20:21