2015年02月03日

映画:「マエストロ」♪。

平成27年2月3日(火)晴れ

映画:「マエストロ」

監  督:小林聖太郎
脚  本:奥寺佐渡子
原  作:さそうあきら
指揮指導:佐渡裕
キャスト:
香坂真一/松坂桃李
橘あまね/miwa
阿久津健太朗/古舘寛治
村上伊佐夫/大石吾朗
谷ゆきえ/濱田マリ
榊涼子/河井青葉
今泉徹/池田鉄洋
鈴木稔/モロ師岡
可部直人/村杉蝉之介
伊丹秀佳/小林且弥
丹下浩/中村倫也
一丁田薫/斉藤暁
島岡脩三/嶋田久作
相馬宏明/松重豊
ストーリー:
ヴァイオリニストでコンサートマスターの香坂(松坂桃李)のもとに、不況で解散した名門オーケストラ再結成の話が舞い込む。しかし練習場は廃工場、集まってきたのは再就職先も決まらない“負け組”楽団員たちと、アマチュアフルート奏者のあまね(miwa)だけだった。久しぶりに合わせた音はとてもプロとは言えず、不安が募る香坂。そこに謎の指揮者・天道(西田敏行)がやって来る。彼は再結成を企画した張本人だが経歴も素性も不明、下ネタを連発し、指揮棒の代わりに大工道具を振り回す。そんな自分勝手な進め方に楽団員たちは反発するが、次第に天道が導く音の深さに全員が引き込まれてしまう。やがて楽団員たちは、その破天荒な指揮に導かれ、それぞれが抱えていた心の傷と挫折から自信を取り戻していく。だが香坂だけは天道の隠された過去を知り、さらに反発を強めていくのだった。そして迎えた復活コンサート当日。意気揚々と演奏に臨むオーケストラのメンバーたちは、天道が仕掛けた本当の秘密を知ることになる……。


バラエティー番組モニタリングで、心の広さとプロ意識をみせてくれた桃李君。
時間調整もいい感じになるので、と、軽い気持ちで鑑賞。

真っ白な状態で劇場に入ったので、大人計画の村杉さん(クラリネット)や、ヴェニスの商人のポーシャ役&ロッキーホラーショー(ブラッド)でイイ感じだった中村倫也君、私の中では教祖様なイメージ強い(ブラッディ・マンディ)嶋田久作(ホルン)さん、女装も楽しい松重豊さん、池田鉄洋さん(コントラバス)と、ずらっと並ぶ手練な出演者さん達に喜び、オープニングにWOWOWの文字を見つけて、期待値上昇。

心揺さぶられて涙が頬をつたう事数回、終盤には立ち上がって拍手しそうになり、
上映終了後は余韻に浸っていたいというか、感動して動けませんでした。

苦悩やプライド等人間の持つ感情の闇、今一歩羽ばたけない音楽家達の技術的闇、
この両方に救いと光がやってくる道程の描き方も、とても温かいです。

音楽でも舞台でも、区切り区切りもしくはまだ音や動きのある間に拍手や歓声をあげられる状況というのは、
心の全部が感動で占められているわけではないと思います。
直ぐに動ける余白のある感動なのだと思います。
身体も心も100%、痺れた感動の直後は、動けません。
作品の中に「天籟」という言葉がありますが、1度経験しました。
降り注ぐ音達がキラキラしながら会場全体を包み込む中、身体中の細胞がざわめいて、
演奏が終わってからしばらくの間、拍手も声もあげられませんでした。
会場全体が、シーーーーンとなって。。。
暗闇の中、舞台の奏者が動き始めるのが見えて、パラッ、パラと拍手が起こり、
直後、歓声と拍手が地鳴りのように響き渡りました。
この映画は、その時と同じ感覚でした。

満員の客席の中。。。
・西田さん演じるマエストロの顔芸。
・マエストロの指揮についていこうとする演奏者達個々人の表情。
・劇場内に響く音楽。
この3点が、ぐるぐるめぐるのを見て聞いているうち、ホロホロ涙が溢れてきました。
生え抜きではないにしろ、音楽を愛する演奏者達と指揮者の全力投球の演奏と真摯な気持ちがダイレクトに伝わってきて心揺さぶられ、涙がとまらなくなりました。

一人の観客の為のレクイエム。
作者が、その音によって聴く者を昇天させる為に書いた音符。
その音を、人一人殺す気で弾け!とマエストロに言われた真一。
指示通りに弾いたら人一人旅立ってしまうという恐れに揺れ動きながらも、
覚悟を決めて弾ききった真一の姿にも泣けました。
真一が全力で送り出した彼女は、きっと幸せな旅立ちだったと思います。
ブラボーな演奏からの誰もがいつかは迎える死への最高のレクイエムでした。

上記2つのコンサートの間及び会場が明るくなるまで、8割強埋まっていた客席からは何の物音もしませんでした、立ち上がって帰って行く人もいませんでした。
なぜだか、その事にも感動して、再び泣いてしまいました。

劇中、「いい音楽を演奏する事も自分達への報酬だと思う」という台詞がありますが、
いい音楽は、弾く側も聴く側も幸せにしてくれると思います。
気持ちのこもった一生懸命なあらゆる事は、人の心を動かし、永遠にのこっていくと思いました。
感動が繋がる事で、芸術も命も、未来へ繋がっていくんだな〜と思いました。
良い作品を創っていただき、ありがとうございました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とっても胡散臭げな天道が「いい音楽」を作ろうとしている事に、集められた奏者さん達がちゃんと気付いて、認めて、ついてくのもいいな☆と思った。
道を極めようとしている者同士の心の通い合いっていいな☆と羨ましく思う。
楽譜通りに弾いたんじゃ、無味乾燥。膨らみをもたせてこその芸術。

ごぼうは、真剣正宗だったのね…。

運命は、1拍おいてからのジャジャジャジャーン。

ホルンの斉藤暁さん演じる顔面神経麻痺だった一丁田さん。
こわーいお兄さん達にボコられて治るのかと一瞬思った:笑。
楽器は、ちゃんとメンテナンスしてあげてねと金さんの金槌コンコン。
バイクの音も、同じ♪ね。
(温かな気持ちになった)
「顔のおっきい方」の嶋田さんにクスッ。

中村倫也君ティンパニー。
やっとメンバーになれたのに解散を言い渡す真一に一言「あんたは未来があるからいいよな」。
グサッときた、両者にとってキツイ言葉だと思った。
コンビニの商品で練習して、いいの?:笑。

オーボエ君とクラリネット君の意地の張り合い。
気取ってても、二人共楽器を愛してる♪。

上達の遅い奏者達にマエストロの言葉。
「これが最後やと思て弾いたことあるか?」
震災で、両親を目の前で亡くしたあまねが、心を込めてふくフルートの音色。
(とってもとーっても心に響く音で涙溢れてきた)
口蓋が高いといい音が出るのね♪。お漬物噛む音も参考になるのね♪。

大石吾朗さん演じるヴァイオリンの村上伊佐夫さん。
年配の為、指が素早く動かなくて一人さらし者状態からの解散決定。
自殺しようとしたのをすんでの所でとめたマエストロ。
村上さんが初めてオーディションに受かった時の曲を指揮棒でリード。
そしたら、ちゃんと指が動いたー。
(ボロボロ涙が溢れてきた)
「報酬はお金だけでしょうか?いい音楽を弾くことも報酬では?」
「オーケストラで弾こうとするなら、みんながいる、今できることが必要」
の台詞も印象的だった。

マエストロが、1人で指揮棒ふって練習している所に1人増え2人増えてくのも泣けた。

演奏会、指揮棒が飛んでっても、みんなが指揮者の事見ながら、いい表情でいい音楽を奏でてる姿にも涙。

人はいつかかならず死ぬ、あっという間や。
音楽も消えてってしまう、でも皆で響き合えたら永遠になる。


今年の良い言葉認定〜!!。
posted by みぃみ at 14:27| Comment(6) | TrackBack(12) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

映画:「ST 赤と白の捜査ファイル」♪。

平成27年1月15日(木)雨

映画:「ST 赤と白の捜査ファイル」

監  督: 佐藤東弥
脚  本: 渡辺雄介
原  作: 今野敏
キャスト:
赤城左門・藤原竜也/百合根友久・岡田将生
青山翔・志田未来/結城翠・芦名星
黒崎勇治・窪田正孝/山吹才蔵・三宅弘城
池田草介・林遣都/松戸紫織・瀬戸朝香
三枝俊郎・渡部篤郎/菊川吾郎・田中哲司
筒井桃子・柴本幸/牧村真司・水上剣星
堂島菜緒美・安達祐実/堂島椿・鈴木梨央
鏑木徹・ユースケ・サンタマリア
ストーリー:
天才ハッカーによる囚人脱獄事件が勃発するも、犯人の鏑木徹(ユースケ・サンタマリア)は焼死体として発見される。殺人の容疑者として逮捕されたのは、警視庁科学特捜班“ST”のリーダー、赤城左門(藤原竜也)。罪を認めた赤城は、その理由を“鏑木は許し難いことをした”と語った。“許し難いこと”とは、一体何なのか?その真意が分からないまま、リーダー不在でSTは解散する事に。だが、赤城は拘置所から脱走。
警察は追跡のために青山(志田未来)、結城(芦名星)、黒崎(窪田正孝)、山吹(三宅弘城)ら、STメンバーを招集する。皮肉にも、STは赤城を捕まえるために特別復活することとなったのだ。
最高のチームが最大の敵となり、赤城対STの追跡劇が始まる。
異動を2日後に控えたSTの責任者、百合根友久(岡田将生)も、赤城の無実を信じて捜査に参加、事件のカギを探り当てる。それは“フギン”という、感染したコンピューターから情報を抜き取るサイバー暴露ウィルスだった。事情を知る謎の女・堂島菜緒美(安達祐実)の元に向かうも、一足早く何者かが彼女を誘拐。彼女が誘拐された隣室で赤城と合流する百合根は、ホテルに取り残されていた菜緒美の娘・椿(鈴木梨央)と行動を共にする。
張り巡らされた警察の包囲網の中、事件を追うことになったバディ。
百合根は赤城の真実を知ることができるのか?


面白かったわーい(嬉しい顔)
笑い、うるうる、アクション、会話の妙、むちゃぶり…。
色々楽しくて、おもちゃ箱の中を冒険しているようだった。

時間がいったりきたり。
その度、観ている側の謎が解け、モヤが晴れていくように、心地良い。

警察にハッキングした鏑木に横領痕跡を握られた恨みから鏑木を殺したとして逮捕される赤城。
罪を認めた赤城の鏑木殺害の動機は、「鏑木は許し難い事をした」から。
収監された赤城の無実を信じて、同期を殴って隣の房に入ってくる百合根に目をまんまるにして「何してるんだ!」と身悶える赤城。
鏑木は生きていて、このような替え玉殺人を鏑木が起こした理由は情報収集ソフト「フギン」にある事を確認する二人。
自分で調べた上記を話す百合根への「釈迦に説法、赤城に説教だ!」の赤城の台詞、ツボる(笑)。
朝、起きると赤城は牢屋から脱走して、いなくなっていた。
(ここね、4人の警察官に囲まれてエレベーターに乗る赤城の姿が映った後は、エレベーターが開いて4人の警察官が倒れる中、赤城が立ち去る映像だけなの♪)

百合根は釈放され、事件の鍵を握る女の泊まるホテルに向うも、間に合わず、彼女は連れ去られていて。
かわりに、隣室に赤城を発見!。
なにしてるんですか?とくってかかる百合根。
すったもんだあって、女の娘:椿(10歳)と行動を共にする赤城と百合根。

ホテルから脱走するには、隣のビルへダイブ必須の場面。
赤城「俺の計算では、キャップも必ず飛べる。但し、1ミリでも疑うな、疑ったら死ぬ」
百合根「生かしたいんですか、死なせたいんですか」
椿「(百合根におんぶされて)信じてるから」
百合根ジャーンプ、すると、椿は、百合根をジャンプ板にして向こう側のビルに到達(女って恐い)。
百合根君、ギリギリ手でぶらさがる(ほっ)。

一方、赤城を捕まえる為のチームに志願するSTメンバー。
プロファイリングの青山ちゃん曰く「鬼ごっごの始まりだ。一度赤城さんと対決してみたかった」。
見つけるためのSNSの使い方が、超荒っぽくて。。。
クラスター爆弾投下=本名と顔写真って(←ヲイっ!)。
道行くネットユーザーに撮られて投稿される赤城と百合根。
(ユーザーの「二人共超イケメン」「○○タイプ」に、うんうん揺れるハートと納得)
初めて会った椿ちゃんに、話しかけたキャップ。
「作り笑顔がキモい!」と一蹴されちゃう(竜也君は気の毒な場所を蹴られる)んだけど、STメンバー、キャップの特徴をSNSに、「作り笑顔がキモい」と投稿してた(笑)。

SNSによる投稿データをまとめ、分析した青山ちゃんは、赤城と百合根の居場所を特定。
(SNSのアカウント名:黒崎さん「さすらい人」:笑)

向かった警察達を待ち受けていたのは、かぶりもの達だった〜〜。
やけに強いかぶりもの達と闘う警察達。。。
あれれ?中の人は、菊川さん達…。

一方、ネットには、オークション会場に集まったセレブ達が次々殺され、お金を要求する鏑木達の姿がアップ。
どんどん増えるその映像を見ている人数。。。

だが、実は、その映像はフェイク(演技)であり、そのURLをクリックした機械は「フギン」に感染。
重要なデータが抜き取られる仕掛けが鏑木によってなされていた。

フェイク映像に多くの機械が感染している中、鏑木達は、フギン対策ソフトである「ムニン」をオークションにかけていた。「ムニン」を握るものは世界を掌握すると…。
ムニン落札者が送金を済ませようとする直前、鏑木達のいる場所に辿り着くSTメンバー。

余裕で勝てる!はずが、赤城との鬼ごっこに夢中になりすぎてプロファイリング誤り。
大勢の鏑木の仲間達に取り囲まれ、STメンバー絶体絶命のピンチ。

STメンバーを、救ったのは。。。
(海辺で、赤城と黒崎に手錠で繋がれていた)最高のシューター、百合根君かわいい

という感じで、菌をばらまき、ワクチンを高値で売るというオーソドックスな悪人鏑木は無事に逮捕、事件解決。
オーディンの力をお金にしようとしたのね。。。

スッキリ!!!。

そして、そのスッキリ!!!が伏線達にも。

鏑木のした赤城にとって「許し難い事」は、「百合根が横領したように見せかけていた事」。
(翠ちゃんが、横領したのは赤城であるように書き換えた)

「鬼ごっこ」は、赤城以外のSTメンバーが事件解決の為の出番を得るには、赤城がいる場所を見つけられたら、というのが赤城からの条件だった。

赤城脱走の際、「エレベーター」に入る場面と出ている場面のみが映ったのは、4人のうちの1人が黒崎で、黒崎が他の3人を倒して、自分も倒されたように見せかけていた。
(赤城が、そこまで強いはずは無い:笑)

逃走してた赤城にくってかかった時 、発信器を赤城のポッケに忍ばせた百合根君。
事件解決時、遅いっ!と発信器取り出しながら、入れてた事なんてお見通しと赤城が言えば、たぶんそういうだろう言葉を既に発信器に貼りつけてあった百合根キャップ。
ほんっとうに仲良しさん八分音符

特殊な能力を使うことで、社会と繋がっていけるSTのメンバー達は、自分達の事を叱ったり心配してくれる百合根キャップの事が大好きで、キャップがSTを去る際に自分達ができる恩返しは、キャップのキャリアが綺麗なまま送り出す事。
(なので、同期を殴って収監された百合根を見て、赤城は、驚愕したのね)
百合根のお見送りには、親友にして最高のパートナー赤城が代表になり、「2年間の礼だ」と、大切にしていたガッキー君を百合根に。
とってもとーっても心温まる結末に、笑顔るんるん

2015年、初鑑賞の作品に選んで良かったと思った作品かわいい

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

岡田君、竜也君の超早口の夫婦漫才(o^^o)ふふっ♪。
松戸理事官の部屋から出て行こうとドアに向かった赤城の一瞬早く、外からドアを開けて理事官室に入ってくる百合根キャップ。中へ開くドアゆえ、おでこを打ち、床に倒れる赤城。
怒る赤城をほぼ無視して、理事官と話す百合根。
百合根と松戸理事官との会話が、(百合根の台詞についてのみ)横から自分への謝罪を百合根に求め続ける赤城の声と、会話が成り立っているのも楽しい。

竜也君の「31歳だ」の連呼。

へこんで廊下で座り込む百合根君、三枝さんに「捨てられた子犬の真似ですか?お上手ですよ」と言われる
(この台詞が入ると「可哀想」に、「あぁ似てる、わんこみたい、かわいいかも」、という感情が加わる)。

黒崎さんには、赤城と百合根二人がかりの一番強いシュミレーションでも勝てない。
幽体離脱して匂いを嗅いで、不倫を見つけて脅し、映像を手に入れる黒崎さん。
屋根をまぁるくうちぬいて床へ降臨、かっこいい〜。

山吹さん、黒崎さんから「師匠」と呼ばれる。
え?あ、そうだ、山吹さんは三宅弘城さん(身体能力高い、高い!)。
背中合わせてくるっと回転、某舞台で生で観た…と回路が繋がる。
二人並んでカメハメ波光線発するかと思った:笑。

進退を懸けて決断する松戸理事官、かっこよかった!!。

満足ぴかぴか(新しい)

posted by みぃみ at 16:30| Comment(6) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

TV:「オリエント急行殺人事件」(番宣)♪。

平成27年1月9日(金)晴れ

TV:「オリエント急行殺人事件」(番宣)
1月11(日)・12日(月)21:00〜。
原 作:アガサ・クリスティー
脚 本:三谷幸喜
キャスト:
野村萬斎・松嶋菜々子・二宮和也・杏・玉木 宏
沢村一樹・吉瀬美智子・石丸幹二・池松壮亮・黒木華
八木亜希子・青木さやか・藤本隆宏・富司純子・高橋克実


お正月に萬斎さん〜グッド(上向き矢印)と大喜び。

〔番宣レポ〕
・VS嵐
萬斎さん:(ゲームの車を自在に操るニノを見ていて)
「ニノ、まぐろのようですね〜。止まることなくスイスイ動き続ける、私もニノの様に運転します」
コロコロバイキングにて50点に入る度、萬斎さんの美しいお顔が笑顔にぴかぴか(新しい)
杏ちゃん:「15分間位、台詞をずっと喋り続けている萬斎さんは、スーパーサイヤ人のようでした」
青木さん:「長い台詞を全て萬斎さんが言いきった時は、みんなでスタンディングオベーションしました」
ゲームで失敗続きの石丸幹二さん、ボーリングにて(大丈夫!)の「Vサイン」。
(彼の心は鋼だから、とオリエント急行チームから)
結果、ピンは2本以外全て倒れて大成功。
すかさず、嵐チームから「グーにしておけばスペア取れたかも」と:笑。

・スター千夜一夜2015
強烈な風貌(中身はそのまま)三谷さんの「やってみてよ」に素直に従ってコメディ(英語)を演るも、シーンとされてしまい若干へこむ佐藤浩市さん、「古典落語、大体できますよ」と言ったもんだから、三谷さんに「一つ、やってみてよ」と言われ始めるニノ、ものすごーくたどたどしいけど頑張ってるのを見守る大先輩2人。
ある程度聞いてストップをかけ、「やらないほうがよかったね」と三谷さん。
辛口だけど、佐藤さんとニノのこれらを見て、何か思いついていたり?。

・ごきげんよう
三谷さん「僕、飲み会とか苦手なので行かないんですよ、でも後で、昨日飲みに行ったんですよ〜とか聞くと、ものすっごい腹立つんです。誘ってくれる時って1回断って、もう一回声掛けてくれて断ると終わりでしょ。僕、3回声掛けてくれたら行くんですよ。でも、隅っこの方でいて、先に帰っちゃう。帰っちゃう時三谷さんお帰りになりますーとか言われるのもイヤ。サプライズパーティとかやめてくれって思うんです、でも、プレゼントは欲しい」
萬斎さん、「一人っ子気質なんでしょうかね〜。(どうやら何度も飲み会があったらしくその報告しちゃったようで、あらまぁ、そうだったの?という顔にて三谷さんを見ていました)」

三谷さん、萬斎さんと初めて仕事をした時。。。
萬斎さんが他の役者さんが台詞を言ってる時、ノーリアクションな事が不思議だったらしい…。
その事について、萬斎さん。
「狂言の場合は、誰かが台詞を喋っている時は、反応してはいけないんです。喋り終わってからのリアクションになるんです。なぜかと言うと、昔テレビの無かった時代、この方法は、今でいうところのカメラの切換の役割を担っていたんです。ですから、ズームアップしたい時は、演者の方が客席に近寄っていたんです」。
三谷さん。
「文楽もリアクションしてはいけないらしいですね。前、文楽やった時、あれって人形が喋るんですが、一度に全部動かして喋らせると、どの人形が何を喋っているのかわからなくなっちゃいました」

狂言は一人一人順番待ちしながら演じるものなのかな〜と安直に思いながら見ていたので、とっても勉強になりました。
確かに、誰かが喋っている時は、蝋人形のように他の方はなっているので、喋っている人に集中できてました。

一方、演劇は、誰かが何かをしている時の他の人の表情や動きが見られるの事も楽しさのうち。
生!ならでは、の色々、美味しいんです。

映像は映像、演劇は演劇、両方の特性を、楽しむ1年に、今年もいたしまするんるん


三谷さんのバンドなさっていたのですか?の質問に、エレキギター弾いてvocalもしていたと話す萬斎さん。
クイーンのボヘミアン・ラプソディもチラッと歌ってくださって、お上手でしたので
三谷さん作品で、ロックな萬斎さん観られるかも八分音符と期待中。
posted by みぃみ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

御挨拶:「2015年」♪。

平成27年1月1日(木)晴れ

新年明けましておめでとうございます。

2015年も幸せな年でありますようにるんるん

今年もよろしくお願いします。

20150101.jpg
posted by みぃみ at 05:18| 御挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

LIVE:「GLAY ARENA TOUR 2014-2015 Miracle Music Hunt+」♪。

平成26年12月30日(火)晴れ

LIVE:「GLAY ARENA TOUR 2014-2015 Miracle Music Hunt+」

1999年、東京ドームにて開催のルナシーとの対バンライブ「ミレニアムイヴ」にて初体験以来、
ファンになって15年目。
ついに叶ったバースデーライブバースデー
アリーナツアーの日程発表の時から、なんとしても行きたいっ!と意気込み。
可能なエントリーは全て参加して、お誕生日のライブチケット当選。
大喜びしてるうち、前日のチケットも当選。
2日間、隣県徳島でGLAYと一緒にすごせる〜るんるんと、体調万全にて、行ってきました。

午前8:00台の高速バスにて徳島へ。
土日祝祭日は、片道1,100円(お得っ!)。
午前10:30到着。
パラパラ状態だった雨がザーザー降りに。。。
徳島初日は、(雨男)HISASHIさんの勝利ね:笑 と暢気にしている場合じゃなく、折り畳みじゃ間に合わなくてちゃんとした傘を購入。
ホテルに向かう道中も風雨が強くて、鞄も靴の中も背中もビショビショに濡れちゃいました。
(真冬に背中ぐっちょり歩くと靴の中ぷにゅぷにゅなるも特に気にならないのは、嬉しいから?。気の持ちようって重要なのね(^^))
アスティ徳島までは、バスで10分なのですが、混むと1時間ほどかかるので、早めの13:25分発のバスに乗りました。所用時間10分(イエスっ!)。
着いてから、トランポ(ツアートラック)の撮影と会場限定のくじ引き。
幸い座る場所を確保できたので、開場迄、足を乾かしながら(爆)休憩していました。
優しいG4は、予定開場時刻を30分繰り上げてくれて、「中に入ってゆっくりしててね」とTERUさんのLINE。
ほんっとまめなイケメン王子揺れるハート

DSC_0325.JPG

1日目は、アリーナのブービーちゃん(超狭くてなーんも見えない:笑)席ゆえ、予行演習的鑑賞。
でもでも、トークは楽しくって♪。

アンコール前、動く画面に合わせて拍手&イェイ。
ファイナルステージは、超高難度。
アンコール開始。。。
ステージに出てきたHISASHI曰く、「この映像は、ビートマニア担当した人のを参考に俺が作りました!」。
会場:「おぉ〜〜←感嘆の声」
H:「訂正します。パクりました」
会場:「笑」
JIRO:「GLAYはTERU曰く50になっても60になっても70になっても続けていくつもり、100までは(酒をいっぱいのんでるから)生きられないかもしれないけれど、ずっと続けるから。」
会場:「大喜び」
J:「こないだの帯広では(会場内の動画を撮影している時)JIRO最高!って言ってくれたんだ。今日は、何て言ってもらおうかな〜」
会場:「大好きーーー」
TERU:「大好きって聞こえたよ」
J:「(めっちゃ照れながら)じゃあ、大好きで。JIRO大好きって言ってください(照)。いっとくけど、俺が言えって言ったわけじゃなからな。」
(会場:言うタイミングがわからず、Jの指示待ち)
客席の男性1名がフライングで「JIRO、大好きー」と言う。
J:「ばーーか!:笑」
会場:「大爆笑」
(そして、みんなで、JIRO、大好きー!)
TAKURO:「今年、流行語大賞が発表されましたが、グレイの間でも流行語がありました。尚は、≪こんな話、嫌いかっ!≫、和山のよっちゃん(JIRO)は≪バーカ≫この言葉に傷付いた事は数知れず(じろーちゃん曰く、活字にするとキツいけど俺のは愛あるバーカだから、との事)、そしてTERUは昨日出ました≪ありました≫LINEやってると、てるが、今ホテルに着いたとかマック持ってきたとか書いてあるわけですよ、そして、あ!マックのコード忘れた、なのでiフォンからの投稿になりそうですとかつらつら書いてあるんです。ふーんとか思ってたら20分位して≪(マックのコード)ありました≫って…。その報告いりますか?って:笑」
TERU:「うん。みんな心配してるかな〜と思ったから」←可愛い〜〜。
TAKURO:「という事で、グレイ的今年の流行語大賞は≪ありました≫になりました」
会場:「(拍手)」
HISASHI:「そうだね、今年は、ありました、ないです、で話題になったからね〜。てるの場合は、あって良かった」(おぉ〜〜!と会場・時事ネタもってくるとは、さすが電脳尚)
20141220.jpg
12月20日(土)アスティとくしま 17:00開演
〜セットリスト〜
1.疾走れ!ミライ
2.ビリビリクラッシュメン
<MC>
3.Cynical
4.月に祈る
5.妄想コレクター
<MC>
6.祭りのあと
7.DARK RIVER
8.Only Yesterday
9.浮気なKISS ME GIRL
<MC>
10.Eternally
11.Hospital pm9
12.つづれ織り〜so far and yet so close〜
<MC>
13.黒く塗れ!
14.百花繚乱
15.FAME IS DEAD
16.TILL KINGDOM COME
<MC>
17.BLEEZE
[ENCORE]
<MC>
1.More than Love
2.彼女の“Modern…”
<MC>
3.MUSIC LIFE


12月21日、お誕生日当日。
花道メンバー立ち位置真正面の良席。
エンターティナーG4+2人をた〜っぷり鑑賞。
TOSHIさんは同じ大きさのチケットが魔法をかけると大きくなったり小さくなったりする手品を披露してくれ(目の錯覚を使った手品)、SEIさんは美人さんサックスを披露してくれました。
2日目、1曲目に「BLEEZE」。
TERU作蜷川実花さんとコラボの真夏のバケーション音楽。
真冬に:笑、真夏の暑さでオープニングから会場はヒートアップ。
続いて「AMERICAN INNOVATION」。
タオルぐるぐる、ぐるぐるぐるぐる。
“ISM”を振って あがきまくれ
爆破装置に手がかかる前に

場内、タオルを振ってはしゃぎまくり、ボンボン爆発〜。
3曲目「THINK ABOUT MY DAUGHTER」。
チビなあなたがつまずかぬように健やかであるように
道にころがる小石をさけて手をつないだけれど
草の根に寝転んだ空の青さがとても気持ち良いね
足元に微笑んだ名もない花達が力強さになる
人は弱い心受け止めて矛盾すら抱きしめ 生きるんだ
時々は大きな声で泣き叫んでごらん

この曲の歌詞は、へこんだ時の心の活力源になってくれてます。
7曲目「DARK RIVER」。
TERUさんの歌声とバンドの音が会場全体を包み込んで降り注いた優しい音達が心にふわ〜っと入ってきて温かい気持ちになります。
いい音楽を届けたいというメンバーの気持ちがダイレクトに伝わってくるバラード達。
☆至福☆。
TERUさんの「ら行」と「さ行」「ブレス音」、大好きキスマーク
9曲目「浮気なKISS ME GIRL」。
TERUが生んだキャラクター、ズラーちゃんのおっきなボールが会場のあちらこちらに登場し、TERUさんはズラーちゃんぬいぐるみをお客さん達に投げる、投げる。
T「みんな、楽しい?。やってる俺らも、とっても楽しい」
T「初めて来たみなさん、ボールや円盤、円盤じゃないやフリスビーを他のアーティストさんは投げてるけど、GLAYは、うちのズラーちゃんを投げるんです」
【ズラーちゃん】
5516963.jpeg
10曲目「都忘れ」。
ファン投票で選ばれた曲が収録してある「BALLADE BEST」の中から。
T「この曲は、JIROが決めてくれました」
J「だって、TERUが決めると、ランキングとか全く無視してくるんだもん」
T「じろう以外みんなO型だからね、A型がいてくれてよかった。言い出すのはO型。決めるのはA型なんです」
14曲目「百花繚乱」。
T「GLAYの名前の由来は、白がバラードやポップス、黒がロック、その両方をやれるバンドだからグレイと名付けました。真っ黒なロックナンバーいくぜ、百花繚乱!」
会場をオラオラ煽るTERUさん。
「もっと、もっとー。そんなもんじゃねーだろー」の声に会場のテンション上がる上がる。
パーーンと吹き出したビニールテープをゲットして手振りと歌。
「ヤバい、ヤバイ、かなりヤバーい YAVAI! YAVAI! カナリYAVAI!」
からの「CRAZY DANCE」。
「クレイジーダンス、クレイジーダンス、CRAZY DANCE!…」
狂喜乱舞グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
楽しい〜〜揺れるハート

アンコールからのMC
H「昨日さ、ライブ終わって1分で着替えて、みんながまだ会場にいるうちに、徳島ラーメン食べに行ったの。マジヤバイね!徳島ラーメン考えた人、天才」
会場「どこ?」
H「内緒(とっても可愛い)。だって、今日も行くんだもん。ライブ終わった後ってさ、情報量が多くて入ってくるものがちゃんと入ってこないの、卵入れるとかさ、だから…」
J「昨日さ、俺が言わせたわけじゃないけど、JIRO大好きって言ってもらったの。そしたらさ、5時起きしてアンケート読んでたら、私は某メンバーのファンなのでJIRO大好きと言わされるのは拷問に近かったのでやめてほしいって書いてあったの、俺朝からマジへこみしてさ、だから、今日は、GLAY最高!って言ってね」と言いながらカメラを回し始める。
会場「JIRO 大好き または JIRO最高!」
T「わかってらっしゃる:笑」
J(嬉しそうに)「俺、今、ポケットに手入れてるけどさ、偉そうにしてるわけじゃなくて冷えてきたの」
T「あの手袋すればいいじゃん←JIROプロデュースの手袋がグッズにある」
J「あれさ、結構、毛がつくんだよね、(口の上あたりを触りながら)だからこの辺触ると毛がついてさかゆいの、あんまここ触ってたりとかしたら鼻毛出てるのかと思われるのもいやだから」
T「JIROの口から鼻毛とか聞きたくないな〜」
J「わかったよ、じゃあ、俺、キャラ変更する」
(カメラさん寄って待っている)
J「(恥ずかしくなったのか)もう、いいよ」
T「GLAYはメンバーだけでラインのグループ持ってて、昨日、HISASHIがラーメンの写真送ってきて、でもさ、急いでたのか、写真横になってるんだよね」
H「そうなんだよ、あわててて」
T「俺、美味しそうって返した。どんだけ仲良いんだ、俺ら。そんな感じで楽しくやってます」

東京ドーム公演に向けてのメッセージは、阿波弁でTERUさんが生ナレーションしてくれました。

アンコール1曲目「HAPPY SWING」。
TERUちゃん、手振りで遊ぶ遊ぶ。
左右にふりふり、お星さまきらきら(←阿波踊りの仕草?)、超高速左右にふりふり。
楽しそうにやってる彼にこちらも笑顔。
フィナーレ曲「MUSIC LIFE」。
スクリーンに、歌詞と若かりし頃のGLAYの写真達が映る。
今の場所にたどり着くまでの彼らの軌跡を歌った曲。
「諦めずに頑張れ」というメッセージを届けてくれる曲。
「諦めずにやってきたから、今があります。みんなも諦めずに頑張ってください。
お前ら!諦めんなよ!!」
20141221.jpg
12月21日(日) アスティとくしま 16:00開演
〜セットリスト〜
1.BLEEZE
2.AMERICAN INNOVATION
<MC>
3.THINK ABOUT MY DAUGHTER
4.Freeze My Love
5.妄想コレクター
<MC>
6.祭りのあと
7.DARK RIVER
8.Only Yesterday
9.浮気なKISS ME GIRL
<MC>
10.都忘れ
11.Hospital pm9
12.つづれ織り〜so far and yet so close〜
<MC>
13.coyote,colored darkness
14.百花繚乱
15.FAME IS DEAD
16.TILL KINGDOM COME
<MC>
17.疾走れ!ミライ
[ENCORE]
<MC>
1.HAPPY SWING
2.More than Love
3.彼女の“Modern…”
<MC>
4.MUSIC LIFE

お隣の席の方にいただいたテープ。感謝。
2014-12-21_19.56.49.jpg

○0歳になった節目の今年。
最高に幸せな時間をすごせたお誕生日。
平成26年を締め括る記事は、こちらにしようと思いました。
2015年も笑顔に満ちた幸せな毎日でありますように☆。

2014-12-23_11.32.21.jpg
posted by みぃみ at 18:26| Comment(6) | TrackBack(0) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

映画:「ホビット 決戦のゆくえ」♪。

平成26年12月25日(木)晴れ

映画:「ホビット 決戦のゆくえ」

監  督:ピーター・ジャクソン
原  作:J・R・R・トールキン
音 楽:ハワード・ショア
キャスト:
ビルボ:バギンズ マーティン・フリーマン
ガンダルフ:イアン・マッケラン
レゴラス:オーランド・ブルーム
バルド:ルーク・エヴァンス
トーリン・オーケンシールド:リチャード・アーミテージ
タウリエル:エヴァンジェリン・リリー
キーリ:エイダン・ターナー
フィーリ:ディーン・オゴーマン
スランドゥイル:リー・ペイス
ガラドリエル:ケイト・ブランシェット
スマウグ/ネクロマンシー:ベネディクト・カンバーバッチ
ストーリー:
はなれ山にあるドワーフの故郷エレボール奪還を果たしたビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)たちだったが、一頭で一国を滅ぼすと伝えられる恐るべき邪竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)を世に解き放ってしまう。怒り狂ったスマウグは、湖の町の無防備な人々、子供にまでその報復の炎を降りそそぐ。一方、ドワーフの長トーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)は、取り戻した財宝に執着し、友情と名誉を犠牲にして我が物にしようとするが、それを知ったビルボは彼に道理をわきまえさせようとする。だがビルボたちの行く手には強大な魔の手が迫っていた。復活を遂げた冥王サウロンが、オークの大軍勢を放ち、はなれ山に奇襲を仕掛けたのだ。滅亡へのカウントダウンが迫る中、対立が深まるドワーフ、エルフ、人間達は、結束するか滅ぼされるか、究極の決断を迫られる。


映画館の大画面で観て良かった、前から3列目で観て良かった、と、思った作品。

指輪のこと、わかっちゃいるけどそしらぬふり。長い時を経ての再会…及び、
レゴラスのアラルゴン探しの旅の始まりにより指輪物語へ、なエンディングも良かった。

次々打ち寄せる大波のような大迫力の戦闘の中に、
色々な形の(親子・恋人・友人・仲間・主君と家臣)「愛」が描かれていて、
戦闘でドキドキ、心のふれあいできゅんきゅん。
見終わった時には、温かな気持ちになった。

冒頭の、とっても恐〜いスマウグに立ち向かうバルド。
危険に一人立ち向かう美男子にハラハラドキドキ(かっこいい揺れるハート)。
バルドお父ちゃん危なーいっ!と助けに向かう息子君(←妹達の面倒もちゃんと見るしっかり者)。
ラストチャンス、お父ちゃんの射る矢の為に、体も張っちゃう。

敵味方入り乱れて大勢が殺し合う作品は好みではないので、
中盤の全部入り乱れ合戦が始まりそうになった時は、一瞬引いたものの。。。

わーわーやってる戦闘の中でも血が通っていたり(人間的な感情があるの意)、
絵面が美しかったり、と楽しめた。
ドワーフ軍の綺麗に並べて固めた上から華麗に飛び出していくエルフ軍の美しさに、うっとり。
(ツンってしている様子が苦手だった)スラ様(レゴラスパパ)のサラッサラ長ロングヘアーの美しさ、
スラ様の乗るヘラジカちゃんのおっきな角の戦闘能力の高さ(スラ様はいわずもがな強い)に、うっとり。
危険かも?と思った時に弟を安全な方に行かせるお兄ちゃんフィーリ。
やられちゃったお兄ちゃんの仇ーー!と向かってくキーリ。
キーリの応援に向かうタウリエル。
そのタウリエルのピンチを救おうと接近戦をも頑張るレゴラスに…。
愛の連鎖だわ…と、胸打たれた。

宝物に狂ったトーリン、自分のあげたどんぐりを大事に持ってるビルボに、にっこり。
誤解から壊れかける友情も、本物なら復活、堅固なものとして成立するのね☆と。
寂しい結果になっちゃったけれど、どんぐりが命を繋いでくれるよね♪。

〜ここからミーハー〜
1.jpg
バルド(ルークたん)とレゴラス(オーリー)のこの麗し場面。
美形×美形、顔ちっちゃ、と、見てるだけで幸せ〜。
「それが本当の愛だからだ」なスラ様にとろけました。
ミスリル纏ってるから大丈夫だった?と思っていた所、あの結末に涙。
友に見守ってもらい、心通い合って、ほんとに良かった。
1419280585793.jpg
上から見おろすSっぽいスラ様の目線、たまりませぬ(//∇//)。
バルドの矢にハートは、撃ち抜かれてます(人´∀`)♡。

平成26年を、この作品で締め括れて、満足かわいい
posted by みぃみ at 15:00| Comment(10) | TrackBack(14) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

FOOD:「花葉逢」♪。

平成26年11月25日(月)雨

FOOD:「花葉逢」
住所:高松市仏生山町甲3135−32
TEL:087-888-1701
営業時間:11時〜夕日が沈むまで
※冬期営業のご案内
土曜日のみ21時まで営業します。
(オーダーストップは20時)
定休日:日曜日&月曜日


仏生山法然寺から平池方面。
平池ゴルフセンターから西、平池に面した場所にあるカフェ。
DSC_0269.JPG
メニューはこちら。
2014-11-19_16.38.59.jpg
ランチセット。
2014-11-19_16.37.31.jpg
ハーブティー。
2014-11-19_16.36.47.jpg
天井が高くて太陽の光がいっぱい。
ゆったりのんびり〜。
ハーブティーは蝋燭に火を点けた台の上にポットでのサービス。
3分程加熱してスプーンで混ぜて、完成。
いい香りに、ほ〜っ。
+350円でランチセットに。
リンゴたっぷりのジャムも美味しい〜。
オススメの場所キスマーク

posted by みぃみ at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SPOT:「なんば☆光旅」♪。

平成26年11月25日(月)雨

SPOT:「なんば☆光旅」(〜2015年2月15日)。

なんばパークスにて開催中のイルミネーション。
1階から8階まであります。
階段を昇りながら、各階を鑑賞。
キラキラの光と音に夢中になって近づいていくと、あっという間に最上階。
ミラーボールのキラキラは至福☆。
音楽に合わせてLEDが変化する最上階では、お姫様気分。
DSC_0261.JPG
DSC_0226.JPGDSC_0236.JPG
DSC_0257.JPGDSC_0246.JPG
DSC_0241.JPG

舞踏会会場にいるようでした。
オススメの場所かわいい
posted by みぃみ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | SPOT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舞台:「彩の国シェイクスピア『ジュリアス・シーザー』」♪。

平成26年11月25日(月)雨

舞台:「彩の国シェイクスピア『ジュリアス・シーザー』」。
juri.jpg
演  出:蜷川幸雄
作   :W. シェイクスピア
翻  訳:松岡和子
キャスト:
マーカス・ブルータス:阿部寛
マーク・アントニー:藤原竜也
ジュリアス・シーザー:横田栄司
カイアス・キャシアス:吉田鋼太郎
マララス、アーテミドーラス、市民:たかお鷹
占い師他:青山達三、カルパーニア:山本道子
シセロー他:塾一久、フレヴィアス他:原康義、
キャスカ、市民、兵士:大石継太
ルシリアス、元老、市民:丸山智己
オクテヴィアス・シーザー、市民:松尾敏伸
ストレイトー、市民、兵士:中村昌也
メサーラ、市民:新川將人
廣田高志、間宮啓行、星 智也、岡田 正
二反田雅澄、飯田邦博、澤 魁士、五味良介、水谷 悟
斎藤慎平、手打隆盛 ほか
ストーリー:
ポンペイを破ったジュリアス・シーザー(横田栄司)は、大歓声の中、ローマに凱旋。
そのの権力が益々強大となることを恐れたキャシアス(吉田鋼太郎)は、市民から厚い信望を得ていたブルータス(阿部 寛)を仲間に引き入れ、シーザー暗殺を決行する。
英雄の死に、一度は混乱した市民たちも、直後に行われたブルータスの演説に納得するが、シーザーの腹心だったアントニー(藤原竜也)が弔辞を述べると、民衆の心は逆に反ブルータスへと翻ってしまう。形勢不利とみたブルータスとキャシアスは、兵を集め戦いに打ってでるが…。


「ジュリアス・シーザー」(The Tragedy of Julius Caesar)は、1599年に執筆したとされる、ウィリアム・シェイクスピアの悲劇。
ローマ帝国の礎を築いたと言われる皇帝ジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)を、腹心であり友人でもあったマーカス・ブルータスが暗殺するまでの苦悩や、その余波を描いた物語。
「ブルータスよ、お前もか」というシーザーの台詞でも知られている作品。


舞台上全体に、高さ3.7メートル、17段の階段。
お話は、その階段及び、客席通路を使って展開。
登場・退場の度に、客席最後尾から舞台セットの階段最上階迄猛ダッシュする役者さん達。
階段落ちはもちろんの事、階段上での激しい戦闘、血飛沫が飛び血だらけになる演出。
膨大な運動量の中、長台詞を一音一音明瞭に聴かせてくれる。
ローマの男達の戦いであると共に、出演者さん達の演じる事への戦いでもあるように思えた。
j.jpg

配役決定時。
シーザーに横田さん、ブルータスに阿部ちゃん、アントニーに竜也君、キャシアスに鋼太カさんのキャストに大喜び。
熟達者揃い、美形揃い揺れるハート
蜷川さん、ありがとう〜♪。
今回は、超安定感の方々(阿部ちゃんは除く)揃いなので、吉田さんが8割方の進行&コメディチックさを担っている以外は、上記4人均等(阿部ちゃんは少し軽め)に、舞台牽引の大変さが分配してあった(笑)。

阿部ちゃんは立ってるだけでローマ人。白と赤の衣装、似合う〜。
横隔膜から腰辺りまでは素肌なので、胸筋と割れた腹筋が軍人役にもベストマッチ。
上半身裸になった時に美しい肉体に光る汗にドキッ、羽織ったガウンの胸元にドキドキ。
阿部ちゃんはソース顔の代表格でお顔大きめなのかと思っていた私…。
実際は、阿部さん、全体が大きいから、画面に入りきらなくて、お顔がクローズアップになって、
全体が映っても遠くからの姿になっているからなのだと、今回、判明。
顔ちっちゃいです。
お顔、首から足元まで何個入るかな〜?と、一生懸命数えた(←おいっ!)所、11個位入ります。
全体を見ると小顔です、阿部さん。
他の皆さんは濃いめのメーク、阿部ちゃんはほぼ素顔で演じてらっしゃいましたが、
実際見ると、そんなに濃くはありません、はっきりしっかりしたお顔立ちという感じ。
サ行が言いにくいのか、キャシアスがキャシュアシュに聞こえたり、ルーシアスがルシュウスと聞こえるのはご愛敬。
道元の冒険→シンベリン→今作品と、確実に台詞量が増え、独壇場も増えてます。
阿部ちゃんのテルマエの役がルシウスだったので、ブルータス阿部ちゃんが、召使いのルーシアス(ルシュウスと聞こえる)を呼ぶ度、お風呂の絵が浮かんできて面白かった(ごめんなさい)。
阿部ちゃんの麗しい見栄えの良さは、舞台がローマである事をはっきり認識させ、
実直で正義感が強く愛国心の強い高潔なブルータスの役、びったり、合ってます。
大きな槍を振り回す姿も雄々しくてステキでした。

シーザー役の横田栄司さん。
昔ながらの軍人さんの豪傑さ、もってうまれたちょっぴり臆病者な顔。
両方を上手く演じてらっしゃいました。
原則、人を信じる姿勢のシーザー。
彼が書いた遺言書が本物なら、生きていたら、歴史は変わっていたかもしれません。
外へ向けては、戦い権力の座へ上ってきた男の強さを、
内に向けては、不安と恐怖でだだっこのようになり、
とどのつまりは、人の良い前向きさんなシーザーさんでした。

キャシアス役の吉田鋼太カさん。
そのまんまキャシアス〜。
シーザーに嫉妬して仲間と計り、ブルータスを仲間に引き入れ、アントニーには警戒を。
最期、勘違いで自害(正確には刺してもらう)する迄、壇上にいたのはキャシアス。
動き・表情…、一挙一動を見ているだけでキャシアスの思いが伝わってきます。
さすが、シェイクスピア俳優!!!。
台詞の言い回し一つで、お客さんの心をぐっと掴んで、笑いの渦を起こす鋼太カさん。
キャシアスの延々続く愚痴部分、大爆笑しながら観てました。
癇癪持ちな設定ゆえ、椅子やら剣やらちゃぶ台じゃなくって机やらを投げ飛ばし、
床に寝っ転がってジタバタジタバタ。。。
恐愉快。。。
「こんなにあなたを好きなのに、あなたはどうしてわかってくれないの」な乙女な動きのキャシアス。
「さっきは、悪かった」と謝ってくれたブルータスと、ぎゅっと抱擁。
ぎゅ、ぎゅ、ぎゅ、ぎゅ、ぎゅーっと抱きついて、ずっと一緒よ、行っちゃいやん揺れるハートと、ブルータスの背中に巻き付けた腕や、ブルータスのマントの裾を握りしめる鋼太カキャシアス、かわゆキスマーク

アントニー役の藤原竜也君。
シーザーを慕う精悍な若者軍人。
アントニーには見せるシーザーの弱気な部分を支え、殺されたシーザーの姿に嘆き悲しみ、首謀者達に悟られぬよう弔辞と称した演説でシーザーの仇を討つ役。
二重瞼の綺麗なラインも見える間近で見る竜也君のお顔は、とっても美しい。
激情型の感情表現は、封印。
悲しくて悲しくって狂いそうで暗殺者に刃を向けたい気持ちでいっぱいなるも、それを悟られぬよう味方となる旨を口では話す場面、上手いな〜と思った。
諦めと媚びの台詞を発しながらも、心の内は復讐の熱い炎で燃えたぎってる事、ちゃんと伝わってくる。
相手を讃えながら貶め、民の心を掴んでいく演説場面も、圧巻。
竜也君、全力雄叫びしなくても、見て聴いている者の心を、しっかり惹きつけてた。
亡くなったシーザーの遺体をお姫様だっこして階段降りてきて、とってもとってもそーっと床に寝かせる場面と、階段でアントニーVS5人の戦いの場面は、「るろうに剣心」の志々雄を彷彿。

SPで岡田君と誰も寝てはならぬトラック上対決をして、るろうにで志々雄側のお坊さんとして戦ってた丸山さん、今回はキャシアスとブルータスの側でご出演。
今回は、アントニー竜也君に、「こういう男こそ仲間として迎えたかったものだ」って言われてた:笑。
ブルータスばりの槍アクションもステキでした。

オクテヴィアス・シーザー役の松尾敏伸君。
シーザーの養子として育った鼻っ柱の強い美男子王子様。
キラキラ輝いてました。

キャシアスもブルータスも、負けると判断すると家来に剣を持たせ、
そこに倒れ込む形で自害し、敵は埋葬する事しかできなくしちゃって…。
日本の切腹は、敬意を表された者に許される行為であったことからすると、捉え方も違うのね…。

強くても敵を作ったり真面目でも信じすぎたりするのは、戦国の世では命取りなのね。
正論よりも人情論が人心を魅了するのね。
華々しい方に賛同しちゃうのが、世のながれなのね。
国を治めていく人物は相手に敬意をはらえる人なのね。
凄い人物も、喜怒哀楽するいとおしい人間なのね。
なぁんて事を思いつつ。。。

ややこしいシェイクスピアの話が、とってもわかりやすいのは、
役になりきり、一言一句明瞭に発する役者さん達のおかげかと。

阿部ちゃんの綺麗な肉体美と、竜也君の腹筋と鋼太郎さんの腹筋、
全ての役者さん達の細かな顔の動きもはっきり見えた良席に感謝☆。
DSC_0224~2.jpg
DSC_0222.JPG

幸せな2日間でしたかわいい

ふと。。。
舞台:「アントニーとクレオパトラ」えは、シーザーの愛人だったクレオパトラとラブラブになり、シーザーの養子のオクテヴィアス・シーザーと仲違いして敗れちゃうアントニーを吉田鋼太郎さん演じてらしたのを思い出し、竜也君アントニーは、誰クレオパトラとラブラブになるのかな〜、なぁんて♪。

ランチは、シアタードラマシティのある中津駅近郊にて。
「シャリマール」

大阪府大阪市北区中津1-5-1 中津大栄ビル 2F
06-6373-7068
11:00〜15:00(L.O.14:30) 
18:00〜23:00(L.O.22:00)
無休

PhotoGrid_1416160511043.jpg
おっきいナンと具だくさんのカレー、美味しかったです。
posted by みぃみ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

映画:「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」♪。

平成26年11月7日(金)晴れ

映画:「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」。

監  督:パトリック・ヒューズ
脚  本:シルヴェスター・スタローン、クレイトン・ローゼンバーガー
      ケイトリン・ベネディクト
原  作:シルヴェスター・スタローン
キャスト:
バーニー・ロス: シルヴェスター・スタローン
マックス・ドラマー:ハリソン・フォード
コンラッド・ストーンバンクス:メル・ギブソン
リー・クリスマス:ジェイソン・ステイサム
イン・ヤン:ジェット・リー
グンナー・イェンセン:ドルフ・ラングレン
ドク:ウェズリー・スナイプス  
ガルゴ:アントニオ・バンデラス
トレンチ:アーノルド・シュワルツェネッガー
トール・ロード:ランディ・クートゥア
シーザー:テリー・クルーズ
ボナパルト:ケルシー・グラマー
ソーン:グレン・パウエル
マーズ:ビクター・オルティス
ルナ:ロンダ・ラウジー
スマイリー:ケラン・ラッツ
ゴラン・ヴァータ:ロバート・ダヴィ
カミラ:サライ・ギヴァティ
ストーリー:
傭兵軍団“エクスペンダブルズ”を率いるバーニー(シルヴェスター・スタローン)は、CIAの作戦担当ドラマー(ハリソン・フォード)からあるミッションを言い渡される。
それはかつて共にエクスペンダブルズを結成した仲間で、現在は悪の組織の大物ストーンバンクス(メル・ギブソン)を捕獲せよというものだった。
ニューヨーク、モスクワ、ブカレスト、メキシコ、アフリカ……。
世界各地でその攻防が繰り広げられる中、エクスペンダブルズの弱点を知り尽くしたストーンバンクスの力を見せつけられたバーニーは、若くない仲間達の身を案じるのだった。
やがてバーニーは、チームの解散を決定。若いメンバーと新たにチームを組み、任務を遂行することなる。
しかし、残されたエクスペンダブルズの元メンバーたちはただ黙って見てはいなかった……。


痛いの凝視できない(デンちゃんのイコライザー、開始30分頃から帰りたい状態:涙)けれど、
重鎮様達の肉弾戦&ドカーン&バキバキ&パパパパーンは、大丈夫。
陰気な残虐さが無いからなのだと思う。
ガバーッと大きく投網して、ほとんど全部すくいあげて、必要なもの確保したら、あとはポイッ。
そのダイナミックさ、好き揺れるハート

冒頭から楽しかった

汽車に車に…と、色んなもので突っ込んでっては、ドカーンっ!。
雨あられの銃撃戦。
コンテナ使っての攻防。
ステイサム様運転、珠玉のぴかぴか(新しい)カーチェイス。等々。
大スクリーンと良い音響にて満喫☆(前後左右から聞こえる音で臨場感が増す)。

ストーンバンクスが、バーニー狙い時なのに敢えてシーザーを撃ったり、終盤、自分が爆弾仕掛けた場所に自らのりこんでいったり、敵方には高命中率なのにエクスペンダブルズの面々には弾や爆弾被害はほぼ無かったり、混乱状態の中、敵のバイクや戦車をゲットして(ヘルメットや車内に入ってるのに)ちゃんと敵味方の区別がついていたりする不思議現象は気にしない事にして。。。
ステイサムのかぶってるえんじ色の帽子、相手方軍隊の帽子と同じ色ゆえ、ステイサム分身の術?なわけもなく、「ステイサムを探せ」状態になった事も、気にしない、気にしない。

身体も動きもアクションもでっかいのが、彼等の魅力ぴかぴか(新しい)

「仲間で力を合わせる事の大切さ」を説くスタローンの姿に、感涙。
作品も、スター、集結だものね。

一番のツボは、ガルゴ。
バンちゃん、楽しい〜、楽しい〜グッド(上向き矢印)
ひょいひょーいほいほいっとやってきて、1984年生まれ(今、三十歳)アピールからの
音楽に合わせてのマシンガントーク。
バンちゃん、コメディー担当でいいの???と思いつつ、ニマッと頬がゆるむ。
「誰にでも仲間は必要だ、俺にも仲間がいないからわかる」
「(たとえ、片道切符でも)道があるだけまだましだ」
はみだしっ子のグチは、その実、深い悲しみからきてる言葉だった事に、うるっ。
喋り続けるガルゴの話、ちゃ〜んと聞いてたバーニーもステキ☆。

元気になれた作品かわいい
これからも作り続けて欲しい、。。

〜ぼそっ〜
クリスマス…。本名なので1年中クリスマスです。

リー様には、武術披露させてあげてね(銃撃ちながら(撃つ衝撃で)よろけてるんだもん)。

毒terならぬドクター(名医らしい)のナイフさばき、ゾクゾクした。

エンドロールにDRってついた人が数人いたけど、ドクター?。

明るく陽気なのが一番さっかわいい

posted by みぃみ at 10:28| Comment(24) | TrackBack(22) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

伝統芸能:「さぬき豊浜 ちょうさ祭」♪。

平成26年10月12日(日)晴れ

七福神社さんにて、箕浦地区ちょうさ担きくらべ。

大迫力exclamation×2


posted by みぃみ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

舞台:「大人の新感線『ラストフラワーズ』」♪。

平成26年9月26日(金)晴れ

舞台:「大人の新感線『ラストフラワーズ』」。

20140716_005548.png

【 作 】松尾スズキ (大人計画) 
【演 出】いのうえひでのり (劇団☆新感線)
【出 演】
 古田新太 / 阿部サダヲ / 小池栄子 / 橋本じゅん / 宮藤官九郎
 高田聖子 / 皆川猿時 / 粟根まこと / 村杉蝉之介 / 河野まさと
 荒川良々 / 山本カナコ / 平岩紙 / 保坂エマ / 星野源 / 村木仁 / 松尾スズキ
「大人計画」+「劇団☆新感線」=「大人の新感線」
【ストーリー】
身籠もっている妻を連れて一旗あげようとカジノにやってきたチンピラの勝場(橋本じゅん)は、デルタランドの進化工学者サルバドル(粟根まこと)が実験に使う赤ん坊を捜しているという噂を聞き、子供を渡す。
その後、勝場は勝場組を興し、実験により生まれた息子達:軍一郎(阿部サダヲ)と軍二郎(阿部サダヲ)と共に、勢力を拡大。
対抗勢力のオンドルスタン共和国の将軍(皆川猿時)と別れ、日本にやってきた元妻ミンス(高田聖子)とその息子在日オンドルスタン系ヤクザジン・ジョンホン(橋本じゅん)率いる在日オンドルスタン系暴力団・辛龍会と争っていた。
一方、勝場組経営のバーで歌うジン・ジョンホンの愛人nanana(小池栄子)、ビッグダディならぬ貧乏大家族のファットダディ佐伯三蔵(古田新太)←妻はみよ子(高田聖子)、は、国際未解決捜査班•ミッシング!として、元爆弾魔の村西五郎(荒川良々)、副業は漫画家のつげ分析官(村杉蝉之介)等と、不可解な事件を起こす暗殺集団「ラストフラワーズ」について調査していた。
そこへ、ラストフラワーズに加入する病気のフォークシンガー早川速男(宮藤官九郎)、ルポライター砂場ひかる(平岩紙)、元ボーイの取り立て屋 犬塚(星野源)、サルバドルの研究を支援しているセレスティーノ(松尾スズキ)達が現れて…


劇団☆新感線と大人計画の最強コラボレーション。

時事関係・エログロ・組織抗争が地球壊滅にまで発展するスペクタクルな話を歌、殺陣、踊り等、盛り盛りで魅せてくれた。

二役演じてらっしゃる方達。
古田さんと高田さんの変わり身の速さは、絶品。
大阪の子だくさん煩悩とーちゃんが、一転キレッキレの敏腕捜査官に。
大阪の子だくさんしっかりかーちゃんが、立ってるだけでこわ〜〜い大姉御に。
勝場とジン・ジョンホン演じるジン橋本じゅんさんに、高田さん、「あんた、勝場を連れてきな!」って…。
「両方演じてるから、それはちょっと…」と答えるじゅんさんに、「あんたの演技力とキャリアならできるはず」。
できそうでできない要求に、うふっわーい(嬉しい顔)
もちろん、勝場さんお一人で:笑、でてらっしゃいました。
大阪のとーちゃんかーちゃん時の古田さんと高田さんの長時間生チューには、赤面致しましたです、はい。
そうそう!。子だくさんのうちの子の一人の名前は、振門茶(フルモンティ)!。
すっぽんぽんでの登場。。。
お尻を眺めながら、2月の山田孝之君の舞台「フルモンティ」行きたかった(インフルエンザでダウンしてた)なぁ…と。
阿部サダヲさん演じる双子。
サルバドルの施術により、宇宙人のような風体の天才な兄軍一郎の指揮のもと、通常の風体なるも凡人の弟軍二郎が実際に動いて勝場組をのしあげている設定。
この息子達が、オンドルスタン共和国の将軍皆川猿時さん演じるジョンオク将軍と手を組み、世界をのっとる計画に着手。
だが、息子達の真の狙いは、「人類ネアンデルタール化人計画」の発動。
憎しみという感情を持たないネアンデルタール人に全人類を退化させるというもの。
(争いの源は、憎しみや嫉妬という感情であり、それらの感情を持つようになったのはネアンデルタール人より後の人種。よって、全ての人間をネアンデルタール人化する事で、地球上から争いを無くそうという計画らしい)
そして、ネアンデルタール人化した人類を、自分達が統治する為には脳みそが必要で、その脳みそ確保の対象国がオンドルスタン共和国の民なのである。

一方、世界征服を行おうとするジョンオク将軍が後継者を作ろうとしているのを知った元妻ミンスは、将軍の実の子シンを連れて某国へ。シンと将軍の間のDNA鑑定を申し出るも、既に本物のジョンオク将軍は(プリンセス天功のイリュージョンにより)拉致され、サルバドルが進化させた豚(皆川猿時)と入れ替わっており、DNAが合致する筈も無く、ミンスとシンは、即射殺されてしまう。
後継者どうなるの〜?と思っていたら、シンの子供をnananaが身籠もっており、でも、人類ネアンデルタール人化計画のボタンは押されていて、うわ〜〜っあせあせ(飛び散る汗)となっていたら、「ミッシング!」の元爆弾男の爆弾により全ての仕掛けは爆破され、軍一郎達の計画は消滅。
地球は、救われる。

実は、兄軍一郎は抜け殻で軍二郎が全ての計画を考え実行していたり、軍二郎が昔殺した女の子は佐伯の長女だったり、「ミッシング!」が、せっかく誰も傷付けずに爆破を楽しんでいた爆弾魔を無理に捕まえようとしたせいで爆破に巻き込まれた男が早川で、早川はそのせいでギターが弾けなくなって貧乏になり暗殺集団に加入していた事だったり、昔、早川が作った唯一の曲「ラストフラワーズ」が、ジョンオクの治める国の民のパニックを沈静化したり…。

うわ〜っと広げた投網を、がっつり魚を捕りつつ、美しく回収するこの作品。

最強に面白かったかわいい
12月にWOWOWにて放送有り!。

高田聖子さんの「あのお菓子折らないと供えられへん。これがほんまの菓子折や!」っていう台詞。
「セックスアンドザシティ金融」の女性上司4人のガールズトークにパンケーキ登場。
「お(ん)どれ」という台詞に、踊り出す相手に「踊るな」。等々…。
面白かった♪。

小池栄子ちゃんの歌や演技、観る度、レベルアップ。
ステキにグラマーなのも好感☆。
大家族のお家に天海祐希さんのポスター貼ってあったり、目の前で演技している父ちゃん母ちゃんをそのままスクリーンに実況中継してて、合間のCMに古田さんご出演のCMが入ってたり。

憎しみが争いを生むなら、憎しみという感情を知らなければ平和は保たれる。
極論だけど、わかる気もする。
例え、憎しみという感情があっても、心に沸いた憎悪を消化できるように精進すれば、いいのかな〜と思う。

ラストフラワーズ…。

人生最期の一花をどう咲かせるか…。
たった一度のチャンスは、大切に使いたいよね。

いっぱい笑って、いっぱい考えて、大満足の舞台。オススメるんるん

2014-09-08_00.26.27.jpg
posted by みぃみ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。